crossline

旅行・地域

秋のお出かけに

 行楽の秋、お出かけしたいですねぇ。

 私のおすすめお宿をご紹介。

 ホテルリゾートインニセコ

 5月に家族で初めて行って、先日友人と3人でまた行ってきました。

 お部屋、風呂、眺め、食事、ワイン、ステキです。そして高くなーーい。
 毎日限定7組です。落ち着きますし、ここのお風呂は最高です。
 ヨーロッパの田舎の小さなホテルって感じです。
 オーナーはもともとワインの買い付けのお仕事をされていたとか。
 一緒に行った友人には「よくぞここを教えてくれた」と感謝されました。

 個人でやっていらっしゃるペンションにありがちなオーナー色が濃かったり、我が家風に雑然とモノが置いてあったり、へんに馴れ馴れしかったりするのが苦手な私には、とってもさっぱりしてくれるのがうれしいです。

 そういうのを「過干渉じゃない」って言うんだそうです。最近の私のブームになっている言葉です。

 オーナー曰く、「若いカップルのお客様は過干渉されたくないと思っていらっしゃり、年配の方はむしろ話しかけてほしいと思っていらっしゃるようです」とのこと。わかるような気がします。

 ぜひ深呼吸しに行ってみてはいかがでしょうか。

Dscf2213










 
宿から車で20分、さらに歩いて20分。ニセコの神仙沼。。。静寂の極み


Dscf2244











部屋からもお風呂からもこの眺め

ピラミッドと月

ピラミッドと月

生き物 知床(12)

Dscf0163 











*写真はどれもクリックすると大きくなります。

 網走駅からほどないところに能取湖(のとろこ)というところがあり、その干潟で「さんご草(アッケシソウ」が最盛期だと言うので行ってみました。能取湖は海に面して閉じていない湖(内湾)でして、塩分があります。さんご草はそんな塩性湿地に群生するのだとか。

 一帯赤く、不思議な光景でした。(リエゾンマンさんのブログとかぶってます)

Dscf0160










 一本、一本は鳥の足を思わせるような姿でした。これは茎?実?葉?けっこう硬かったです。
(最近、このブログにコメントくださったsango_souさんはこのさんご草からでしたね)


 そして、これは知床半島オンネベツ川をサケが遡上しているところです。
 川底の黒いのは全部サケです。(写真をクリックすると大きくなります)
 Dscf0153
 



















 この時期、サケは産卵のために生まれた川にもどってくるのです。しばらく河口で海水から淡水にカラダをならして、その後一気に上っていくそうです。

 こちらは網走刑務所への橋、鏡橋が架かる網走川のサケです。網走刑務所前の水門に行き場を失っているサケが懸命に上にジャンプします。実はこの先に川はないのです。どうしてここに入り込んでいるのか不思議でした。
刑務所に入りたがるサケ?↓

Dscf0164



















 おびただしい数のサケたち。二度と海に戻ることはありません。

 私は「サケがふるさとにもどるかのように」北海道に帰ってきたと表現していましたが(プロフィールにもそう書いています)、この姿を見て意味合い違って使っていたと思いましたね。(別に産卵目的じゃないからとかじゃなくて・笑)

 ふるさとに帰ってきたけど、そこから出ないわけではなく、旅に出るし、出たがるし、時々東京にも行くし、もちろん海外も行きますしね。

 サケたちは次の世代へとつなげるための最後の旅、最期の場所へと向かっているのです。なんとも切ない姿でした。

 とかいいながら、網走のスーパーでおみやげに生鮭と筋子を買って帰ったのでした。筋子はいくらにして醤油漬けに。。。。明後日が食べごろです。生鮭はスパイスで焼いて食べました。自然の恵み、ありがとう!!!
 

よかった!知床(11)

ただいまーー!!

 やーーー、よかったです。3日前に決めたプランとは思えない、さすがJR北海道昨年度人気1位のコースです。
 観光バスってほとんど乗った記憶がないのですが、今回認識を新たにしました。自分では知れ得ない「小ネタ情報」をしゃべってくれますので、マイカーで行くのとはずいぶん違うなーって思いました。

 そのうち、ガイド付きカーナビなんてのも出るのでしょうか?それとも博物館でその場所に来ると音声ガイドがイヤフォンに流れるように、その観光地に来ると車のラジオにガイドが流れるなんてのもいいかもしれません。

 しかし、ガイドさんという生身の人間にしかできないことがあり、それはやっぱりコミュニケーションなんですねぇ。お客の「空気を読む」んですねぇ。いたく感心しちゃいました。

 さて、旅先からずっとモブログ(携帯からブログエントリー)していたように、携帯の圏外以外ならどこからでもブログを更新できるのは便利なのですが、ひとつだけ不便なのは、自分のエントリーがどのようにアップされているのか見れないということです。

 なので、さきほど帰ってきて恐る恐る見返しました。なんとかなってましたね。ほっ!

 エントリーしてないエピソードもいろいろありますが、また明日。

 さあ、夏休みモードもそろそろ終了ですかねぇ。
 明日からちょっと調べ物をしなくちゃならないです。

いいね!知床(10)

いいね!知床(10)

知床五湖の一湖。世界自然遺産の中は道路があるだけ。静かです。

いいね!知床(9)

いいね!知床(9)

オシンコシンの滝。

いいね!知床(8)

いいね!知床(8)

羅臼岳1661メートル。知床峠からは国後島が見えました。

来たぞ!知床(7)

来たぞ!知床(7)

ウトロに到着。来たよ!!!世界自然遺産・知床!鮭の遡上も見れました。感動!

行くよ!知床(6)

行くよ!知床(6)

か、か、活火山。硫黄山。硫黄って、マッチ、火薬、染料になるので、昔はここでも採っていたらしいです。

行くよ!知床(5)

行くよ!知床(5)

霧が晴れている摩周湖。透明度世界一。31メートル。動物のお医者さんの森田先生の話をガイドさんが語ってるところです。

より以前の記事一覧