crossline

« 帰って | トップページ | やっぱスープカレー »

アート巡礼ミニレポート

clover 国立西洋美術館(上野)
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

フェルメール、レンブラント、ルーベンス、、、油っこい絵画でおなかいっぱい。その上、ひともいっぱい。音声ガイドに助けられ。


clover 東京都美術館(上野)
生活と芸術 -アーツ&クラフツ展

時代背景、デザイン運動、民芸運動などの予備知識があるともっとよかったかも。不勉強であいすみません。


clover 東京都写真美術館(恵比寿)
野町和嘉写真展「聖地巡礼」

たまたま先日のインタビューで、イスラームの聖地巡礼を研究されている先生のお話を聞いたばかりだったので、人々の巡礼というミッションへの焦がれ方が、いかなる宗教においても共通することを確かめる機会となりました。聖地巡礼が苦行であることは言うまでもありませんが、自らの信仰の証を確認するための旅なのだから、容易いことではいけないのですよね。


clover 東京都写真美術館(恵比寿)
やなぎみわ マイ・グランドマザー

写真家のやなぎみわさんは、創作ストーリーを設定して撮影する方らしい。今回のは、若い女性の50年後を想定したストーリーをつくり、特殊メイクした老女を撮ったシリーズ。老いた顔に対して、20代のままのスピリットと50年の重みが交差するフシギな面白さがありました。キャプションがうまい。


clover 国立新美術館(六本木)
ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

「美術のなかの子ども」を切り口にして、ルーヴルの絵画、彫刻、古代の工芸品などを紹介している。時代や宗教、習慣、個々による子どもの捉え方の違いが余日に美術品に現れているのが興味深かったですねぇ。音声ガイドさまさまでした。
バリアフリーを意識してか、展示解説が低い位置にあった。が、これは混んでいるときには最前列の人にしか見えず、それを読もうとする人で展示品横に渋滞が起きるという悪循環を引き起こしていた。ちょっと高い位置にも同じものを表示させるか、展示品説明を表示させるパネルのようなものを個々に持たせてくれたらいいのになーー、そんなもの開発してほしいにゃーとか思ったのでした。


clover 国立新美術館(六本木)
アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち

国立新美術館の学芸員さんが毎年セレクトした作家さん9人の展示。これは表現形態にインスパイヤーされるものがあり、とっても楽しめました。実は予定になかったのですが、「ついで」に行ってみたら、大当たりでした。

国立新美術館自体、はじめて行きました。六本木の喧騒からちょっと離れた静かなところでした。日のあたりぐあいで刻々と表情を変えるガラスの壁面がきれいでした。


clover 東京ミッドタウン サントリー美術館(六本木)
「一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子」展

サントリー美術館の数々の収集品に加えて、個人所蔵品も数多く展示されていました。薩摩切子は芸術と科学技術の接点を考えるテーマとしておもしろいですよねぇ。ライティング、展示品の間隔、空間構成、お見事でした!!! 解説がいらない「美しいものは美しい」の世界。


clover 東京ミッドタウン フジフィルムスクエア(六本木)
写真で旅する世界遺産 第二部:文化遺産編

こういうの見ると、行きたくなっちゃのですが、行くともっと俗っぽい雰囲気だったりして、写真で見るような神聖さがかき消されたりして・・・。写真見て、あこがれているうちがいいのかも、なーんて。


と、アートな二日間でした。まだまだいろいろ惹かれる美術館や催し物もあったり、あと時期的に合わなかったものもあったりと、心残りもありますが、年度末の恐ろしい時期に3日間も休ませていただいたこと(無理やりですけどね)を思えば、贅沢な東京巡礼でした。

 さて、今回のポイントは、ひとつは、音声ガイドの活用でした。少なくともルーブルなど基礎知識があるとより一層楽しめるものってあります。音声ガイドも俳優さんを使ったり、演出がされていたりと、楽しみ方が工夫されています。

 もうひとつは、月曜日でもやっている美術館の存在です。これまで、東京に行く度に寄りたいと思っていても、月曜日が休みのところが多くて残念な思いをしてきました。今回、六本木界隈は月曜日でもやっている美術館が多く、ほんとありがたかったです。文化施設の年中無休化が望みです。

 東京にいるときは、文化的な環境のありがたみになかなか気づきませんでした。札幌に来てみるとその辺がうらやましかったりします。なので、「これは!」と思ったら、いつでも飛んでいけるようになっていたいなって思い、がんばって働こう!との結論に至りましたとさ。

  

« 帰って | トップページ | やっぱスープカレー »

コメント

怒涛の三日間でしたね。楽しそうでした。
月曜日開いてるっての、どのくらい効果あるんですかね。需要があれば今後検討されるかもしれませんね。
私は札幌から関東近郊に来ていろいろ行けるかと思いきや、意外と行けてません。金曜日の夜の開館もがんばれば行けるかもしれないとは思いつつ。。。

conyさん
仕事抜き、息抜きで行ったので、自由気ままなたびでした。地方から行く場合、土日に金か月をくっつけたくなるので、月は需要あるんじゃないかな。それに、毎週月曜日休まなくたっていいと前々から思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/44518219

この記事へのトラックバック一覧です: アート巡礼ミニレポート:

« 帰って | トップページ | やっぱスープカレー »