crossline

ニュース

ブログあさいちばん

 おはようございます。
 北海道から6時のニュースです。

 昨夜、M姫が久しぶりに若い男性の方に連絡先を聞きました。場所は札幌市の北18条駅付近で、深夜24時を過ぎていました。唐突に連絡先を尋ねた理由をM姫本人に聞いたところ、「昨年末、ニセコに行った時、MMさんに“とりあえず連絡先を聞く癖を付けたら”と怒られ、今年はがんばってみようと思ったんです。今年はじめて聞きました。」とのこと。

 連絡先を聞かれた○氏は、「ボクが第1号なんて光栄です」とコメントをしました。現場に居合わせたH大学○田教授は、「とりあえず聞くという姿勢から言って、M姫さんに連絡先を聞かれない人というのは、よほどの対象外ということになりますね。今年一年間の動向が楽しみです」と解説しました。

 札幌からSalsaがお伝えしました。続いてラジオ体操です。

  

ラジオあさいちばん」を聞きながら書いていますぅ

【CNNより】プリオンを持たない牛

そんなことできるんだー!

でも、そんなことしていいの?


【CNN】プリオンを持たない牛の飼育に成功、日米研究者

http://www.cnn.co.jp/science/CNN200701010026.html

 成しえたことはすごいと思うけど、BSE対策というだけで(←この理由が大きいか小さいかはさておき)、牛のプリオンを無くしていいのかしらとも思ってしまう。プリオンに詳しいわけではないが、BSEとしてはやっかいであっても、無くすことで別の病気になったりしないのかと頭をよぎります。

 それにしても人間の都合でどこまでやっていいのか、基準の持ち方が難しいと思う今日この頃ですぅ。

【道新より】ネットホバックという試み

これもサイエンスショップですよね?

北海道大学OB職員地域連携支援協議会 (略称・ネットホバック)
道内企業に活 北大OB教授ら知恵袋 今月からものづくり助言
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20070101&j=0024&k=200612316415

 工学部は産学連携をもともと組みやすい分野です。道内企業が活用できたらいいですね。有限責任事業組合(LLP)という形態をとったところも面白そうです。

 新聞の方にはゆくゆくはIT系や他の学部とも連携したいって書いてありました。農学部、理学部、薬学部、医学部、獣医学部はもちろん、文系分野もこういった機会ができていけば、活用したいと思う北海道企業はあると思います。

 なかなか自前の研究施設や研究員を持てない企業にとって朗報なのではないでしょうか。

 (ちょっと名前が難ですけど。)

マッシュアップ

と言うのですね。(mash up ?)

 これから増えていくでしょうね。活用したくなる“部品”開発、期待します。

<日経TRENDY>より引用

 "マッシュアップ"
 Webサイトでサービスを提供する際、他社が公開している別のサービスを自社のサービスの“部品”として活用する手法のこと。例えば地図サイトとして代表的な「Google(グーグル)マップ」の地図をもとに、自社独自のグルメ情報を組み合わせて「グルメマップ」として提供する、などを指す。

 グーグルマップは、グーグル以外の企業がこの機能をサービスに組み込むための技術規格を公開しており、これを「API(アプリケーション・プラットフォーム・インターフェース)」と呼ぶ。グーグル以外にも、アマゾンやリクルートなどといった企業がAPIを公開しており、これらの会社のサービスを別の企業のサービスの“部品”として利用することができる。公開APIを使ってサービスを構築する際は何らかの利用料が発生するが、ゼロから自力でサービスを開発するよりは大幅に安く済む場合が多い。

 そっかー、有料なのね。でもいい商売だわ。

 これって、この前つくったWEBサイトに活用したGoogleカレンダーとかそうかしら?
 サイエンス観光マップも?

 “部品”としてではないかもしれないけど、ライティングの添削に使っていたり、打ち合わせに使っていたり、気が付くといろんなサービスを教育現場でもFREEで使ってますねぇ。依存度高いかも。
  FREEで使わせておいて中毒にさせて、そのうち有料になったり、、、ありえないね。

 Yahoo!のウィジェットエンジン、Googleのパーソナライズドホームページも、サービス部品を取り込んで、パソコンのスクリーンをネットサービスの窓口としてカスタマイズしているのって、“自家製マッシュ”かしら?

 “便利で使いやすい部品”と“カスタマイズのしやすさと組み合わせの多様さ”、そして“それらを組み合わせて使えるインターフェース”が鍵かな?

ケタ違い

 日本だと事故でひと一人が亡くなろうものなら、全国一斉にその事故の種を取り除こうと動きますよね。最近では夏にあった「プールの事故」でしょうか。

 今日のニュースで驚いたのは、ロシアの密造ウォッカで今年になって“少なくとも”1万8000人が死亡しているというニュース。飲むほうも飲むほうだし、このケタ違いの死亡者が出てきてやっとロシア議会も動くというのだから、あきれるばかりです。

NHKのニュース→こちら

 かくいうワタシも今から13年前にロシアのボストーチンという田舎にホームステイしに行ったとき、ウォッカ(密造酒じゃないよー)でぶっ倒れましたけどね。ロシア人、ほんとよく飲むんだわー。それに付き合ったワタシがいけないのだけど。

 黒パンの匂いを嗅いで一杯ゴクリと飲み干すわけです。なんで匂いで飲めるだか?ちびちびなんて飲まないもんね。
 で、ウォッカのチェイサーがなんとぬるいビールだったんですねぇ。意味なーい!

 やっ、ワタシも若かった!うるるん滞在記ならぬ、げろろん滞在記でした。

 あれから13年。ずいぶんロシアも変わったと思ったけど、アルコール依存度が変わらないということは、たぶん生活もあまり変わってないのかもしれないですね。少なくとも田舎は。

 表は肉屋、その裏口からお酒買ってましたからね。お酒だけじゃなくて買い物全般そんな感じでした。

 それにしても1万8000人って、テロだよね。かつてのア○ンと同じように快楽中毒テロと言えないですかね。

懸賞論文の募集

シンポジウムでの「ご自由にお取りください資料」の中にこんなのがありました。

懸賞論文「知識社会とは何か?」
   25年後の日本、あなたはどう創りますか?

最優秀賞は50万円だそうです。

ご興味のある方はどうぞ。

http://www.sci-news.co.jp/chishiki0607

25年後ねぇ、、自分の年齢を思うと、「どうとでもなってくれーー!」と思っちゃう、かなり投げやりな未来です。四半世紀先を予見できる人が果たしているのだろうか?審査する方も難しいと思うのだけど。

北大の謎(1)

私も昨日、はじめて聞きました。


だれからかは言えません。


驚きました。。。


北大の地下に カレーパイプライン があったとは!


北大の4つの食堂のカレーが同じ味になるのは必然だったのですね。


そして、本日、その極秘取材が偶然手に入りました。
誰にも気づかれないようにそっとご覧ください。

外食倶楽部極秘取材
北大カレーパイプライン 今,謎が解き明かされる「真実の物語」

http://tiss1.cims.hokudai.ac.jp/eating_out/


人気blogランキングへ