crossline

« 鬼に笑われようぞ | トップページ | The LHC is back. »

MJ

 連休最終日。長男くん、次男くん、隣人と4人で映画を見に行きました。


 THIS IS IT


 わたくし、MJのすばらしいPVをリアルタイムで見てきた世代です。「あーやっぱり年をとったなぁ」などと思いたくなくて映画を見に行くのを躊躇っておりました。が、あまりに「よかった」との噂を耳にし、ミーハー魂(?)がくすぐられてしまいました。実際、MJのエンターテイメントぶりに圧倒される結果となりました。

 もう人間業とは思えない、神業? いや死んだのですから人間でしたね。


 行こうと思ったもうひとつの理由は、MJやプロジェクトメンバーたちの作品制作の現場とプロセスが垣間見たいと思ったからです。これは特に長男くんに見せたかった。
 MJはもとより、ダンサー、コーラス、演奏者、照明、舞台、監督、、、多くの役割がつみあがっていくことでひとつのショーがつくられていく様。

 中学2年の長男くんは、数学、理科、社会、国語。。。そして部活や、日々のルール。。。その繋がりと延長をなかなか実感せずに学ばなくてはならず、「これ勉強してどうなんの?」的な逃避を繰り返しているわけです。やーーわたしもそうだった。

 自分を活かすためには、他人を理解しその調和を考えること。それは勉強もそうだったりするわけで、数学が活きてくるのは数学という学問の中だけではなく、もっと広い「ステージ」である経済だったり、工学だったり、医学だったり、環境だったりするわけです。でも、それをなかなか実感できないままにいるのは、もったいない。早く気がつけば、もっとおもしろく学べるだろうにと思っています。

 それはMJの「ステージ」をつくるのも同様だろうと。ひとりひとりの最大限の能力が引き出され、それを調和させてはじめて観客が感動するステージができる。それに向けての努力の積み重ねや、小さな心配り、指揮力など、「働いている現場」、「ものづくりのプロセス」を垣間見せてくれる映画だと思い、長男くんに見てほしかったんですぅー。

 まあ、10年後ぐらいにちょっと思い出してくれたらうれしいな。

  

« 鬼に笑われようぞ | トップページ | The LHC is back. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/46845111

この記事へのトラックバック一覧です: MJ:

« 鬼に笑われようぞ | トップページ | The LHC is back. »