crossline

« どうする気? | トップページ | 「おくりびと」見ました »

【道新フォーラム】現代への視点2009~歴史から学び、伝えるもの

これに行ってみようかと。
今日の道新でこのフォーラムの前振りを半藤氏保坂氏が書いていて、「歴史と科学技術の関係」をテーマにあげていました。立花隆氏のお話も聞いてみたいし。

道新フォーラム「現代への視点2009~歴史から学び、伝えるもの」

6月6日(土)午後1時~
道新ホールにて

(道新のHPから転載)

混沌(こんとん)とした現代をどのような視点でとらえるかが今、問われています。終戦から64年の時をへて戦争の記憶も風化しつつある中、その指標となる歴史から何を学び、次世代にどう伝えていくのか。半藤(はんどう)一利、立花隆、保阪正康の3氏が提言し、会場の若者たちと現代における平和の意味などを考えます。
 ◇とき 6月6日(土)午後1時◇ところ 道新ホール(札幌市中央区大通西3)◇講演 半藤一利さん(作家)、立花隆さん(評論家・ジャーナリスト)、保阪正康さん(作家・評論家)◇パネリスト 講演の3氏のほか、田城明さん(ヒロシマ平和メディアセンター長)◇入場無料、定員700人◇整理券を北海道新聞社受付(中央区大通西3)で配布中。札幌以外にお住まいの方は道新情報研究所(電)011・241・2471にお問い合わせください。
 主催 北海道新聞社

  

« どうする気? | トップページ | 「おくりびと」見ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/45131254

この記事へのトラックバック一覧です: 【道新フォーラム】現代への視点2009~歴史から学び、伝えるもの:

« どうする気? | トップページ | 「おくりびと」見ました »