crossline

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

インドによりみち

これを見て、

インドのEXILE?

と思った。

というか、EXILEがインドのたくさんのバックダンサー方式なのかも、なんて。

http://www.youtube.com/watch?v=CaVFGXILxQs



何言ってんだかまったくわからないけど笑っちゃう。

なんじゃこりゃぁー。

http://www.youtube.com/watch?v=__FbjJ3hdCQ


元気いいなぁー、インド。
ムトゥ踊るマハラジャ」(←大好きな映画、サントラも持っている)と基本形は変わってないのね。

  

もつ鍋囲んで黒姫会

もつ鍋囲んで黒姫会
しろくま&ペンギン連合みたいな。いただきます。

場所は、ぶあいそ別邸です。おいしゅうございました。

 

月水といえば金と言いたくなる

 これまで月には水は存在しないと思われていたのが、覆されたようですね。


月面に水、3機の探査機が存在を確認(ナショナルジオグラフィック)


 ほんとお近くの月のことであっても、まだまだ未知なことがたくさんあって、楽しいですわぁ。まあ、人間のことだってわからないことだらけですけどね。coldsweats01

 水があったと言っても、ごくごく飲めたり、じゃぶじゃぶと顔を洗えるような状態ではなく、土壌にわずかに含まれているといった状態だそうで、月面上で人間が利用可能なぐらい集めるとしたら相当な仕組みとエネルギーが必要なんでしょうね。

 そのうち、黒い石板見つかりませんかねぇ。モノリスって言うですね。

 

 

北海道雪崩講習会のお知らせ

登山される方、されるご予定のある方、どうぞ。


第15回北海道雪崩講習会

コースやクラスなどいろいろ選べます。

詳細ファイルはこちら。「nadare.doc」をダウンロード


 

銀週はいかがお過ごしでしたか?

 私は、連休の前半と後半ではまったく違う日々を過ごしました。

 前半は、CoSTEP修了生にも声をかけていただいた大学院の集中講座を受講させていただきました。
 
 18日初日に行ってみると、ありゃーcoldsweats02の受講人数でちょっと不安に。連休に受講しようなんて人、もともと少ないのかもしれませんね。

 さらに、先生から一人ずつ制作する動画のお題を聞いて、ひょえーshock帰ろうかしら・・・と。
 でもそれでなくても少ない人数で一人エスケープする勇気が出ず、途中離脱を思いとどまり3日間+1徹夜作業を注ぎ込んで課題制作いたしました。

 徹夜になった理由は、Windows ムービーメーカーがフリーズしまくったためです。けっして制作に凝ったことしてたわけではごじゃいません。結果、エフェクトがほとんどかけられないシンプルな制作物になりました。

 やーー、不思議な集中講義でございました。coldsweats01
 

 後半初日は、千歳サケふるさと館へ。そして「情熱大陸」見て以来ずっと会いたかったさかなくんの講演を見に行きました。やーーサイエンスエンターテイメントでしたわぁ。いわしの一生が特に印象的でした。
 そこからは加速かけて遊びました。(朝、一仕事してから出かけていたというけなげさも)

 ノーザンホースパークでしょ、

 えこりん村でしょ、

 ゆにガーデンでしょ、
 ここの収穫体験はすごい!300円でさやにしてダンボール二箱分の枝豆をゲットできます。とうもろこしも12本で400円。


 どこも近くて、リーズナブルで、空いてるし、そしておいしかったです。

 北海道、ばんざーーーい!!


 夏休みより格段にのんびりできたのは、お兄ちゃんの学校が学年閉鎖でクラブ活動もお休みだったせいです。

 さて、来週からは延期になった行事も含めて学校行事が目白押しです。

  

風邪がふくと・・・親も困る

 昨日、長男君の学校の2クラスが学級閉鎖に。一人は新型インフルエンザ。

 そして、とうとう長男君のクラスも明日から学級閉鎖。クラブもお休み。シルバーウィークも含めると24日まで8日間も学校に行かないだそうです。

 中期テストも、学校祭も延期。sweat01

 もう、9月10月の予定がめちゃくちゃになって、PTA行事も含めてみんなあわてて日程調整中。それでなくても小学校、中学校、行事が多い月なのに・・・。

 学校の予定が変わると、影響大きいです。

 小学校の方は一波が通り過ぎて、落ち着いていたんですけどねぇ。ふにゃー。shock

 明日からしばらく長男君の昼飯を確保してやらねば。この際、本人、料理に目覚めないかしら。
  

女子度の低いダイエット

 忙しいと夜中に、食べちゃう。

 ストレスもあって、食べちゃう。

 そうこうしていると覿面からだが重たくなる。


 9月に入り、それまでパラレルし放題だった仕事がかなり整理できたこともあり、書斎の片付けより優先させたのは「ダイエット」。時間と手間がかかるわけではないので片付けと平行できるものではありますが、ストレスを溜めないためには私の場合、気持ちのメンテナンスに時間が必要です。

 先日の某テレビ番組で、勝間和代氏が「仕事より2時間運動することを優先させても、2時間寿命が延びれば時間の採算が合うじゃない」みたいなことと言っていたのを聞いて、「あんまり焦って仕事漬けにするのはやめとこ」とあっさりと転換してみたわけです。

 まず、いままでのダイエットが続かなかった理由を考えると、

 途中でやはりストレスが溜まるほど過剰な仕事の波が来て、そのタイミングで止めてしまっている。
 →対策としては、
  無理な仕事は入れない。ストレス溜めない工夫。

 大きな目標を立てて、それに到達するまで達成感がなく途中が苦しくなる。
 →対策としては、
  小さな目標の積み重ねにする。そこで、3kgダウンするごとに自分にご褒美することに。

 先日、第1回目の3kgダウンに成功したので、さっそくご褒美しようとなりました。

 このご褒美ですが、当初「エステに行く」にしてみたのですが、結局札幌駅まで行って足が向いたのが「ヨドバシカメラ」。

 で、美容機器の売り場をちら見したものの、行ったのがハードディスクの売り場。HDのパーテーション変更ソフトと1TBのHDを買って、ご褒美と相成りました。で、家にもどってパソコンを半日以上ごじゃごじゃといじっていたのがストレス解消になったという・・・あーー・・・やっぱ自分でもどん引きしますわ。

M000052974510002_2BUFFALO HD-CY1.0TU2
ヨドバシカメラオリジナルモデル

14,800円







 

 第2回目の3kgダウンでは、ぜひとも方向性を変えたいと思っております。

 なんとなく・・・オリンパスのマイクロ一眼レフになるんじゃないかと恐れております。

51pxffadl5l__sl280__3
  OLYNPUS PEN EP-1

水没携帯、復活

 あるんですねぇ。水没携帯専門の修理屋さん。

 メーカーに聞いたら3万以上かかる、いわゆる新品とお取替えってことになると言われ、たった3ヶ月でそれは痛すぎると思ってネットで探したら、送料など入れると約10000円で復旧してくれるところがありました。

 もともとデータのバックアップはしてあったので、機能優先で復旧してもらったのですが、、長持ちするかは保障の域ではないそうです。

 この一週間、前の前に使っていた携帯を持ち歩いていたのですが、レトロな新鮮さは一瞬のことで、使い難いったらありゃしません。それでも認証カードさえ入れ替えれば使えるってのはありがたいです。

 棄てないでおいてよかった。

  

 

Puはぁ~

核融合カフェ(←こう書くとやっぱ何だろうって?なるわね)、終了!!

第4回三省堂サイエンスカフェ in 札幌
核融合がもたらすエネルギー革命

お客様の質問、よかった~!若い方々の参加もありましたし、広報ルートが違うせいか、はじめてサイエンスカフェというイベントに参加するひとが全体の8割強だったのもうれしかったですねぇ。


次回の第5回三省堂サイエンスカフェ in 札幌は、文学研究科の櫻井先生登場ではあーーりませんか!CoSTEP共催第二段なのですね。(WEBで斉藤さんの紹介・・・<博士研究院>になってますけど、<博士研究員>の間違いでは?)


現在は、クリスタルタイザーのレモンフレーバーでPuはぁ~しております。beer

BGMは坂本龍一。

この前の「爆問学問」の坂本龍一教授のピアノを聞いて、すこぶる聞きたくなりまして。最近のってすごいいいんですね。知りませんでした。





核融合カフェ

 あさって9月5日は三省堂書店札幌本店にて、核融合のサイエンスカフェします。

 当初、核融合という話題でお客様が集まるのかしらと心配しておりましたが、広報の甲斐あってか、お申込みは満員御礼状態で締め切っております。

 ファシリテーターは私。構成を思案中でございます。

 

コントンとしてるんです

 はこだて科学祭に行ってきました。

 ここ最近、なかなかブログが走らない頃から、自分の考えが液状化していて、これまでにない取りとめのない状態だったからかもしれません。

 それだけに、何かはっきりとした印象を求めていたと思います。おもしろい!とか、楽しいとか、不思議とか、そんな気持ちになれたらと期待して行ったのだと思います。ここ最近のコントンとした気分をすっきりしたかった。

 ですが、気がついたのは、そんなはっきりとした印象を持てない自分になっていることでした。

 どうしても細かいところに目が行き、さまざまな角度から観察しており、表も裏も過去も未来も、作り手の思いも察しつつ、参加者でもなく、主催者でもない、何か別の立ち居地の視点を終始拭うことができなかったのです。


 こうしたらどうだろうか。あーしたらどうだろうか。


 楽しくないわけじゃない。おもしろくないわけでもない。


 でも、頭の中では更なる最良策や、将来的なシュミレーションが瞬間的に思い浮かんじゃうわけです。


 あーー、こんな私に誰がした。catface

  

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »