crossline

« ファイナル!CoSTEP第5期受講生募集 | トップページ | こんなマスクがあったとは! »

理数科高校

 学生さんにここを目指した理由をインタビューしてみたいな。

 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校 開校

(ニュースソース)

 理数科高校
 スーパーアドバイザーは小柴さんですって。
 理研とも連携、協力しています。

 これはこれで良い環境だと思いますが、

 ここに行っても、大学受験は結局同じのを受けるってことになるのかな?横浜市大には特別枠があるようですね。

 高専との違いは?

 札幌にも理数科コースを持つ高校があり、やはり倍率高いのですが、3年間は恵まれた環境であっても、卒業後ってどうなんでしょう。

  

« ファイナル!CoSTEP第5期受講生募集 | トップページ | こんなマスクがあったとは! »

コメント

 阪大ではすでに「国際科学オリンピック」出場者の無試験入試をやっていますし、東北大も2011年から無試験を検討しているそうです。あくまでも広告塔としての特別枠という感じはしますが、大学も生き残りをかけて「話題作り」に必死というところもありますから、これからも増えると思います。

5号館のつぶやきさま
なるほど、学生から見ても、難易度高い入試で選抜され、特化した教育を受けた「甲斐」があったということになりそうなのですね。上記の高校は、アドバイザーに入っている先生の面々や特別枠を見ると、横浜市立大の学生確保のための高校とも見れます。こういう生き残り方もありですね。(笑)

旭川にも理数科の高校があったような。
当時、倍率が低い(欠員2名)にもかかわらず私は不合格でしたけど。

でも、なんだかんだ科学離れ云々とか言うけど、こういう科が人気が出ているところを見ると、子供たちの現場はそうでもないのかもしれないとか思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/44596881

この記事へのトラックバック一覧です: 理数科高校:

« ファイナル!CoSTEP第5期受講生募集 | トップページ | こんなマスクがあったとは! »