crossline

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

やっぱスープカレー

やっぱスープカレー
SPARK

アート巡礼ミニレポート

clover 国立西洋美術館(上野)
ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画

フェルメール、レンブラント、ルーベンス、、、油っこい絵画でおなかいっぱい。その上、ひともいっぱい。音声ガイドに助けられ。


clover 東京都美術館(上野)
生活と芸術 -アーツ&クラフツ展

時代背景、デザイン運動、民芸運動などの予備知識があるともっとよかったかも。不勉強であいすみません。


clover 東京都写真美術館(恵比寿)
野町和嘉写真展「聖地巡礼」

たまたま先日のインタビューで、イスラームの聖地巡礼を研究されている先生のお話を聞いたばかりだったので、人々の巡礼というミッションへの焦がれ方が、いかなる宗教においても共通することを確かめる機会となりました。聖地巡礼が苦行であることは言うまでもありませんが、自らの信仰の証を確認するための旅なのだから、容易いことではいけないのですよね。


clover 東京都写真美術館(恵比寿)
やなぎみわ マイ・グランドマザー

写真家のやなぎみわさんは、創作ストーリーを設定して撮影する方らしい。今回のは、若い女性の50年後を想定したストーリーをつくり、特殊メイクした老女を撮ったシリーズ。老いた顔に対して、20代のままのスピリットと50年の重みが交差するフシギな面白さがありました。キャプションがうまい。


clover 国立新美術館(六本木)
ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち

「美術のなかの子ども」を切り口にして、ルーヴルの絵画、彫刻、古代の工芸品などを紹介している。時代や宗教、習慣、個々による子どもの捉え方の違いが余日に美術品に現れているのが興味深かったですねぇ。音声ガイドさまさまでした。
バリアフリーを意識してか、展示解説が低い位置にあった。が、これは混んでいるときには最前列の人にしか見えず、それを読もうとする人で展示品横に渋滞が起きるという悪循環を引き起こしていた。ちょっと高い位置にも同じものを表示させるか、展示品説明を表示させるパネルのようなものを個々に持たせてくれたらいいのになーー、そんなもの開発してほしいにゃーとか思ったのでした。


clover 国立新美術館(六本木)
アーティスト・ファイル2009 -現代の作家たち

国立新美術館の学芸員さんが毎年セレクトした作家さん9人の展示。これは表現形態にインスパイヤーされるものがあり、とっても楽しめました。実は予定になかったのですが、「ついで」に行ってみたら、大当たりでした。

国立新美術館自体、はじめて行きました。六本木の喧騒からちょっと離れた静かなところでした。日のあたりぐあいで刻々と表情を変えるガラスの壁面がきれいでした。


clover 東京ミッドタウン サントリー美術館(六本木)
「一瞬のきらめき まぼろしの薩摩切子」展

サントリー美術館の数々の収集品に加えて、個人所蔵品も数多く展示されていました。薩摩切子は芸術と科学技術の接点を考えるテーマとしておもしろいですよねぇ。ライティング、展示品の間隔、空間構成、お見事でした!!! 解説がいらない「美しいものは美しい」の世界。


clover 東京ミッドタウン フジフィルムスクエア(六本木)
写真で旅する世界遺産 第二部:文化遺産編

こういうの見ると、行きたくなっちゃのですが、行くともっと俗っぽい雰囲気だったりして、写真で見るような神聖さがかき消されたりして・・・。写真見て、あこがれているうちがいいのかも、なーんて。


と、アートな二日間でした。まだまだいろいろ惹かれる美術館や催し物もあったり、あと時期的に合わなかったものもあったりと、心残りもありますが、年度末の恐ろしい時期に3日間も休ませていただいたこと(無理やりですけどね)を思えば、贅沢な東京巡礼でした。

 さて、今回のポイントは、ひとつは、音声ガイドの活用でした。少なくともルーブルなど基礎知識があるとより一層楽しめるものってあります。音声ガイドも俳優さんを使ったり、演出がされていたりと、楽しみ方が工夫されています。

 もうひとつは、月曜日でもやっている美術館の存在です。これまで、東京に行く度に寄りたいと思っていても、月曜日が休みのところが多くて残念な思いをしてきました。今回、六本木界隈は月曜日でもやっている美術館が多く、ほんとありがたかったです。文化施設の年中無休化が望みです。

 東京にいるときは、文化的な環境のありがたみになかなか気づきませんでした。札幌に来てみるとその辺がうらやましかったりします。なので、「これは!」と思ったら、いつでも飛んでいけるようになっていたいなって思い、がんばって働こう!との結論に至りましたとさ。

  

帰って

帰って

はは、帰る。

はは、帰る。
春休みみごと終了。

制覇

制覇
二日で八展示

もひとつ

もひとつ

まだまだ

まだまだ

おやつ??

おやつ??

当たりでした

当たりでした

もうひとつのLouvre

もうひとつのLouvre

行動開始

行動開始

写美2F

写美2F

写美B1

写美B1

おやつの時間

おやつの時間

生活と芸術

生活と芸術

桜咲く上野

桜咲く上野

まずLouvreから

まずLouvreから
相変わらず人が多いのー。入るまでが長いのー。

東京湾を渡って

東京湾を渡って

そう、そう、そう!

 confident付箋つけちゃいました。



 井上は『バガボンド』11巻のあとがきで、こう語っている。

「描けば描くほど、

 進めば進むほど、

 見えてくるのは

 足りないものだったりする」



 confident くーーーーーー!!!私ごときで申し訳ないですけど、「共感」しまっす。



「非常に面倒くさいことをして、

やっと本当のことが伝わるのだな

と。 今、 描き終えて、そう実感し

ています」

井上雄彦が語った言葉。



 confidentそうなんすよーーー。


HASTIC春休み宇宙教室

春休み宇宙教室があります。遊びに来てくださーーい!!

小中学生のみなさま、保護者のみなさま、ご興味のある方、ふるってご参加ください。

日時:2009年4月4日(土)13:00~16:00(12:15開場)

会場:共済ホール(札幌市中央区北4西1 札幌駅から2分)

HASTIC会員の私もM姫もお手伝い(進行)しまーーす! ←けなげな会員なのだ

みなさま~!!!遊びに来てください。
(現在お申し込み200人ぐらいかな?まだまだ大丈夫、開場ひろーーいので。大人だけでも楽しめますよ。)


shine宇宙教室プログラムshine

開場時間から会場ではJAXAの宇宙映像も流します。
開場には宇宙服の試着、CAMUIロケットの展示などもありますよ!

13:05~13:20
★ shine宇宙お宝鑑定団 ★
「日本一の宇宙博士」の的川先生、「ロケット作りの匠」の植松さん、
そして、「CAMUIロケット開発者」の永田先生が
それぞれ大切にしているお宝を見せてもらいましょう。
どんな思い出があるのかな?

13:20~14:15
★ shine植松努さんのお話 ★
「君にもできる宇宙開発、思うは招く」(40分)
植松さんに質問もしてみよう(15分)

14:15~14:30
休み時間(15分)

14:30~14:45
★ shineロケットクイズ ★
君のミッションは、ロケットをつくり、それを宇宙に飛ばすことだよ。
このクイズに答えて、君のロケットを完成させよう。賞品もあります!

14:45~15:40
★ shine的川泰宣先生のお話 ★
「宇宙と子どもたち」(40分)
的川先生に質問してみよう(15分)

みんなでつくる北海道の宇宙開発のこれから

16:00 閉会

お申し込みは、
往復はがきかメールで

〒、住所、学校名、学年、電話番号、同伴保護者氏名を書いて、
〒001-0010 札幌市北区北10条西4丁目
赤いマンション北大前301号室 HASTIC宛

もしくは、office@hastic.jp  へ

主催:NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTICハスティック)
後援:北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会、札幌市青少年科学館
協力:NPO法人子ども・宇宙・未来の会、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、カムイスペースワークス(CSW)

何免許がいるんでしょ?

 単純に、

 これ、いい!ほすぃー


 でも、普通免許じゃだめね、きっと。


 空飛ぶ自動車「Transition」(CNET JAPAN)


 こんなの増えたら、それはそれで困るわね。(笑)

ゲンカイ的ヒロウ

 近くに買い物に行って、自転車忘れて、歩いて帰ってきた。


 ちょっと、きているかも・・・shock


moneybag 本日の衝動買い。1000円なりぃ~

51m1wiulnel__sl500_aa240__2

去年、上野に見に行きたかった・・・

『最後のマンガ展』

熊本版は4月11日~6月14日だとか。

いいなぁ・・・・




tv 先週の金曜日夜に偶然見て、weepぐっときたドラマ。

 ゴーストタウンの花

 まだこれから放送される地域もあるようですから、ぜひチェックを!



tulip さて、今度の土、日、月は、無理やり春休みすることにしました。

単純に、東京で美術館、写真美術館館巡りぃ~shoe どっぷりと。

ガス抜き、毒抜き、息抜き・・・まだ「きているかも~」感が麻痺してないうちに休まないと、、自分でコントロールできるうちにねと思いまして。といってもデジタルフリーにはなれないな。

各々方、御免!

一足先に花見cherryblossomもできるかな?

   

旅立ち

 卒業式ですね。

 卒業・修了されるみなさま、おめでとうございます。

 ほとんどの方が道外に行かれるのでしょうね。

 なかなか地元に人材が残りませんな~(虚)

 大きくなって、帰っておいでよ~(鮭かっ?)


 私も23年間、回遊して戻ってきました。あはっ。


  

春休みがやってくる(恐)

 ついこの間、冬休みが終わったと思ったら、明日終業式だとさ。

 春休み?がーーーん!!

 お子らよ、勝手に遊んでくれーー!!

 まあ、お兄ちゃんは連日バスケだろうけど。

 あーー通知表見たくなーーい。


 現実から一番逃げたいと思っているのは母でした。

簡単、メモリー増設ぅ~

 AdobeのMaster Collectionを全部入れて、イラレを使おうとしたら、

 やっぱり・・・・鈍い!ともすれば・・・フリーズ・・・。゜゜(´□`。)°゜。

 こりゃー、メモリー増設するしかないとの結論に至り、どれを買って、どうすればいいんだろうと探していたら、とってもご親切なサイトを見つけました。さすがですね、モノを売る気があるよって感じ。

 I・O DATA メモリー製品 対応メモリー検索

 自分のパソコンの型番・モデル名を入力すれば、それに対応するメモリーを教えてくれます。規格とかわからなくてもこれでお目当てのモノがわかります。

 メモリー増設で快適!のページでは、CPU=料理する人、メモリー=まな板、HD=冷蔵庫と表現されていて、おーーわかりやすい表現じゃーと感心。というわけで、まな板を広くして、調理効率を上げようということです。

 うちのVAIO君はオーダー時にメモリー増設していたので、あと何枚入るのかフタをあけて一応確かめました。ドライバーで2本のネジを取れば、ぱかっと開きます。コンセントは抜いておきましょうね。

ぱかっとあけて、ホコリをとりました。
Dscf3317

 メモリーの取り付けの解説もここを見れば大丈夫!とっても簡単happy01

 実はカンタン!メモリーの取り付け方法


メモリーはこちら。
Dscf3319

これをここに挿しこむだけ。
Dscf3318


 メモリー増設はとってもカンタンなのですが、フタをあけてみると溜まっているホコリが気になり、掃除したくなり、ついつい念入りにしてしまい時間かけちゃいました。(お掃除するときは電子機器類に注意して)

 さて、メモリー増設で、かなり快適になりました。砂時計の待ち時間が解消されてスムーズ。イラレもさくっと動くようです。それでも、あんまりタフなことはさせられませんけどね。とりあえず、よかった、よかった。

 と、言っても、メモリー代が出費じゃのー。

 おまけ・・・意外と安い、アマゾン。

   

出費・・大きい

 AdobeのソフトをCS4にバージョンアップ。うちのFw、Dwはmacromediaが買収される前のバージョンですから、今回のバージョンアップでAdobe版として一新されたものが入りました。(やっと)
 それにしても、インストールに4時間以上って・・・どんだけでかいんじゃー!

 まあ、そうそうたるおりこうなソフトだし、大工さんの道具箱のごとく、無いとまったく仕事になんねぇーという代物ですから、何年かに一度はきちんと揃えてあげないとね。

 しっかし、17本全部なんて使いこなせたら気持ちいいだろうなー。
 まだ、イラレの新しい操作パネルにドギマギしている場合なんですけどね。


Adobe Creative Suite 4
Master Collection


518fjy5qy7l__sl500_aa280_

新しいサイエンスカフェ、はじめます

というCoSTEPニュースが出ているように、先日グランドオープンした三省堂札幌店で5月8日(金)から、新しいサイエンスカフェシリーズが始まります。

 紀伊國屋札幌本店さんと同様、CoSTEPの受講生の方々の実習の場となり、こちらはこちらで新たな挑戦もされていくようです。くわしくはCoSTEPニュースで
 紀伊國屋さんの方は毎月ですが、三省堂さんの方は毎月行われるサイエンスカフェのうちの半分ぐらいの回数を担当するとのこと。他の会は三省堂さんオリジナルのカフェとなります。

 5月8日(金)は『進化から見た病気』の著者である栃内 新さん(北海道大学の教員)と、その本のイラストを描いた楢木佑佳さん(北海道大学の大学院生)がゲスト。ファシリテーションは僭越ながら私がやらせてもらいます。栃内さんとの組み合わせはこれで3回目ですね。

 「本」の存在を活かしたコミュニケーションにトライしてみたいと思っていますので、「何がはじまるんだろう?」と興味を持たれた方は、ぜひお申し込みください。(なんと先着30名という仕組みなんだとか・・・申込み方法がちょっとザンネン)

 shine記念shineすべき初回にぜひご参加ください!!

 お申し込みはこちらから

 翌日のCoSTEP開講式にご出席の方も!
 
(受講がまだ決まってないか・・・・)

使えるネット上のマインドマップ

 何気に探しておりました。

 ソフト買っても、相手やグループみんなが持ってないと意味ないし。

 ネット上で、フリーで使えるマインドマップ。

 それも高機能、使いやすいっていう優れものを。


 これ、いいかも~。

 MINDOMO

 イギリス製

 早速、登録してみましたー。

 フリーの欠点は、つくれるのが7マップまでってことかしら。
 (パブリックなら無制限)

 7つも同時にプロジェクト動かさないよというならこれで十分。
 

 マインドマップ共有も簡単。

 「マインドマップフリーソフト5つまとめて比較」でも、オススメされてました。

  
 

文系科学技術コミュニケーターみたいな

 毎週水曜日恒例となってますインタビューも、やっと折り返し地点。本日の先生は、美学に、易哲学に、アメリカ史ですよ。この文字見てると、理系ちゃうやん、科学技術コミュニケーターが何やりはじめたんや?と思われるかしら。ところがどっこい状態で、自分でも驚きの発見がざっくざっく。

 ただいま、文系科学技術コミュニケーターってとこですかね。(他の案件では、バリバリ理系もやってますけどね)

 対岸から、理系社会を見るとでもいいましょうか、、、人間のありようの根源的な表現に出会うとでもいいましょうか、、、客観的にもなれ、俯瞰的にもなれ、、、理系島からちょっと旅に出ているといった気分です。

 学問の源はつながっているんだなーとか、同じことでも文脈が違えばこうも違う話になるんだなーなどと、今さらながらに悟りの境地です。


 本日のスーパー偉人さん・・・蘇秦(そしん)@中国戦国時代 縦横家(←これコミュニケーターって読めない?)

 今日、はじめて知ったんですけどね、こういう人がいたなんて。っていうか、その偉人っぷりに気がついた先生にインタビューしていたわけです!

 蘇秦の話でカフェやりたいとか思っちゃいました。歴史カフェ、哲学カフェ(こちらはもともとあるけど)、芸術カフェ、、、少人数で聞くインタビューで終わらせてはもったいないのよね。

  

ペラペラしているインターフェース

 昨晩は、アラサーの会におじゃましました。というか、気がつけば、私以外全員がアラサーだったというだけのことです。はい。

 ブレストのプリンスがいらっしゃったので、話題がスカッシュの如く立体的にポンポンと跳ねながらのおしゃべりとなりました。その中で今日になってもずっと引きずって考えているのが、「新たな雑誌メディアは可能か?」です。

 文字や写真を紙に印刷して綴じているもの。雑誌も本もそれですが、さらに広告も一緒に売っている点と、週刊や月刊、季刊といった定期出版の形態と、あと読み捨てるというところが、雑誌の特徴でしょうか。

 WEBに押されているとは言え、WEBに取って代わられるまではいかない理由って何かしらと考えてみると、私はあのペラペラ感に行き着きます。そう、パソコンだとか電子ブックといったインターフェースでは味わえないペラペラ感!(本も新聞もそうなんですけどね)

 読むともなしに、雑誌をペラペラするのって気持ちがいいんです。

 で、途端に話が飛躍するのですが、

 ペラペラ感のあるインターフェースをつくれないかしらと。

 それが1冊あれば、あとは携帯でもつないでデータを買えば様々な雑誌に変身できるみたいな。紙も、流通も、本屋さんに行く手間も要らないみたいな。

 電子ペーパーっていうのが今度発売されるようなのですが、電子ブックの大きい版って感じで、ペラペラしてないんですよ。惜しい!

 有機ELさんとか、高分子膜さんとかがんばっているようなので、そのうち何枚もが綴じられているペラペラしたものができることを期待してまーーす。(紙の束に電子インターフェースが二枚だけ紛れていてもいいのかもしれないけど、ちょっとなーーー)

 もう一案は、雑誌の形をした真っ白い紙の束に、メガネの横に付けたプロジェクターから投影されるっていうもの。ページをめくる動作に反応して、投影されるページも変化する。ペラペラする動作にも反応してペラペラした画面が映る。なんかデジスタのインタラクティブ部門にでも出展されそうなアイデアだけど。

 この「ポータブル空港」の動画の最初に出てくるファッション雑誌がその先を行ってますけど。

 ぜんぜん、雑誌の中身の話に至りませんなー。

 

ロケット、どちらも打ち上げ成功ですって

 若田さんを乗せたスペースシャトルは無事飛んだようです。

 ところで、大樹町の方はどうですかねぇ。


 現地のカムイスペースワークスさーーん、そちらの状況をお願いします。


 ・・・・・・・・


 ネットニュースで見てみましょう。成功した模様です!

 カムイの打ち上げ実験成功(毎日新聞)

 道産ロケットでエンジン実験 JAXAと北大、打ち上げに成功(日経新聞)

 【写真付き】小型ロケット「カムイ」飛行実験 大樹町 北大と宇宙機構が委託(道新)


 あとは、こちらも写真付き。ほんとだー、エジェクタ付いてるぅ。

 新エンジン開発に向け飛行実験  小型ロケット使い北海道で(共同通信)

 JAXAのプレスリリース 青い海と空をバックにステキheart01


 勝手に札幌で祝杯beerあげておきまーーす!

人に勧めておいて

 昨日のCoSTEP成果発表のポスター展示に、「今までの活躍とこれからの活躍予定を出しなよ!」とM姫に勧めた(そそのかした)私ですが、自分は出しておりません。

 実はポスター発表とかブース発表とかが苦手です。行って声をかけるのも苦手。ついつい知っている人のところで時間つぶしてしまいます。

 ホントに奥手なので、知らない人に声がかけられません。(これ、昨日の飲み会で説明しても誰も信じてくれませんでした・・・weep

 ハウスマヌカンさんがいるようなお店も苦手。寄ってこられると、逃げたりします。合コンなんてとんでもない。ユメミルだけです。知らない人が集まるパーティとか懇親会とかもダメ。

 簡単に言うと、人見知りなんですよ。

 どきどきして、うまく話せない自分がいやーーんなのです。ただし、腹をくくれれば180度変身できるんですけどね。例えば、誰かのためにとかならがんばれる。

 せめてひとさまのポスター展示を楽しめるこつとかあったら教えてください。

  

理系女子の話題

R25.ipで理系女子についての記事が載ってました。

理系女子ってちょっとユニーク?

「理系女子は控えめ・・」には異論ありますけどね。happy02


昔、理系女子、今、理系オバサンwink

CoSTEP成果発表&修了式【追記あり】

 CoSTEP4期生の皆さんが修了ということで、この一年の成果発表と修了式が3月14日に行われました。会場となる理学部講堂の裏手では4期生、修了生のポスター発表もありました。

 成果発表を見ると、毎年、毎年、修了されたみなさん、それを支えられた教員、職員の皆さんにはお疲れ様でしたと声をかけたくなります。が、年々知っている方々や関わりのある方々が少なくなり、今年はもう、かなり遠ーーーーくの方から、「お疲れさまっす!これからもがんばってください」とつぶやきを送ったという感じでした。

 とは言っても、2期生、3期生の方々と知り合ったり、話せるようになったりしたのは、むしろ修了されてからでした。例えば、環境サスペンスとか、イベントとか、諸々の現場で出会い、互いに実習から実践にシフトしてきたことを思うと、4期生のみなさんともこれから出会う機会があるのかもしれませんね。


 さて、昨日の会の題名が「成長する道具箱」というとおり、コミュニケーターの素養、テクニックが向上されていてる様子がわかりました。ただ、一方、科学技術である意味が薄かったように思いました。まあ、自明のことなので省かれたのかもしれませんね。

 私のこの3年半で見つけたことに、「科学技術+コミュニケーター=科学技術コミュニケーター」というより、「科学技術×コミュニケーター=科学技術コミュニケーター」というのがあります。自分の日々を考えると、コミュニケーションのツールを使うにしても、テクニックを駆使するにしても、科学技術なりの、科学技術だからこその難しさをいかに乗り越えるのかが求められています。だから、自分が受講した半年間が、分野を問わないコミュニケーターではなく、科学技術コミュニケーターの養成だったのだと納得することがとても多いのです。

 ただ、出口を考えると一見狭い領域でしか活躍できない人よりも、科学技術の分野だけでなく広い範囲のコミュニケーターとして活躍できる人を輩出したほうがいいのかもしれません。今年は、そちらに少し向いたのかしらと昨日を見る限りは思ってしまいました。違っていたらごめんなさい。

 ついこの間、自分の名刺から科学技術の文字取っちゃって、コミュニケーターだけにしちゃおうかしらと思ったことを棚に揚げて言ってますけどね。coldsweats01

 でも、昨日、思いましたね!
 科学技術コミュニケーターがどんなに希少になろうとも、すでに「もう流行んないよね~」とか言われても、もっとスマートな名称が出来たとしても、必要性と理念をベタに現している科学技術コミュニケーターという名前は大切にしようって。長い説明が必要な方がいいことだってあるんじゃないかしら。

 うん!

 だから!

 やっぱり!

 科学技術コミュニケーター!!


【追記】
 最近の実感として、、、

 科学技術コミュニケーターという一見専門的なことをやっていても、分野の違うコミュニケーションの場でも活躍できると思います。科学技術という専門性の高い仕組みや表現を切り崩せる能力は、理系文系に関係がなく応用性があります。
 なので、科学技術にどっぷり軸足をおいて学ぶのはいいんじゃないかしらねぇ。

  

おすすめ科学の本に書評が載りました

 CoSTEPの「おすすめ科学の本」のコーナーに、『進化から見た病気 「ダーウィン医学」のすすめ』栃内新著、講談社ブルーバックスの書評が3月14日付けで載りました。私が書評を本格的に書いたのは初めてでっす!sugiさま、ご指導ありがとうございました。

 なんで書くことになったかと言いますと、

 4月から札幌の三省堂さんで、サイエンスカフェが始まるのですが、2回目の5月8日(金)はCoSTEPが担当する第1回目です。(紀伊國屋さんのも続きますが、三省堂さんでも始めるのです) その第1回目のファシリテーションを私がすることになりました。

 ゲストは、この本を書かれた栃内新さん(先生と呼ばない練習)と、イラストを描かれた楢木佑佳さんです。これまでの紀伊國屋でのサイエンスカフェとの違いは、本にまつわる人をゲストにお呼びしていこうという点です。(全部の回ではありませんが)
 著者だったり、編集者だったりをお呼びして、本の話題でサイエンスカフェをするという、ブックカフェのコンセプトに近いものです。

 ただし、CoSTEPの教育プログラムとしてはサイエンスカフェが終着点ではなく、本を探すところから始まり、その本の書評をライティングする、関係者を招いてサイエンスカフェを行い、ファシリテーションをする、それを録音して、ポッドキャスティング配信するという、これまで別々だった実習をコラボレーションして体験できるという点が新しいところです。

 さて、その第1回目となる5月8日は、まだ5期生がいないというのと、4期生が修了しているという狭間なため、めぐりめぐって私が実験台になって、sugiさま直々にご指導を受けてプレ実習しているというわけです。5期生の方々が受講するころには、教育プログラムとして整っていることでしょう。

 ちょうど私が修了して3年経ちますから、免許更新講習受けているような感じです。(笑)
 新鮮な発見もあって、面白いです。

  

おいくら蔓延?

 えーーと、65歳以上1名、18歳以下2名、その他2名。

 これでおいくら万円?

 84,000円なり~


 壊れかけた炊飯器の買い替えと、お子らの靴、長男君の制服のズボン、、、

 うーーん、自転車には届かず。

 ましてや、一眼レフには疾うにおよばず。

 こんなウキヨバナレしてない、もともと買わないといけなかったものを買っても、マクロに見れば景気対策になるのかしら?銀行から下ろそうと思っていたお金が、銀行にプールされる(=貯金?)というだけで、先が見えない(入る予定がない)人にとっても、これで消費という行為が促進されるのかしら。こういう時に社会心理学×経済学の出番よね。あーー、この前のインタビューの時に質問すればよかった!しまった!

 風が吹いても、まったく関係のない桶屋にも影響が出るのはいつのことか。個人消費とは直接無縁だもんな・・・。この際、株でもつくって売ろうかしら。(いいねぇ!)happy02

  

Science Angel Book

 東北大学 女性研究者育成支援推進室の皆様

 Science Angel Bookを拝受いたしました。

 あまりのかわいさに、プロジェクトに関わられた皆様の突き抜けた思いを感じました。中身を見ると、とても充実した3年間だったことが読み取れました。こうしてScience Angelのご活躍をまとめて振り返ってみると、その功績の大きさ、斬新さに驚きます。Angelのみなさんだけでなく、それをサポートされた方々も心をひとつにされていたのでしょう。だから、最後の最後にこんなステキなBookができたのですね。その温かみと一緒にびわさんの顔が思い浮かび、つい目頭が熱くなりました。weep
 プロジェクト終了の報告書にありがちな見栄もなく、ありのままの実績を素直な感性で表現されていることが何より気持ちよかったです。

 企画力アップセミナーの講師に呼んでいただいて、一瞬でも関われたことをとてもうれしく感じています。みなさんのこれからの羽ばたきがとても楽しみです。ほんとに!!

 ステキな女性研究者になって、社会に、後輩育成に貢献されますことを願っています。


 ほんと、ステキなBookを、ありがとうございました。


 あーー、これで感慨にふけっている様では、CoSTEP終了の時には、一週間ぐらい大泣きcryingするんじゃなかろか・・・


Dscf3271

Dscf3264

Dscf3266

 

ロケット打ち上げ2本

 こちらは延期しちゃってます。

317860main_image_1301_800600

スペースシャトル:若田さん搭乗・ディスカバリー、また打ち上げ延期 配管でガス漏れ

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)吉富裕倫】米航空宇宙局(NASA)は11日、日本人初の長期宇宙滞在を目指す若田光一宇宙飛行士(45)が搭乗するスペースシャトル「ディスカバリー」の打ち上げを延期すると発表した。

 外部燃料タンクへの燃料注入中にガス漏れが見つかったためで、NASAは15日(日本時間16日)の打ち上げを目指す。

 シャトルの外部燃料タンクには11日昼から液体酸素と液体水素の注入が始まった。しかし、液体水素の充てんを98%終えた時点で、タンク内の圧力を一定に保つため気化した水素ガスを外に逃がす管への接続部分からガス漏れが発生した。

 若田さんは00年のシャトル打ち上げでも当日延期が3回あり、今回で4度目の当日延期となった。


 こちらは順調でしょうねぇ、きっと。
 延期で同じ日に打ち上げることになっちゃいそうですね。あはっ!happy02

 CAMUI(カムイ)型ハイブリッドロケットによるエジェクタ飛行実験予告 (2009.3.5)

NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と北海道大学が共同研究を進めているエジェクタロケットの亜音速飛行実験を、3月16日(月)に北海道大樹町において実施します。CAMUI型ハイブリッドロケットが飛行環境試験に利用されるのは今回が初めてです。


 高圧ガス免許、いつか役に立てたいよな~bearing

  

人間とは何か?その問を発する人間とは何か?

 生まれてこのかた、一度も使ったことのない脳細胞(そんなもんが存在するかは知らないけど)が、ぎいーーーと音を立てて起き上がったかと思ったら、倒れてバラバラに壊れて、吹っ飛んだって感じ。

 思考の世界で「自己拘束を開放」は無限なのかもしれん。いや、その思考自体が自己拘束なのではないか?・・・・壊れていく・・・自己・・・そして、保身・・・

 モラトリアムなtyphoon体験であった。


 それにしても、ニーチェを持ち出して揺さぶりに挑んだ自分が笑っちゃうほど浅はかだったshockと反省した、本日のインタビューでした。

宇宙実験考えるのは、いと楽し

 あっちも、こっちも、メール返信すらも、筆が進まない中、時計台の斜め前にある某新聞社へ行って来ました。

 新聞社とHASTICが子どもたちから募集した「無重力実験のアイデア」の最終選考会の審査員の一人をしてきました。非専門家の立場ってことで急に呼ばれたのでした~。coldsweats01

 ユニークでありながら、宇宙で、機内で、限られたスペースと時間で、実験可能でなくちゃとなると、非常に絞られてしまうのですが、そこを実験装置側の工夫でなんとか広げられないかと審査員側も知恵を出しました。さらに、世界初で、北海道らしさも盛り込んでと、演出まで考えると、膨大な条件の演算処理が要求されました。行き過ぎると審査員のアイデアになっちゃいますしね。(笑)

 意外と私の方が現実的な思考するのに対して、専門のI先生の方がロマンを大切にされていたのが印象的でした。実験装置をつくることになるであろうF先生は頭抱えていたり・・・

 さて、来年か、再来年、最優秀のアイデアが、実際に宇宙で実験されるそうで、今からとっても楽しみです!

思いの丈

を込めました。

提案書のファイルに合掌。

「この思い、届け!届いてくれ!」


北海道の未来(あした)のために、

こんなに燃えたのも、

こんなにおじさまたちに言いたいこと言ったのも、(すみません)

こんなにねばったのも、

北海道が好きだからです!


と、いつのまにか、まんまと心を突き動かされ、最後までやりきりました。(笑)

いい企画になりました!!!!

思い残すことはございません。


さーーて、残る2本、書きますか~・・・crying

  

絶望的なスケジュールの中で、

 ぎゃーー、原稿書けないよ~!

 そんな時はイヤフォンでがんがん好きな曲を頭に流し込み、大声で歌ってみたりします。

 長男君のCDを借りて。


 Greeeen 歩み

51bxwvaiiyl__sl500_aa240_

ディアゴスティーニも驚く?

 本日の気になったニュース。
 “哲”子heart02、あっ、違った! (←確信犯) 鉄子のconyさん、買ったかな?

「日本鉄道旅行地図帳」が100万部超え
5月に「乗りつぶしノート」も

 「あったらいいな。ほしいな」を形にしたら、売れに売れたというわけですな。

 1冊を100万部売るのは大変だが、10万人に12冊であればとな。ディアゴスティーニとはちょいと違うけど、でもシリーズで買いたくなる心理をついているところは同じなのでは。

 鉄でない私でも、ちょっと興味湧くもん、これ。

 それに乗りつぶしノートなんて楽しそう。私も書き込んでみようかしら。けっこう、いろんなところ行ってますよ。

 

くりえいてぃぶな週末だった?

 ♪くれーーなずむーーーまちのぉ~♪

 こんばんわ タケダ徹夜です。

 またも、夕べから今日の昼まで、12時間ほどパソコンの前で唸っていました。


 ドーピングとして、安売りのエスカップを飲み。

 コーヒーに、炭酸水・・・おなかタプタプです。


 くりえいてぃぶなことって、出来てしまえば、なんでこんなに時間かかってたんだろうって思いますけど、何もないところからアイデアを出して、それを伝わるように表現するまでって、てぇーへんなんざますのよ。ほんと、「読む側は心して読むように!」と言いたいね。think

 生みの苦しみの中、悩みに悩んで、これだ!と思える“ひと言”が頭に浮かんだときは、実にうれしいものです。そんな苦労も喜びも本人にしかわかんないんですけどね。

 ただですね、あまりに煮詰まると、こういうこと自分にムイテナイんじゃないのかと不安になります。もっと、テキパキとおもしろいこと考えられる人がいるだろうし、自分の出番じゃないんじゃなかろうかとか。。。そんなひとりの葛藤が夜中にあったりするわけです。

 さて、先週からの持ち越しの宿題を土日でやるつもりで、あれもこれも 「すみません、9日に出しますね」と言っていたのですが、その“あれもこれも”の5分の1しか終わっていないという現実を前に、「やっぱ、寝ないと」sleepyという結論に至っております。

 関係各位さま、ごめんなさい。

 月曜の朝にトライしまーーす。あと5分の4。coldsweats01

   

3年度目の馬鹿正直

 3度目の正直ならぬ、3度目の確定申告。

 そして、3年連続、時間と情熱と資本をつぎ込んだ結果に終わりました。計算してくれた隣人さま、ありがとうございました。

 入ってきたお金はきれいさっぱり還元しちゃってました。

 気がつくと、自分の給料も立替も未だ一度ももらおうとしたことがなく。立替が自動的に資本投入となって積まれていっています。

 これを「趣味」と呼ぶのか?coldsweats01 

 個人的公共事業とか?happy02

 どこまで持続できるのか根競べだわ。(何と?)


 さて、こんな状態を言っちゃうと、私のような個人でやる仕事のスタイルは敬遠されちゃうかしら。儲けを出そうと思えば出せるのですが、中途半端な稼ぎは性分じゃないんで。負け惜しみじゃないもーーん。

 しっかり助成された枠組みでやるもよし、大きな組織の中でやるのもよし、または本職を持ちながら、趣味やボランティアで関わるのもよしだと思います。

 でも、そうじゃない新しい道を見つけようという初心のまま、私は今年も行きます!!! だから、どこにも属さないし(こっちがお断りだよって?bleah)、どこからも助成されるつもりもなーし!(くださるものは拒みませんがね)

 てやんでぇー、いつか見ていろ!
 は、はっ、はーーくしょん。鼻水sweat01



 ちなみに私がこんな冒険家でいられるのは、家族やご先祖様や応援してくださるみなさんのおかげです。いろんな形でご恩返しいたしますので、待っていてください。
 とはいえ、ご心配かけないように、4年目はプラスにしよっかな~happy01

  

ブレストで煮詰まったら姫を呼ぼう!

 昨日は昨日で、ワークルームで缶詰状態でした。方向性すら根底からゆれながらも、それでも少しずつ前進が見えたのですが、プロジェクトのネーミングに煮詰まりました。どんなに内容が面白かったり、有意義なことでもネーミングはほんとに大切です。広報の成功はネーミングとキャッチコピーによるところが大きいですし、実行する側のモチベーションにも影響します。

 案の定、夕方頃には疲れて、いいアイデアが浮かばなくなっていたのでした。そこで、最後のアイデアパワーを振り絞って思いついたことは、

「そうだ!!M姫を呼ぼう!」でした。

 丁度、ご本人は朝からメールで「毒」を爆発されていたので、そのパワーをクリエイティブな方に回してもらおうという魂胆です。この場合、まず「毒」から聞いて差し上げることがポイントです。ひとしきり吐いてしまえば、その勢いに乗せて面白いアイデアが次々と出てきます。

 この習性coldsweats01に気がついたのは、今から3年前の春でした。まさにCoSTEPの修了式直後にあるシンポジウムで発表しなくてはならないM姫が、毒とともにスイッチが入り、思いもよらないアイデアを言い出すのを見たときに、これはすごい!と思ったのでした。

 なので、M姫が「毒」を吐こうとしている時が狙い目です。ただ、わざと毒を吐かせようとしたら、逆にえいら目に会いますので、人工的に操作できませんことご承知ください。

 さて、そんなに都合よく来てくださるものなのか、半信半疑でお呼びしましたところ、みぞれ降りしきる暴風雨の中を差し入れまで持って来てくれました。(ほんと、ありがとねー)
 夕飯を関係者4人で一緒に食べたのが夕べのエントリーのスタミナジュージュー定食です。姫さまはもう絶好調でいらして、そのままワークルームに戻りネーミング大会とあいなりました。

 ほんとお呼びしてよかった!!shine
 天才的なすばらしいネーミングflairができました!!!!
 感動ものでした。happy02
 実行部隊のモチベーションも絶好調になりました。

 ほんと助かりました。ありがとうM姫さま!!!!!

  

スタミナジュウジュウ定食

スタミナジュウジュウ定食

私って・・・

 大学の先生のインタビューに行くと、

 こんなこともというマニアックなことを知っている自分と、shinehappy01

 こんなこともというメジャーなことを知らない自分がいることがわかります。weepsweat01


 私の48年間の蓄積と忘却と不勉強が垣間見れる瞬間です。think

 でも、どんな分野でもお話にけっこう付いていけるのが楽しい!これも慣れなのかもなー。

 いやー、単に年をとったせいかな・・・catface

 

  

今日は今日で

 昨日は一日中写真撮影。先生の撮影と、WEBに使う画像の撮影で大学内をあっちこっちと。最後は書庫にこもって、本の撮影。ヘロヘロになってました。

 そして、今日は今日で、インタビュー3本。ほぼ一日中、大学にいました。またもヘロヘロ。

 こうして自分の原稿とか、宿題とか、進まないままに日が過ぎていくのでした。アカン!!

 だけど、先生のインタビューは実に面白い!!ドーパミン出る、出る。

 私が学部生だったら、どの先生の講座に入るかすごく迷っちゃうだろうな。

  

朝から夕方まで

朝から夕方まで
私は大学の一室に設けた出前写真館にいます。今日はWEB用の写真撮影会です。撮るのはもちろんプロのカメラマンの方。

CoSTEPの今年度の成果発表あります

 今年度第4期生の修了式と成果発表会&シンポジウムが、3月14日(土)にあります。

 参加申込み(資料を用意するのに人数把握が必要ですからね)しましょう。

 CoSTEPサイトより

2008年度CoSTEP 成果発表とシンポジウム &修了式

2009年3月14日 に開催。
タイトルは、成長する道具箱 ー4年目の成果を振り返ってー


2008年度 成果発表・シンポジウム・修了式 を以下のように行います。
CoSTEPも発足から4年目を迎え、さらに進化し成長する科学技術コミュニケーター養成の現状と未来をみなさんも目の当たりにしませんか。
参加無料。出席を希望される方は、資料などの用意がありますので、下記リンクよりお申し込みのうえ、ふるってご参加ください。

参加申し込み



2008年度 成果発表とシンポジウム および 修了式

☆成果発表とシンポジウム
成長する道具箱
―CoSTEP4年目の成果をふりかえって―

日時:2009年3月14日(土)11:00~17:30
会場:北海道大学理学部大講堂

11:00 ポスターセッション 第1部
13:00 開会
2008年度の概要説明 杉山滋郎(CoSTEP代表)
成果発表
・ 本科実習(ビジュアルコミュニケーション、新聞コンテンツの制作と活用、キャンパスリソース発信、対話の場の創造)
・ 選科A
・ 選科B
15:10 ポスターセッション 第2部
15:50 シンポジウム
コメンテーター:
川上伸昭氏(文部科学省 大臣官房総務課長)
田中康文氏(ソーシャルライフ・ラボ 代表)
松田朋春氏(ワコールアートセンター チーフプランナー)
森田洋平氏(高エネルギー加速器研究機構 広報室長准教授)
(五十音順)
進行:
渡辺保史(CoSTEP特任准教授)

☆修了式
17:00 CoSTEP修了式
祝辞 佐伯 浩(北海道大学 総長)
修了証授与
17:30 閉会

 

初音ミクちゃんも卒業ソング

 3月になってしまいましたねぇ。卒業や、転勤、転職などお別れの多い月です。

 こんな曲が流行っているそうですよ。

 ネット発、卒業歌人気・・・アイドル“初音ミク”の「桜ノ雨」

 私はミクちゃんが歌っている方が好きだな~

初音ミクちゃんバージョン



この曲をつくってメジャーデビューしたabsorbバージョン

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »