crossline

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

銀杏並木なう

091031_152645

継続は力なりぃ

 昨晩は第9回エゾロジー倶楽部に参加。

 お題は「放射性同位体を用いた森林流域での土砂生産源の推定」でした。

 もう一年近く、河川環境のお話を聞いてくると、河川ど素人の私でも「河川の何が問題なのか」がわかってきたように思います。

 毎回、河川の役割から、研究方法、そして合意形成に至まで様々な視点からの話題が繰り広げられ、「門前の小僧、習わぬ経を読む」が如し、私もいつのまにか見聞がひろがっていることを実感します。

 河川という具体的な事象を深く掘り下げることにより、環境問題の難しさを思い知ることにもなっていて、とっても勉強になるんですよねぇ。

 昨日の衝撃は、「緑のダムはほんとうか?」って話で、脱ダムの行方、考え方を私なりに再考させてくれるものでした。

 また、河川の上流の人たちと下流の人たちとでは利害が相反する場合もあり、河川ごとに「ズレ」が生じている具体的な事例も、考えさせられるものでした。

 これからも目が離せない「エゾロジー倶楽部」なのでした。

  

感激ウマ!味噌!

M岡さんからお野菜のお返しにいただいた味噌。

これでつくったなべがすんばらしくおいしかった。

うちの隣人も感激しておりました。


で、探しました。

石川県からお取り寄せしまーーす。


Img_miso

 まつやの「とり野菜みそ」
 12袋で2772円なりぃ。

オリオン座流星群

まだ見上げてません、空。

オリオン座流星群 23日までピーク


長男君は風邪(インフルエンザ陰性だった)で3日間学校を休んでいたのですが、今日、学校に「明日から行きます」と電話したところ、「お子さんのクラスは27日まで学級閉鎖になりました」ですって。sad えーーっ!!

次男君のクラスは火曜日から今週いっぱい学級閉鎖ですが、とうとう本人が昨日から高熱を出し、本日A型(陽性)とわかりました。weep これで、同じく27日まで学校に行けません。

これで長男君がインフルエンザになったら、もう笑うしかありません。秋休み?

学校行事は混乱の極み。予定通り行なわれた行事ってあったっけ?って感じです。


とにかく、おじいちゃんに感染しないようにしなくちゃ。

霊と金

ひさしぶりにサイエンスカフェのお客さんとして参加して来ました。

第5回三省堂サイエンスカフェ in 札幌
スピリチュアリティブームを通して科学と社会を考える

いやーー、楽しかったですわぁ。

第4回のファシリテーターやったので、この第5回はどっぷりお客さんモード。coldsweats01


ゲストの櫻井先生とCoSTEPの斉藤先生のほんわかしたやりとりも心地よかったです。

「独り言つ」さんとこでも紹介されてます。


宗教と新興宗教の違いのお話には大きく頷きました。
宗教はこれまでもこれからもながーーーーいお付き合いでいたいので、例えば戒名ひとつでも相手相応の値段付けをする。ひどく高くはしないんですね。新興宗教はそこが「まだ歴史が浅くてこなれていない」そうで、お金を搾り取る傾向にあるんだとか。

また、新興宗教の傾向としては、まず「不幸である」ことをとことん刷り込むんだそうです。まずは船から海に突き落としておいて、そこで浮き輪を投げる方式ですね。


スピリチュアルグッズの見本市「すぴこん」潜入のお話。オーラを映し出すパソコンソフトのセットが150万で売られていて、オーラ1回1000円で撮影して、それ以上のオプション(例えばチャクラも撮影とか)は2000円で売っていけば、大体半年で回収できる計算なんですって。

科学的根拠がいかにもあるように見せる化粧品、育毛商品、なんちゃらセラピスト、うんちゃらヒーリング、霊的商売などなどを、お金の観点から社会学的に捉えたお話は新鮮で時間があっという間に過ぎていきました。

もうすっかり櫻井先生の信仰者happy02になっちゃいましたよ。

で、思わずその場で著書を買っちゃいました。(サインもいただきました・笑)


51c1c2ciixl__sl500_aa240_霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造

櫻井 義秀著








お金を出せば呪縛から解かれると思っている方、
友達に進められて断れないでいる方、
騙されるという不運は自分で断ち切れます!happy02
ぜひお読みください。

夢見る10月

9月までの忙しさがウソのように穏やかな10月。

逆に小中学校スケジュールは濃いですけど。

気持ちに余裕があるときは、ちょっとお仕事の先のことを考えるチャンス。

これまでは、来るものを迎え撃ってきたわけですけど、

そろそろ攻めに転じるのもいいかもぉ~。なーーんてね。


やりたいこと・その1.

北海道に新たに科学技術コミュニケーターの雇用(まずは1~2人分)を生み出す。


やりたいこと・その2.

自分(たち)の企画も売れるようになる。「こんな企画、いかがですかぁ~?」って。


どんな風に、どんな形で展開していくのがいいのか考えていると、

どんどん、あれもこれもやりたいなーとアイデアが湧いてくる。

あーー、やりたいこと多すぎ!!!

考えるのは楽しい!!

 

馬肥ゆる秋

馬肥ゆる秋

月面衝突

NASA探査機エルクロスの月面衝突の動画


永久影に隠れたクレーターに水氷がどれくらいあるのか、この実験データから調べられるらしい。

この動画、大きさや高さを比較できるものを右端にでも表示してくれたらいいのになぁ。

富士山とか、東京とか。

勝てませんわね

台風のせいで荷物が届かず、期日に納品できなくてがっくり。

物流は自然には勝てませんわね。


昨晩、WOWOW無料番組でユーミンの今年のツアーを見たのですが、、、

人間は歳には勝てませんわね。

ユーミンさま、相当がんばっていらっしゃるだけに、見ているほうはちょっとツライ。

今回の番組のことは忘れて、かつてのお姿と歌を脳裏に留めておこうって思いました。

てなわけで、伝説のライブビデオ、「Wings of light」がやっぱり最高傑作だと確認したに終わりました。バブルの時代だったからあんなのがつくれたんでしょうかねぇ。あれに比べたら、今回見たものはカメラ台数が少ないせいか、カメラワークも単調で、構成も??、えらく地味に感じました。

最近BSでやったポール・マッカートニーのライブは、「風邪ひいたの?」ってくらいポールの声が出ていなくて、演奏もひどくて、ちらっとでも見るんじゃなかったと。

ビリー・ジョエルは、目をつむって聞けば彼だとわかるのですが、容姿があまりに変わっていてさみしくなっちゃいました。

マイケルの映画も見ないほうがいいかも・・・。

ライブをやらなくたって、そこそこCDは売れ続けているし、サザン同様に創作やプロデュース活動でもいいのに、、、と、年寄りの冷や水。

そう、みんな、自分の鏡。

誰しも、潮時ってあるわけで、

年齢相応のステージがあるわけで、

うまく、歳に負けていくことができたらいいなぁ。

  

気なる「読書会」

事の発端は美容院に行ったこと。

そこでペラペラとめくっていた雑誌FRaU9月号の「読書特集」の中に「読書会」の記事がありまして、

2つのことが気になりました。

1つは、読書会なるものがけっこうなブームであり、なんとプロの読書会ファシリテーターが存在して、読書会ごとに時折ファシリテーションをお願いするんだとか。ちょっとマンネリになってきたところで呼ぶと活気が出たりするとか。

村上春樹氏の書籍の読書会が世界各国にあるのは知っておりましたが、もっと一般的なものだったのですね。そして、なんといっても「プロの読書会ファシリテーター」ってどんな風にされているのか、どんな方がやっているのか、すごく興味があります。

もう一つは、ブームのきっかけともなった映画があり、それが「ジェイン・オースティンの読書会」だということです。映画はとってもよかったです。ただ、ジェイン・オースティン作品と無縁な私coldsweats01は数々の笑うべきところをスルーしてしまっていたことでしょうね。

読書会とは、6、7人で、決めた本を読んできてその本について語らうというもの。自宅やカフェなど会場も、進行もローテーションしながら、月に1度ぐらいの頻度で集まるようです。ポイントは人数が多いと駄目。全員が話せることが重要なんですね。
おしゃべりするうちに1冊の本を通してお互いに発見があるというのが楽しいみたいです。輪読会との違いは全員がその本を読んでくることでしょうか。

いまいち読書会というネーミングが地味だなぁと。英語は「Book Club」とのこと。

思ったのは、本なら読書会、映画なら映画会、アニメでも、音楽でも、けっこういろんな分野で楽しめるのかなと思うわけです。6、7人がある程度共通の関心ごとがあれば、Clubしてみるのもいいかなと。

それにしても、「プロのファシリテーター」が気になります。happy02


 

正体

10月はイベント目白押しですね。特に週末。

行きたいんですけど、息子の中学校の学校祭、小学校のバザー、PTA懇親会などなどとブッキング。

しゃーないわん。

PTAのお手伝いとかしている合間や懇親会で、お母さんたちや担任の先生に「Nさんって仕事何?」と聞かれた。

ざっくりとだけど説明したところ、興味を持ってくれたり、うちの職場(大学)のWEBも頼めるかしらとか、反応があってちょっとうれしかった。

いままであんまり説明したことがなかったけど、ちゃんと言ってみるもんだなーと。happy02

  

non-stop

ちょっと長期戦だった仕事が下版して、

ほっとするかと思いきや、

なぜか終わる時期を狙ったように次のご依頼が。

不思議だぁ~、こんなことが3年続いているんだから。


行列こそできませんがcoldsweats01

途切れることがないのはなぜなのかと考えていたら、

さるお方が、「動いているからですよ」と。

動き続けているところにお仕事や相談って来るんだそうで、

止まっているなってところ(ひと)より、忙しそうなところ(ひと)に仕事って行くそうです。

まあ、空いているラーメン屋noodleに入り難い心理的と似てますかね。


  

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »