crossline

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

月と金星

 西の空、三日月と金星がきれいです。

 なんか、こんな国旗があったよね。coldsweats01

ネットでライブ・・ディスカバリー号打ち上げ

ディスカバリー号のライブ中継がネットで見れるらしい。

若田宇宙飛行士搭乗
スペースシャトル「ディスカバリー号」打ち上げ
ライブ中継決定!

打上げは3月12日。ドッキングは3月14日。どっちも見たいにゃ~

ところで、このサイトの隅っこにある動画集・・・なかなか見ごたえあり。

憂鬱のプレゼント

 前の記事はひと様の苦悩でしたが、本日は私の憂鬱です。
 ため息×100回。どんより気分、最高潮。

 朝、一本のメールが、、、、あるプロジェクトをボランティアでお手伝いし始めているのですが、その依頼元からのメール。
 まず書いてあることの文脈がよくわからない。そして、最後に書いてあることが、これまでの私の努力を「おじゃん」にでもしようかという言い分。いったいぜんたい何がやりたいのか、なにを私に期待しているのか、それともしていないのか、まったくわからない。モチベーションが一気に氷点下。

 意思疎通ができない人にたくさん出会ってきたけれど、なんとか理解する努力をし、歩み寄り、また、歩み寄ってももらい、苦手な人を果敢に克服してきた方だと思う私ですが(単に年だからってのもある)、・・・あたしゃさじ投げそう。(誰か変ってくれ~・泣)

 どこから攻めても、会話がかみ合わない。5回お会いしたけど、一度もかみ合ったことがない。質問していることに、ちゃんと答えが返ってきたためしがないと言ってもいい。究極のKYなのか?壊れたロボットと話しているような不気味さ。私が壊れているのかと自問自答してみたが、答えはNO。

 昨日の午後も会いに行って来たけれど、頭の中でちゃぶ台ひっくり返してました。coldsweats01
 ただね、乗りかかった舟、とりあえず最後までやり遂げて、成功に導かないと。でないと、みんなにハッピーが来ないよなとも思ったり。

 でもなー、最終的にうまく行かなかった場合、私のせいにして、「オレは反対したんだけどね」とどこかのオジサマと同じようなことを言いそうです。ほとんどのことを押し付けておいて、たまーーにメール送ってきたかと思ったら、わけわかんないし!
 あーー、こういう大人にはなりたくなーーいと思う、本日!48歳になったbirthday私です。

 これも私に与えられた修業というpresentプレゼントなのだろうか・・・・

  

あるコンサルの苦悩

 悩ましいですよ。落としどころが決まっている中で、それでも精一杯正義を貫くのはね。

 本日のエゾロジー倶楽部。感慨深いものがありました。

 純粋に面白い、興味深い科学の話だけでなく、社会の中、行政の中、政治の中、科学は科学だけれども、誰かの都合に合わせなくてはならない「御用科学」に近い世界というものがあって、それに携わる人の苦悩を垣間見た気がしました。

 白黒はっきりできない、グレーなところにこそコミュニケーションの力が必要なわけで。そんなことを知り、考え、少しでも変えていきたいというそんな思いが発端だったわけです、このエゾロジー倶楽部と環境サスペンスは。本日、初心に立ち返れた貴重なお話でした。

 あーー、こっちまで胸がイタくなった。

  

その道のプロってすごい!

 今やっているWEB制作のお仕事で、インタビュー記事を載せるというのがあり、先週から毎週水曜日に大学の先生のお話を聞きに行っています。一人の先生に対して聞きに行くのは3人。クライアント側からお一人、プロのライターさんお一人、全体のディレクションの私という三人です。昨日もお二人の先生を訪ねて聞いてきました。

 今までですと、ディレクションもライティングも自分がやるとか、ライティングだけ素人の方もしくはセミプロの方とかだったのですが、今回初めて人物紹介のプロ!!の方にお願いして一緒に仕事をしています。この方がすごい!!!「プロのライターとは」をまざまざと見せてくださり、勉強になっています。

 人物紹介を得意とされているだけあって、インタビューからして違います。極意のひとつかなと思うのが、「聞き過ぎない」です。ノンフィクション小説を書くわけではないので、とても短い文章で紹介するのに足る分量+α程度をインタビューされます。(私は自分の興味からついつい聞き過ぎていると反省)

 それから、インタビューがとってもお上手。みるみる先生が気持ちよくなってお話されていくのです。質問の仕方は短く本質のみを口にし、自分の意見や思いつきなどは話しません。それでいて、ちょっとしたリアクションは外さないし、ちゃんとリードされていく。(私はサービス精神旺盛でリアクションが多い方かもしれないと反省)

 事前資料を必ず一週間前までにクライアントからいただいて、目を通しておいていただけるようにしているのですが、大量の資料の中からでも、先生の得意そうなところを見つけるセンスと読解力も長けていらっしゃると思いました。(私はさらにその周辺のことを調べないとわからないことが多い。下地が違うんだろうなーと反省。これは量をこなして身に付くもの。経験積むしかないのよね)

 そして、インタビューの最後に「では、まとめますと、*****・・・・*****ですね」と、すでに原稿ができあがったかのように一時間ほどのインタビューをまとめて、先生に確認をとられるのです。w(゚o゚)w
 そこで話し残したなと思うことがあると、先生はさらに話しますし、それで十分だなと思われるとそれでインタビューは終了です。(原稿のできあがりを想定しながらメモをとっていらっしゃることを発見。私は聞いたままをだらだらと書いていたと反省)

 圧巻!ですよ。実にスマート!!締切厳守(というか早め、早め)で、できあがってきた文章は実に読みやすく、よくぞあの大量の情報をコンパクトにまとめてくださった!!と感涙モノです。先生に確認してもらってもほとんど手が入らずあっさり完了。
 こういう方の仕事に予算を寄せてくるのは正解だと思いましたね。ディレクションとしてはここだけは間違っていなかったなと・・・(笑)

 この方がライティングの講師されたら、絶対勉強に行っちゃう。ご紹介してくださったNさん、ありがとうございます。

  

えー?!大学にストレス発散部屋ですって

 これで解決するんでしょうかねぇ。

 とりあえず回避できればいいのかな。

 対岸の火事ではないような・・・


 大学で凶悪事件が続発、学生カウンセリングを強化(北京市)

 
 先生にヤツアタリしてもねぇ。

 そういえば中央大学の事件はどうなったんでしょう。


  

ねば~、ねば~、NEVER

 やらねば~
 書かねば~
 読まねば~
 考えねば~

 そんなことが Forever
 無くなることが Never

 日曜日の内に挽回するつもりだったのに~
 ビデオ見ちゃったよ~

 ワタシのバカ! Forever
 任務完了 Never


 ラップ風に歌ってみよっかにゃ~cat

 本日見たビデオ・・・

 相棒ー劇場版ー 星は、★★☆☆☆2つ。

 ついでに、おととい見た Before Sunrise ★★★★☆4つ。

 ちょっと前に見た 眺めのいい部屋 ★★★★★5つ。

  


 

先駆的

 連日の雪で、飛行機、列車、車での移動に支障をきたしている札幌方面です。今も、目の前の窓の外を羽毛のようなふわふわの雪が降っています。こりゃーまた積もりますね。

 さて、シアワセそうな研究者(女性、准教授、若い!)に最近出会いました。これまでウカバレナイとナゲかれる研究者にはたくさんお会いしてきたわけですが、ひさしぶりというか、めずらしいというか、爽快に「好きなテーマの研究やってます!この分野でトップです!」と言い切ってくださった方に出会いました。

 その方は、「日本でも、世界でも珍しいテーマの研究なので、onlyone=世界的にもNumber oneになったんです」ともおっしゃっていて、大切なのは「onlyoneで目が出るまでの経済力の確保と名前を売ること」だそうです。

 私も、ニッチな職であることと、目が出るまでの経済力の持ち合わせと、ボチボチと名前を売って来たおかげで(営業は一切やったこと無い)、「好きな仕事やってます!この分野で仕事が尽きません!」とは言い切れるかな。happy01

 さらに、「トップです!」と言い切りたいとしたら、何を目安にすればいいかしらね。利益や件数じゃつまんないし。シアワセになるお手伝いをして差し上げた人の多さかしら。

  

ひどくもやもやするニュース・・別人の受精卵で妊娠・人工中絶

 このニュースには、うまく言葉にならない(言葉にすることがコワい)憤りと悲しみを感じました。

別人の受精卵で妊娠か=20代女性、人工中絶-県立中央病院・香川

 このような事件、これから減るとは思えません。マクロに見れば、体外受精の機会が増えれば、どんなに対策しても確率的に起こりうることです。

 生命を扱うことの責任は、当事者だけの問題だけでなく、広くは人が「生命体としてのヒトの未来」をどう選択するかになるわけでしょう。
 体外受精に関しては、他人事(ひとごと)ではなく、“ヒト”ごととしての科学検証と、“人”ごととしての倫理考察、そして短期的にも長期的にももたらすリスクに誰もが納得しなければならないのではないかと。

 自然であれば存在しない遺伝子がこれからどんどん人の意思と手によって存在していく時代です。(そのこと自体が遺伝子の意思とか言ったらお手上げですけど。これもメタフィクション?)

 自分や自分の子は関係ないと思っていても、孫には交ざっていく可能性があります。もちろん道徳感情的に差別するつもりはまったくありません。親族にもすでにいます。
 ただ、遺伝子の選択に逆らったしっぺ返しはどこかで悲劇をもたらすのではないかとコワいのです。そして、ただただコワがっているこの状態が落ち着かないのです。

 

新気分で新シリーズ

 今週末2月21日は、道立三岸好太郎美術館でサイエンスカフェの打ち合わせ。

 いつもですと、大学の一室で打ち合わせたりするのですが、札幌での新シリーズのサイエンスカフェの準備ということもあり(私は一回目だけお手伝い)、気分も一新、アイデアも一新、リセット状態で考えてみたいなと思い立ち、ちょっと遠足してみることを思いつきました。もちろん、ゲストにもご足労いただきます。coldsweats01

 おばけのマールとちいさなびじゅつかん

 なかいれい 子どもたちと三岸美術館へのおくりもの


 どうしてここにしたかという根拠はほとんどないのですが、この日にミニ・リサイタルも聞けるので一粒で二度おいしいと思ったことと、なかいれいさんの作品が見たかったから。
 場所はぜんぜん、サイエンスカフェとは関係ないのですが、ちょっと違うシチュエーションだとインスピレーションも湧いたりするかしらという甘い期待から。

   

やってみたーーい!

 ヤカンでカーリングだから・・・


 ヤカーリング


 このベタなネーミングにもそそられます。
 
 やりたーーい!!

 25年ほど前に中国に行っていた時に見たテレビに、冬季オリンピックのカーリングの様子が映っていて、これ何?と。
 日本選手が出ていない競技って日本の放送ではほとんど見ることができなかったですからね。中国チームが出ていたので放送されていたのでしょう。それが生れて初めて見たカーリングでした。それ以来、面白そうだなーと思っているのですが、やったことないのです。

 このヤカーリングなら、もうちょっとお気楽に参加できそう。

コーヒー飲みたーい!

 おはようございまーーす。
 やみくもエントリーでございます。

 今日は午前午後とインタビュー2件。
 あと2時間後だというのに、今も下調べしてまーーす。(@Д@;
 読みながら寝てしまいそう・・・で?エントリー書いてんのかい!?

 夕べは夕べで原稿書いていて夜中仕事になってしまいました。その前は、今日から学年末テストの長男の理科を特訓してましたー。火成岩とか地層とか勉強になりましたよ。親が。coldsweats01

 今日の夕方は、創成サロンに行ってみようかしらと思っていましたけど、気力(眠気が襲うことが想像できる)持たないかも。

 ふにゃ~。cat ぎぶみーコーヒー!!

バイオポリス

 ひさびさエントリー!
 猛烈に忙しいぞーー!!(まあ、私だけじゃないけど)

 おととい、NHK「沸騰都市」シリーズのシンガポール見ちゃいました。バイオポリスについては去年シンガポールに行った時から気になっていたけど、番組を見て呆気に取られてしまいました。なんちゅーとこや!

 一言で言えば、「金になることを金にするところ」ってことなのね。シンガポールは資源がないですから頭脳で稼がないとGDP上がらないし、世界中の人を住まわせ、お金を投入させないと、攻撃されたらすぐなくなっちゃいますからね。国防でもあるわけです。

 あの通りとは思わないですけど、ちょっと頭使いたくなります。

   

科学力検定

理系R25サイトより
大人のための科学力検定

これのユニークなところは、検定させながら自社製品の自慢も入っているところ。
なかなか燃えるレベルにしてあります。
さすがリクルートさん、こういうのつくらせたら上手です。

欠席届

 Salsaの卒研の先生が、1月に最終講義をして退官されました。定年過ぎても非常勤で講義だけされていたそうで、いやはやとてもお元気なのです。遠いので出向くことはできませんでしたが、なんと先生の方から札幌に来るというのです。

 同窓会北海道支部会みたいな会をやろうとされていてですね、「ひさびさにみなさん集まりましょう」ってなメールやはがきが来ているのです。同時にですね、学科の同窓会名簿作成に勢力を傾けていらっしゃってですね、会ったら買わないわけにいかないだろうなーと。(笑)

 5年に一回ぐらいの頻度で会っているのなら変化にも着いて行けそうですが、いきなり25年以上の変化はきついです。HPに写真が掲載されていた先生はあんまり変ってないのですが、同級生とか、あんまり会いたくないですぅ。元気で若くてオバカなみんなのまま、思い出にしておきたいな。私もそうしておいてほしいです。(笑)


  

カンヅメ&カンテツ

 卵しか入ってないチャーハンもどきと

 炭酸しか入ってない水

 本日の昼食なーーりーー。

 目の前の窓の外には、青い空、白い雲・・・いいお天気です。


 こまねこちゃんの発狂しそうな鳴き声(人形の目が取れてしまった時に出した声)を真似て、

 catにゃぁあ~!!!!(`◇´*)

 と、わめいている本日のSalsaです。

 時々、気を失っているよ・・・・

にゃあ~~ はまった

 こまちゃんの目つき、尻尾の振るえ、かっ!かっわいいいいい!!!!heart02

 コマネコ1


 コマネコ2


 コマネコ3


 コマネコ4


 コマネコ5



 これらは「こまねこ」というコマ撮りのアニメシリーズの「こまねこ はじめのいっぽ」です。

最終回のコマネコ6がないのですが、1~6までをドッキングした完全版もありましたが、バラバラに見た方が味わいがあります。

 これって、NHKのどーもくんのシリーズを作っている合田経郎(ごうだつねお)さんの作品。コマ撮りアニメって、ピングーとか、NHKのプチプチアニメシリーズとか、コマ撮りって独特の味わいが出るのはなぜなのかしら。合田さんは他に三次元に二次元アニメの手法にも挑戦していて、そちらもおもしろい!

この方のミニ動画集があるこちらのサイトも、

 かっ!!!かわいい!!!

Movie集、ぜひ見てみてにゃあ~cat



  

トテモ ドクソウテキ。

 ブログ「世間知らず」さんから教えていただき、やってみました。

 私の場合は計算合っているような気がする。


衝撃!!人間関係が計算できる電卓?人間計算WEB
HUMAN RELATIONS CALCULATOR

http://www55.channel.or.jp/jintaku/


Salsaの人間計算結果

トテモ ドクソウテキ。
ダレニモ マネ デキナイコトヲ シヨウトスル。


((w´ω`w))


人間関係計算は内緒。coldsweats01

この手があったか!(WEBサイトデザイン)

 WEBデザインってほんと難しいです。
 クライアントのイメージを伝えるだけでなく、サイトを通して閲覧者に「どういうアクションをさせたいのか?何をどう見せ、読ませたいのか」を熟慮して、見た目はもちろん、動き、法則、ナビゲーションなどを決めていきます。いくらでも工夫のし甲斐があり、面白いのですが、大抵、技術と予算の壁にぶつかり、あえなく実現不可能なんてアイデアもあります。

 さて、ご紹介するのは単純なのに、「この手があったか!」とはっとさせられたサイトです。

ほぼ日刊イトイ新聞の「ほぼ日」就職論。のページ

 糸井氏と塚越氏の対談内容を伝えるサイトですが、スクロールしてみてください。

 私はこれを初めて見たときに、「あったまいい!!」と思いました。

 画面全体が会場になっていて、聞いている人が手前に、その奥に対談している二人がお互いを見ている写真。まさに対談している会場を再現している写真が固定しています。そして、スクロールすると、話が噴出しになっていて、話している方の写真から噴出すようになっています。スクロールすることで、改めて時間経過を意識できて、対談会場の臨場感をうまく伝えてくれるアイデアだと思いました。途中に質疑応答のコラムを挟むなんてのもニクイ演出です。

 

エアープロレス

 3時間の予定だった打ち合わせが終わってみると結局5時間!!
 夕飯時間にしっかり食い込み、仕度するのは諦めて、家族みんなでアリオで外食と相成りました。

 隣人も、長男君も、私も、そんなちょい外出の時は、肩から斜めにかけた小さなバッグを提げて行きます。それを見ていた次男君は自分も小さなバッグが掛けたいと前々から言い出しており、今日も、

 「いいなー。僕だけ持ってないよ」とつぶやくのでした。

 (一応、ツッコミ入れさせてもらうと、おじいちゃんも持ってないけど・・)

 「ほしいーー!!」と言われると、「買わないよ!」とつれなく即答するのですが、このつぶやく感じに実は私は弱くてですね、「買ってあげようか?」と聞いちゃうんですよねぇ。

 で、向ったのはユニクロ。鏡に映したりして選んだのは真っ赤なポシェットでした。次男君はお下がり人生ですから、なかなか新品を手にする機会が少ないですし、自分で選べるなんてのもたまーーのこと。よっぽどうれしかったのか、ルンルンです。

 家に帰って来てからは、どのポケットに何を入れようかとずっと触っていて、あげくに、隣人に、

 「お父さん、アドバイスもらってもいい?お財布はどこがいいかなぁ?」とか聞いちゃって、やたらと楽しそうです。このまま、肩に掛けたまま寝るんじゃなかろかと思ったほどです。ちなみに、お年玉使って自分で買うことになり、私に代金を返してくれました。(笑)

 やーー、小学生はかわいい!!ほんとかわいい!!

 それに比べて、長男君の憎たらしいことったら・・・・毎日、毎日、アタマの中でdash飛び蹴り して、impactラリアットして、sweat01スープレックスして、猪木のコブラツイストしても、それでも足りない!!!ぐらい。

 いつか、ほんとに技かけてやるぅううう・・ぐるるるるぅる・・・pout


  

最近の応援歌

 自分を元気にしてくれたり、がんばろって気にさせてくれたりする応援歌のようなものがその時々にあります。最近はこれ。聞きながら、「I love HOKKAIDO!!!!」と叫んでいるかは内緒ですcoldsweats01


 島人ぬ宝 (しまんちゅぬたから)

僕が生れたこの島の空を
僕はどれくらい知ってるんだろう

輝く星も 流れる雲も
名前を聞かれてもわからない

でも誰より 誰よりも知っている
悲しい時も 嬉しい時も
何度も見上げていたこの空を

教科書に書いてある事だけじゃわからない
大切な物がきっとここにあるはずさ
それが島人ぬ宝

僕がうまれたこの島の海を
僕はどれくらい知ってるんだろう

汚れてくサンゴも 減っていく魚も
どうしたらいいのかわからない

でも誰より 誰よりも知っている
砂にまみれて 波にゆられて
少しずつ変ってゆくこの海を

テレビでは映せない ラジオでも流せない
大切な物がきっとここにあるはずさ
そらが島人ぬ宝

僕が生れたこの島の唄を
僕はどれくらい知ってるんだろう

トゥバラーマも デンサー節も
言葉の意味さえわからない

でも誰より 誰よりも知っている
祝いの夜も 祭りの朝も
何処からか聞こえてくるこの唄を

いつの日かこの島を離れてくその日まで
大切な物をもっと深く知っていたい
それが島人ぬ宝

作詞:BIGIN



南と北の違いはあれど、おんなじ気持ちサー

  

「宇宙」を利用するとなったら

 今週の月曜日、北大工学研究科で久しぶりに植松さんの講演を聞いてきましたぁ~。
 時々聞かないとね。
 聞いて、溜まった雑念をミソギしないとねcoldsweats01

 さて、植松さんと他にJAXAの森田さんという方のお話も聞きました。
 ロケットの小型化、低予算化の動きについて具体的な取り組みを話されていて、興味深かったです。ひとつは、ロケットの特別な燃料製造を見直し、製造コストを引き下げることのできる燃料の開発。また、ひとつは低予算で可能なアビオニクスの開発。
 他に、打ち上げの縛りとなっている漁業対策をせずに済ませられる打ち上げ方法や、再利用可能な機体や機器の模索、など、大きくはこんなところでしょうか。(これってCAMUIが実現してるよねぇ~と思った私は何か勘違いしてますかねぇ?)

 森田さんのお話の中で、「時代は自動車のパーソナル化、飛行機のパーソナル化と進み、そして、ロケットのパーソナル化の実現に向けて」というスライドがありまして、聞いたときは「ふむふむ」と夢のあるお話に聞こえたのですが、翌朝、目覚めた瞬間にふと、、、、「でも、それってコワいことだったりもするのよね」と負の側面にも気が付くわけです。(おそっ!)

 話はちょっと飛びますが、以前、科学倫理の先生をインタビューした時に、「何か起きてからでは負の印象が強くて、冷静なリスクコミュニケーションの場を設けること自体が難しくなります。その教訓もあって今では、国も何か起きる前に先回りして“その科学技術”が世に出回る前に、リスクについて論議するようにしているんです」という話(この通りの文言ではないですけど)をされていたのです。

 さらに話は飛びますが、NHKの爆問学問に登場されたロボット開発の先生が、「自分としては福祉に役立てたいと思って開発している」という話に、太田氏が「でも、先生の気持ちがそうであっても、自分の手を離れたところでどう使われるのかどこまで責任取れますか?!」って突っ込んでいて、先生は「うーーん、すべてとは言えないなー」とおっしゃっていたのがすごく印象に残っています。

 どんな科学技術でも一般化において、それと添い遂げる法律や倫理の“開発”もセットでなくちゃというわけです。科学技術を科学者だけの責任にするような無責任なことはやらないということ。

 ですから、ロケットのパーソナル化と共に法律や倫理のことを考え始めなくちゃと思ったのでした。実現が見えてきたのならなおさら急がないといけないじゃないかしらと心配するのですぅ。 (もう進んでいるのなら、私の無知をお許しください。)


 「宇宙」を利用すること。・・・これは想像するに法整備、リスクコミュニケーション、すごくたいへんなんじゃないかしら。陸でも、海でも、空でもない宇宙ですもん。

 「宇宙開発」を利用すること。・・・技術発展、人材育成、地域活性、こども達の教育につながります。これはおかげさまでイメージできるようになりました。

 なんといいますか、今まであんまり考えなかった試練が待ち受けているのかしらと想像したのでした。  

 

シロクマの赤ちゃん、授乳映像公開

 シロクマのララ(札幌市円山動物園)の授乳の動画(サーモグラフィ)が公開されました。

 静止画ではどれがアタマだか、子だかもわからないのですが、動画だとよくわかりますねぇ。
 動きも泣き声も元気。双子かもと言われておりますが、二頭が一緒に映っている場面がないため、もともと一頭なのか、二頭産まれたけど一頭になってしまったのか、それとも映ってないだけなのか、ドキドキしますねぇ。
 個人的には母乳を飲んでいる一頭とは別の泣き声がするように思うのですが、いかがでしょうか?

 札幌市円山動物園 授乳映像公開!

メモ!メモ!メモ!

 書かないとどんどん忘れてしまうので、何とかメモだけでもと。

★メモ1
「宇宙」を利用することと、「宇宙開発」を利用すること。その両方なのだわ!!

★メモ2
一度壊れたら複元できない植物の群生の仕組みを聞く。膝をポンと叩きたくなるほど納得。

★メモ3
熱可塑性の燃料の他の使い道ってないのかな?ロケットだけじゃモッタイナイ気がするのだけど。

★メモ4
ダーウィンのビーグル号の航跡で生き物を見る番組とかないかしら?ナショナルジオグラフィックを読んでいて。

 

書斎のお片づけ

 2月になってしまいました。
 ちょいと大きめのお仕事が2件、走りはじめます。

 1件は去年からオファーされていながら、前に進んだり、後ろに下がったりとヤキモキすること5ヶ月。やっと「本格始動」となったお仕事。始まるまでが、な、長かったぁ~。

 もう一件は、なぜかぐじゃぐじゃぶつぶつ言っているうちに、気が付くとやることになっちゃった案件。しかし!!!やる以上は結果を出しますわよ!!

 もち、毎度これだけではないでっす、、、基本、断らないから・・・その上、確定申告もあるし・・・えーーい、どんとこい!bottle

 で、どちらのお仕事も本格始動ということで、週末にこれまでの資料とか整理していたら、

 あーー!!気がつくと、ワタシ、探しモノばかりしているぅ~!!

 原因はいろんなものが整理できずに積み上がっている机上!
 実質的仕事場である書斎には大きな机が3つありますが、どれもガンガンにモノを置いてます。(棚が満杯だし、その上、横着ときている)
 こんなことでは2月、3月は乗り切れん!と思い、アタマもココロも整理しようと書斎大掃除を決行!

 半日がんばった結果、分別して棚にとにかく押し込んだ状態とも言えますが、机の天板が見えてきたのがなんともうれしくて、記念写真撮りました。(何ヶ月、いや何日、この状態が保てるだろうか・・・)

Dscf3190p

 パソコン周りは極端に何も無くしてみました。画面右横にこれと同じ机を並べていて、そちらに文具と速攻使う資料、プリンターや電話、諸々電子機器を置き、右下にはワゴンがありまして、そこにはボックスに分類した資料を入れました。

 これで、明日からの仕事が捗ることでしょう!!ヽ(´▽`)/

 ホンマかいな!?


 本日のお掃除のお供はこちら。軽快なハウス風カヴァー集。オススメ!

51bsz3qb7zl__sl500_aa240__2
SWEETS HOUSE ~for J-POP HIT COVERS CANDY~









515w8jyqcul__sl500_aa240_

SWEETS HOUSE~for J-POP HIT COVERS~ 









     

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »