crossline

« えー?!大学にストレス発散部屋ですって | トップページ | あるコンサルの苦悩 »

その道のプロってすごい!

 今やっているWEB制作のお仕事で、インタビュー記事を載せるというのがあり、先週から毎週水曜日に大学の先生のお話を聞きに行っています。一人の先生に対して聞きに行くのは3人。クライアント側からお一人、プロのライターさんお一人、全体のディレクションの私という三人です。昨日もお二人の先生を訪ねて聞いてきました。

 今までですと、ディレクションもライティングも自分がやるとか、ライティングだけ素人の方もしくはセミプロの方とかだったのですが、今回初めて人物紹介のプロ!!の方にお願いして一緒に仕事をしています。この方がすごい!!!「プロのライターとは」をまざまざと見せてくださり、勉強になっています。

 人物紹介を得意とされているだけあって、インタビューからして違います。極意のひとつかなと思うのが、「聞き過ぎない」です。ノンフィクション小説を書くわけではないので、とても短い文章で紹介するのに足る分量+α程度をインタビューされます。(私は自分の興味からついつい聞き過ぎていると反省)

 それから、インタビューがとってもお上手。みるみる先生が気持ちよくなってお話されていくのです。質問の仕方は短く本質のみを口にし、自分の意見や思いつきなどは話しません。それでいて、ちょっとしたリアクションは外さないし、ちゃんとリードされていく。(私はサービス精神旺盛でリアクションが多い方かもしれないと反省)

 事前資料を必ず一週間前までにクライアントからいただいて、目を通しておいていただけるようにしているのですが、大量の資料の中からでも、先生の得意そうなところを見つけるセンスと読解力も長けていらっしゃると思いました。(私はさらにその周辺のことを調べないとわからないことが多い。下地が違うんだろうなーと反省。これは量をこなして身に付くもの。経験積むしかないのよね)

 そして、インタビューの最後に「では、まとめますと、*****・・・・*****ですね」と、すでに原稿ができあがったかのように一時間ほどのインタビューをまとめて、先生に確認をとられるのです。w(゚o゚)w
 そこで話し残したなと思うことがあると、先生はさらに話しますし、それで十分だなと思われるとそれでインタビューは終了です。(原稿のできあがりを想定しながらメモをとっていらっしゃることを発見。私は聞いたままをだらだらと書いていたと反省)

 圧巻!ですよ。実にスマート!!締切厳守(というか早め、早め)で、できあがってきた文章は実に読みやすく、よくぞあの大量の情報をコンパクトにまとめてくださった!!と感涙モノです。先生に確認してもらってもほとんど手が入らずあっさり完了。
 こういう方の仕事に予算を寄せてくるのは正解だと思いましたね。ディレクションとしてはここだけは間違っていなかったなと・・・(笑)

 この方がライティングの講師されたら、絶対勉強に行っちゃう。ご紹介してくださったNさん、ありがとうございます。

  

« えー?!大学にストレス発散部屋ですって | トップページ | あるコンサルの苦悩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/44180671

この記事へのトラックバック一覧です: その道のプロってすごい!:

« えー?!大学にストレス発散部屋ですって | トップページ | あるコンサルの苦悩 »