crossline

発明の日イベント

映ってる、映ってる!

 カムイスペースワークスさんで紹介されていました。

 4月28日の発明の日のイベントで永田先生と植松さんが取材されていたのは、こうなったのですね。

 ウィークリー赤レンガ(北海道広報番組)
 第7回5月19日放送分「宇宙開発技術で新産業の創出!」
 *3分にまとまった動画が見れます。

 さすが!テレビですねぇ。
 モデルロケット発射の様子を収めた映像のアングルがいいですねぇ。
 こんな短い番組なのにメッセージがまとまっているし。
 パチパチパチ。


 なにげに4月28日放送の「北海道発のオンリーワン」の回を見てしまいました。ここで紹介されているスピーカーとジンギスカン鍋とだるまストーブ、ほしいんですけど、、、どこに売っているの?かしらん。

 4月21日放送の「頑固一徹の北海道ブランド」は赤平の皮製品屋さんでした。へぇ~!!

北海道百貨.com



  

打ちあがりました!

 晴れました!(嬉)
 ほんとに打ちあがりました!(感)

Dscf1189_1











上の写真の真ん中あたりにパラシュートを開いて落下するロケットが写っています。写真をクリックすると大きくなります。気持ちのいい北海道のGWの初日でした。
こどもたち、いい顔してましたよ。
5号館のつぶやき様にも写真が載ってます(こちら

イベントは無事終了!
スタッフ、協力者の皆様、本当にお疲れ様でした。
スタッフの多くの方々、特に若い学生さんに「楽しかったです。また機会があったら声をかけてください」と言ってもらってとっても嬉しかったです。(ほんとに声かけちゃうよ・・・)

「発明の日のイベント」全体で630人ほどの来場者だったとか。
(そのうち、モデルロケットを飛ばしたのは160人ほど)
目標の500人を超えられてよかったですぅ。(ほっ)
※メディアの女王って呼んで頂こうかしら。。。おっほほっ、ほっ(開業以来負け知らず!)

 なんだかんだとこの4ヶ月間の準備から当日実施まで100人近い人たちに協力していただきました。本当にありがとうございました。みなさん、すばらしいです。たくさんの思いと知恵と人が寄せ集まって、「一日」が作られました。この一日がこどもたちおとなたちの心に残る一日になってくれたら本当にうれしいです。

 私にとってこの企画は、どうしたらこどもたちの10年後に夢を託せるのかを考える機会でもありました。そう「始まり」ですね。北海道の人間が北海道のこどもたちを育てていけるのかしらという、教育と人材の自給自足は可能なのか挑戦し始めたってことでしょうか。(デカイ話ですみません)
 だって、北海道に来た予算で東京の有名人(米○でんじ○うさんとか)ばかりを呼んでいたら、結局お金は北海道に残りませんし、人材も育ちませんからね。

 長いような短いような一日でした。 


 「打ち上げ(飲み会)」も打ち上がりました。
 目標だった「3次会まで飲む」も朝の4時半までかけて達成できました!!(1次会45人、2次会25人ぐらい?最後は3人でした・笑)
 18時から飲んでましたから、イベントやっていた時間より長い時間飲んだことになりますね。えへへへ、、、 前夜祭も結構飲んでますから、我ながら脅威の体力だと思いましたね。

さすがに、本日、起きたら声が出なくなってました(笑)

あしただー(昨日から題名のつけ方にまったく能がないね)

 いよいよやってまいりました「発明の日イベント」!
 今回、何についてないかって、「飛行機」です。2週間前のN村さんといい、今日のU松さんといい、雪だ大風だセキュリティーだで簡単には札幌入りしてもらえず、ハラハラものでございました。でも、なんとかなる(する)のが人間の思いと知恵でございます。こういうアクシデントの時に動ける人たちって大切ですよね。

 さあ、明日です!
 今日のモデルロケットの講習会を初心者として聞いているN田先生、おもしろすぎです。カムイロケット上げてる方がモデルロケット講習会に出ている図なんてそうそう見れません(笑)

 あと、スチロールグライダー、すごいおもしろそうです。あれははまります。そして、ちゃんとスタッフの中からマスターが誕生するんですよ。いやーーあっぱれでございますよ。

 実験屋台も、サイバーフェアリー登場で、なんかみんな目を奪われておりましたが、どれもおもしろいはずです。(信じております!)

 さあ、明日は「安全第一」で、たーーーーーくさんの子ども達、そして大人たちにも、楽しんでいただきましょう!!!(うーーーん、何人くるのかしら???500人想定なんですけど。。大丈夫かな。。。)

あさってだーー!

 うんなーもうー、どうして、こう肝心な時にプリンタが調子悪くなったり、「今さら」の用事が湧いてくるんだか。神様、私を見捨てないで!!って、都合のいいときだけ、神頼みするからご利益ないんだわね。

 いよいよあさってですよ!イベント本番!がびーん。あまりに神経磨り減って、肉体が逆に増えるので、ちょっとだけ早く終わってビール飲んで神経の修復をしたいとも思っております。

 とまあ、私はバタついていても仕方ないですが、他のみなさんは十分に睡眠とって、ばっちり当日は「キメテ」いただきたいものです。もう、心配したら限がないので、「信じよう」などと根拠のない楽観モードに入っております。

 めざすは、明日の搬入。忘れものがないのか、全部揃っているのか、うーーん、とにかく一端寝よう!(いいのかな???)

発明の日イベントに来てください!

みなさまーーーー!!

ぜひ、ぜひ、いらしてください!

モデルロケット抽選に惜しくもはずれた方も、

「あたしこどもじゃないし」とすねたおとなの方も、

楽しめるプログラムてんこ盛りで待っております。


特許ってなに?
おもしろ発明・体感フェア2007

4月28日(土)10時~16時
北大・学術交流会館にて


モデルロケットの打ち上げは、
だいたい13:20ごろから15:00ごろまでを予定しています。
こちらは北大陸上競技場にて

お天気になることを祈って!!

そして、楽しく、無事にみんながにこやかに帰ってもらえるよう、
がんばりまーーーーーす!!!!

このイベント、とにかくキャスティングもすごいです!!!
贅沢なイベントだと自負しておりまっする!

今週ですよ!発明の日イベント

 せっぱ妻子でーす。きゃーきゃーとわめいても、どんより落ち込んでも、

 あと、丸4日間で決着つけないとです。

 何? そりゃー「発明の日のイベント」です。

 あーーーー、たった一日、されど一日。

 でも、でも、できることなら、これに行きたい!

 最後に気合を注入しないと思うのですが、恐ろしく無理です。(泣)

 行きたいな。。。。。

 

実験屋台

 もう一面「発明の日」イベント一色状態のSalsaです。

 おととい日曜日は、実験屋台全6班のリハーサルでした。どこかにあるコンテンツを真似してもらうのだったら簡単だったのでしょうけど、今回はほとんどオリジナルコンテンツで勝負に出ます。なので、説明員のみなさん、コンテンツから作るのでたいへんです(すみません・笑)

 発明の日イベントですから、やはり発明品について何がしか知ってほしいと思うわけです。そこで、選んだのが、「吸水性ポリマー」、「映画」、「セメント」、「合成洗剤」、「太陽電池」、「ダイナマイトとノーベル」です。

 私的にはですね、一応わけがあって選んでみたのですよ。身近だけれども仕組みを以外と知らないもの。今も大活躍しているもの。さまざまな分野「物性、知覚、建築材料、石油加工品、環境と結びつけられる製品」の代表として選んでみました。他にも思いつくものたくさんありますが、欲張って死にそうになるのが常な私はほどほどにしてみたのでした。(ぜんぜん、ほどほどじゃないよ!って突っ込まれそうだけど・笑)
 あと、ノーベルの話ではキッズ版「科学倫理」にトライしたいなと。これまた無理難題を頼んだものですから、きっと頼まれたnanamaruさんは呆れられていることでしょう。でも応えてくれるnanamaruさんはすごいです!!

 こどもたちはそんなことが込められているとは気付かないとは思います。ですが、見た目にビックリみたいな科学ネタではなく、あとあとじわーーーーっと記憶に残ってもらえそうな話題にしたかったんです。

 で、ですね、私自身が勉強しないとだめじゃないですか。誰かにまかせっきりにできたらなんて楽だろうとも思いましたが、自らひとつひとつ調べ、専門家のお話を聞きに行ってみるとですね、

 どれもおもしろい!!

 のですよ。

 セメントが固まる仕組みだとか、映画のフィルムがなぜちゃんと動画に見れるのかとか、合成洗剤(界面活性剤)の説明の仕方とか、太陽電池の仕組み、ノーベルの人物像とか、知れば知るほど、「なーーーるほどねー」などと、私自身が「へぇーー」とか「はーーー!」とか感心しちゃっているわけです。
 そんなわけで、企画した本人が「この実験屋台、おもしろくなるんじゃない?」などと楽観的に見ているわけです。まあ、もう二踏ん張りは必要ですけどね。

 おとといのリハーサルに被験者として、うちの長男君に体験してもらったのですが、あとで感想を聞いたら、「たいへん面白かったです。すばらしいのではないでしょうか」と。
 ちなみにゴマする子ではございません(笑)

これが本当の“離れ業”

 昨日土曜日は、発明の日イベントの「絵本の読み聞かせ」の北海道側の読み手の練習日としておりました。そこには、東京からN村さん、○さん、他2名の方がインストラクターとしてわざわざいらっしゃる予定だったのです。

 ところが!!お昼過ぎたころ、N村さんから電話。

 「千歳空港が吹雪で羽田から飛行機が飛ばないです」と。

 そのころ、札幌もちらほらと雪が降ってましたが、吹雪くってほどではないですし、だいたい、雪ぐらいで止まるような千歳空港ではないので、この4月の中旬になっての着陸できない状況って信じられませんでした。

 1時間ほどたっても、状況は変わらず、飛ぶまで待っていたら、夜になるだろうと。。。

 そこで、N村さんが「WEBでやりますか?」と。

 なんと、なぜか私は前日に130万画素オートフォーカスWEBカメラとUSB延長コードを買っていたのです。その上、skypeにも慣れてきていて、プロジェクターの用意もしていました。予感していたのか?

 道具は揃っている。

 というわけで、N村さんたちは羽田を後にして、四谷の○さんのオフィスへ。
 私は2階に降りて、ノートPCにWEBカメラにプロジェクター、結構いい音を出すPC用スピーカー(これもなぜか去年のうちに買ってあった)を設置。

 練習を予定していた人やスタッフでこちらは4人。N村さんたちも4人。

 あっさりとskypeでWEBカメラ会議が始まりました。プロジェクターには四谷の4人が写り、あちらには札幌の4人が写り、声もクリアです。(あちらの画面の様子と音質はわかりませんが)
 最初の15分ほど、微調整したり、慣れる時間は必要でしたが、この日にやりたかったレクチャーと練習は2時間半ほどかけてできちゃいました。

 恐るべしWEBカメラ会議。それも通話料金かからない。設備も極めて安い!!

 もちろん、対面して話すこともとっても重要なのですが、WEBカメラ会議でかなりのことができてしまう体験をして、札幌側の4人はいたく驚いたわけです。けっこうちゃんと会議になったんです。

 これがほんとの“離れ業”ですな。


 とは行ってもN村さん、明日の夕方千歳空港まで飛んできて、私と千歳空港で打ち合わせして、最終便で帰るのです。これはほんとの“トンボ帰り”ですな。

 なんというか、N村さんとの関わりで、時間と空間の超え方がちょっと変わりました。

モデルロケットのお申し込み受付開始!

 今朝、起きたら「果報」が届いていました。やっぱ寝ないと来ないんだわ。

 北海道新聞 30面 札幌版

 ロケット作り 発明家に
 28日、北大でフェア 研究者が指導


 4月28日(土)の「おもしろ発明・体感フェア2007」について載せてくださいました!
 パチパチパチ!!

 モデルロケットは事前のお申し込みが必要です。
 参加方法などの詳細(チラシのPDF)は
こちら

 CAMUIロケットの北大・永田先生とカムイスペースワークスの植松社長と北大の学生さんと一緒にモデルロケットつくって、打ち上げましょう!!(参加費無料)※モデルロケットって何?についてはこちら

 大人がやりたいぐらいですが、今回は小学生高学年までのこどもたちが対象です。(小学1年生以下は保護者同伴での参加になります)

 往復はがきに、

 ●往信のあて先
 〒060-0807
 札幌市北区北7条西2丁目 北ビル7階

 発明協会北海道支部 宛

 ●往信のあて先の裏
 1.参加希望者名
 2.学校名
 3.学年・年齢
 4.住所
 5.電話番号
 6.保護者名

 ●返信のあて先
 参加者希望者の〒・住所・氏名を書いてください。

 ●返信のあて先の裏
 何も書かず(ここに抽選結果と持ちのも、スケジュールなどを印字して返信します)

 今すぐ!往復はがきに書いて、お申し込みくださーーーい!(16日必着です)
 はがきを出したらあとは果報は寝て待ちましょう(笑)。抽選結果は23日までに届くようにします。

 ※応募多数だと抽選となります。ご了承ください。もしはずれても、このイベントには実験屋台やグライダー製作&コンテストなどなど盛りだくさんなので、遊びに来てくださいね。大人も遊べます!!

サイエンスフェアリー第2章

プロジェクトX風にお読みください。

エ。。ッ。。ク スーーー X

その妖精は悩んでいた。

自分の姿にすっかり周りが慣れてしまい、新鮮味がないことを。

そこで妖精は、白衣をピンクに、羽に電飾を付けることを考えた。

このプロジェクトは、科学の伝道師をめざした一人の妖精が
北海道のこどもたちに夢を贈ろうと変身をする物語である。

(♪地上の星)


完結編は4月28日(土)発明の日記念事業イベント

「発明サイエンスの実験屋台めぐり」で

その目でお確かめください。

気合入ってます!!