crossline

« 小樽市総合博物館 | トップページ | 映画「アフタースクール」 »

しずか号

しずか号

 義経号、弁慶号は知ってましたが、しずか号があったとは。

 小樽市総合博物館の1階は、北海道の鉄道の始まりの地「手宮」の当時の様子や歴史を学べる展示です。

 旅客輸送ではなく、石炭輸送のために炭鉱と港を結んだことから始まった北海道の鉄道網。外の交通公園には、その風景を今に残す建物もあり、さまざなな列車もあります。暖かい季節、近くのおたる水族館とセットで見に来たいですわ。

« 小樽市総合博物館 | トップページ | 映画「アフタースクール」 »

コメント

釣られました。(^^;

国鉄時代の「北海道鉄道記念館」の方が耳に馴染みがありますが、そうか、今は小樽市が経営してるのですね。

同形機の「弁慶号」は乗れるプラスチックのおもちゃを持ってました。勿論ご幼少のみぎりに、ですが。(^^;

Salsa様も鉄子さんだったのですね。
二回ほど行ったことがあります。子供にとても楽しかったようです(自分ももちろん楽しみましたけど)

(ぐ)さん、国鉄時代って・・・し、知りません。

sapporotaqさん
私・・・まるで鉄については知らない人間なので鉄子ではありませんのよ。たた、郷土の歴史ってちょっと気になる年頃です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/43345015

この記事へのトラックバック一覧です: しずか号:

« 小樽市総合博物館 | トップページ | 映画「アフタースクール」 »