crossline

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

気になってしょうがない

 日曜日のことである。

 イベントが終わって、ほっと一息ソフトクリームを7人で食べていたときのこと。

 Mさんvirgoが、黒い革風シャツを着ているSさんrunに、

 「そうゆう服は、どこで売ってんですかぁ?」と聞きました。

 paper前説しておこう。Sさんはこの後、「コムサに服を見に行く」と言っているので、今着ている黒い皮風シャツもどこかのブランド品だと思って聞いているのである。

 しかし、返ってきた答えは想定外!意外なものでした。

 「これですかぁ・・いわないです」

 いわない?岩内?

 paper説明しよう・・札幌に住んでいる人間にとって、「いわない」と聞くと、「岩内」という地名を思い出すのである。場所は↓ココ。けっして大きいとは言えない港町(漁村)である。


大きな地図で見る


 ご婦人用の洋装店はあるかもしれませんけど、どうしてもSさんが着ている黒い皮風シャツが売られている様子を想像できません。

 岩内村(今は岩内町?)だとはどうしても思えない。

 そこで、次にMさんが疑った一言は、

 「それって、しまむらの新しい競合店?」

 paper説明しよう・・・「しまむら」とはこれである。コワいほど安い服を売っているチェーン店である。小さい子供を持ったお母さん達にとって救世主のような店で、しまむらの服を着ている人を「しまむらー」と呼ぶ。“むら”と付くが土地の名前ではない。

 しまむら vs いわない

 あってもおかしくない。


 とにかく、側で聞いていた私は、そのやり取りがツボにはまってしまい、おなかを押さえるほど笑っていたのです。


 未だに、「いわない」という音を思い出すたび、女子中学生のようにケラケラと笑えるのです。幸せな奴だ~。

 しかし、先ほど、ふと、気がついてしまったのです。


 「いわない」・・・・は、


 「言わない!」だったのではないかと。


 真相は闇の中。

足掻く!高圧ガス模擬試験直前!

 明日11月1日は高圧ガス丙種特別試験の「札幌組自主的模擬試験日」です。(東京組4人はどうされているのかしらん?)

 本番試験は11月9日(日)です。一週間前に模擬試験して弱点を洗い出し、残る一週間で強化をすればなんとかなるかしらんという企みだったわけですが、

 現時点で、とてつもなく、全般弱点状態(勉強が間に合っていない)だと模擬試験する前から自覚しているんですよねぇー。

 私の一番の悩みは、単語から“ブツ”が想像できないことです。(現場を知らないというハンデは大きいのだ)

 例えば、

 ★訂正して書いてみたものの間違っているんだそうです。もうお手上げでっす。→★赤字は訂正部分 「両ねじクロムモリブデン鋼」・・・高温、高圧用バルブ用ガスケット説明のところに書いてありますその下にはボルトの締め付け方法に「ボルトテンショナを使用するテンショナ法等がある」と書いてありますが、なんのことやらさっぱり・・・shock

 しかし、いちいちつまずいていられないので、もうひたすら「文字を飲み込み」ます。意味もわからず聞いたこともない外国語を丸覚えしようとしている感じです。

 ひっかけ問題にもひっかかります。crying防火設備と消火設備は別物とかね。

 練習問題を解いてみるものの、「えっ?こんな話、出てきてたっけ?」と思うほど覚えていないこともしばしば。それでも練習問題は○×式ですから、なんとか7,8割は正解します。(あてずっぽでも取れる5割+勉強した分2割という正解率)
 しかし、本番は組み合わせの5択です。もう確率で正解することは諦めなくてはいけません。練習問題で全問正解しないと、5択で正解することはないというほどの精度が求められていると考えなくては。ひぃーーーー。(@Д@;

 もし、万が一、合格したとしても、私に高圧ガスの保安をさせることは危険だと思うのですよ・・・・「緊急用ペントスタックを確認して!」と言われてもどれのことだかわかってないんですもん。実地訓練&修業が必要だと思うのです。

と、ブツブツ言ってないで、勉強しよっと。

 

イグ・ノーベル賞の中垣先生、11月3日ラジオ出演の予定

 全国放送です!

 今年の
イグ・ノーベル賞を受賞された北大の中垣俊之先生が、受賞された研究や授賞式について話される予定とのこと。o(*^▽^*)o

 NHK「ラジオあさいちばん」
 11月3日(月・文化の日)
 朝7:15~(12分程度)

※緊急ニュースがある場合はこの予定ではありません。

 聞き手は山下信アナウンサーkaraokeと佐治真規子キャスターheart02

 お知らせどうも! 

お得かな?

 すっかり冬モードな札幌です。やはり10月中に雪が降るのでしょうか。降らなかったらなかなか記録的なこと?

 さて、ガソリン代が140円台になっても、暖房に使う灯油代が総計で大きいことには変わりが無いので、

 できるだけ暖房を使わない

ようにしたいわけです。


 で、今、気になっているのが

 湯たんぽ


 寝ている間の暖房費節約になるか?どれくらいお得なのか、面倒との兼ね合いも含めて、眺めています。eye

 たくさん種類が出ているので目移りもしちゃいます。単にかわいいので買っちゃう可能性もあります。happy02

  

大地震の心配 1にトイレ 2に脱出

 たまーーに、東京に行くことがあると心配することはひとつ。


 大地震が来たらどうしよう


 札幌ではどうにかなりそうなことが、東京だとどうにもならない感じがするんですよね。

 ビル、人、モノ、情報・・何もかもがビッシリしていて身動きが取れなくなっちゃう自分が想像できます。

 トイレ難民81万人(読売)

 まあ、2、3日食べれなくても生きていると思いますが、トイレはねぇ・・・みんながあたりにするようになったら衛生の確保が難しくなり、感染病の心配が出てきますよね。壊滅するインフラとは無関係に使えるトイレが重要でしょうね。

 かといって新たに土地をつかってそんなトイレをつくるわけにもいかないでしょうから、コンビニと自治体が連携して非水洗への転換が可能なトイレを設置してはどうですかね。日常的には水洗トイレ。いざとなったら大容量の汲み取り式。今では見かけなくなったバキュームカーが必要ですけどね。


 あと、東京で被災したら、どうやって札幌に帰れるかシミュレーションしてみました。羽田から飛行機で帰れないとなれば、鉄道が使えるところまで移動して関東圏を脱出しなければなりません。その先はどこを目指すか迷うところです。
 ひとつ考えたのは、成田空港に行って、どこでもいいから海外に出て、韓国経由で札幌に帰ってくるのはどうかしらと。成田もだめだと・・・ひたすら鉄道の乗り継ぎですかねぇ。

 意外に近郊に空港がない関東圏・・・

 まずは生きていないと。怪我もしないで。
  

こんなキーワード、知ってましたぁ?

 「はてなダイアリー」から『現代用語の基礎知識2008』に掲載されたキーワードの一覧をたまたま見ていたら、着いていけてるのもありますが、けっこう知らない言葉がいっぱい。

『現代用語の基礎知識2008』にはてなダイアリーキーワードが掲載


そのうちのいくつか・・・  なるほどねぇ(笑)。


逃避エネルギー (わかる、わかる)


十二月病 (そろそろですな)


17歳教 (リアル47歳ギルドですが、何か?)


アクセス乞食 (く、く、くっ・・・)


ずっと俺のターン (きゃははは・・・)



など、など、よく考え出すものだ~think

他にも、、感心したネーミングがありましたけど、なぜ反応したかを知られたくないのでこの辺にしておきますわ。bleah


と読んでいる場合じゃない!!sweat01

。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 バタバタの無謀3本立てのサイエンスカフェもなんとか終了。(思い起こせば1日で3本やっていたことを思い出した→南極イベントの時)

 2日間でくったくたー。(。>0<。)
 ボロ雑巾状態で帰宅。(もともとかなりボロ入ってますけど、、、)

 でも、協力いただいたみなさん、ほんとご苦労様でした。heart02感謝!heart02感謝!

 来てくれた子供たち、みんなかわゆかった~happy01


 おおーーー、次は、ちょっと大きな宿題に取り掛からねば・・。アタマの中、大変身しないと。

 あーーー、週末は高圧ガスの模擬試験だぁーーー。

 関数電卓買いに行かねばぁーーー。

 試験勉強の充填ができてないよーー。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

めぐり合えたことに感謝

 昨日、今日と地学系のサイエンスイベントにかかりっきりのSalsaです。私の担当はサイエンスカフェ3本。ゲストもそれぞれ違い、もちろんテーマも違います。
 1回でもたいへんなのに、3回を2日間で行うというのは、まさに耐久レース。気力、体力、笑顔、総動員・・・。あーーもっと知力があったら・・・それより時間があったら・・・ orz

 私もお手伝いを頼まれたひとりだけど、さらにお手伝いを頼んだ方たちががんばってくださっているのにはほんと感謝ですぅ。CoSTEPをきっかけに知り合った方々がいなかったら、成立してなかったような・・・やーー、ほんとそうだわ。去年も、今年も地元の縁の下の力持ちになりつつあることを感じるイベントなのでありましたぁ。

 あっ!まだ今日はこれからですけど・・・行ってきまーーーす。

ーなぜ?なに?ふれてみよう地質の不思議ー

肉めない夜

 今日は長男君のバースデーパーティしました。

 本人のリクエストに応え、「肉」料理。


 そして、本日、

 我が家で、つい口ずさみはじめて止まらなくなった歌。




 ♪にっく、肉にしてあげる~♪

 ヽ(*≧ε≦*)φ




【おまけ1】大好きなCMもミクになっていた。


【おまけ2】♪ハレ晴レユカイ♪の宇宙版
次男君のクラスにほんとに「はるひ」という名の子がいるのです。お父さんの顔が見てみたいなぁ・・・( ̄▽ ̄)

今晩、見なくちゃ!旭山動物園・小菅園長さんの番組

旭山動物園 小菅園長さんを取材した番組が今晩あります。(北海道限定ですが)

それから、東京で小菅園長さん(←来年定年されちゃうのです)の講演があります。
ぜひ、ご家族でいらしてください。
サイエンスアゴラ2008 
★ 動物園が開く窓 ★

→→11月22日(土)13:00~14:30
→→東京国際交流館3F 国際交流会議場
→→要お申し込み



★今晩の番組紹介★

NHK総合 10月24日(金)午後8:00~8:43
プライムH
伝えたいのは いのちと自然
~小菅園長 最後の挑戦~


公式HPより転載

 ホッキョクグマのダイビングや猛スピードで泳ぐペンギンなど動物が本来持つ魅力を引き出し、全国的な人気を集めている旭山動物園。年間の入園者は300万人以上に上ります。この動物園を35年間にわたって支えてきたのが園長の小菅正夫さん(60)です。
 来年3月に定年退職を控え、小菅さんは今、動物園の最後の舵取りを始めています。生き生きとした動物たちの姿を見せるだけでなく、動物同士の関わりや彼らが暮らす自然にまで想像が働く動物園にしようと取り組んでいるのです。その象徴は今年6月にオープンした「オオカミの森」。これは、昔の北海道の自然を再現した施設で、オオカミの群れの動きやエゾシカとの関わり方などを見ることができます。
 小菅さんは、「オオカミの森」の面白さを伝えようと、新たな見せ方を検討するなど積極的に動いています。
 未来につながる試みを行う小菅園長の思いを飼育現場での取材と伊藤キャスターとの対談を通じて伝えます。

CAMUIが載っている!!

 夜、めずらしく勉強していた中学1年の長男君が、、、



 おかあさん!おかあさん!

CAMUIのことが教科書ワークに載ってるよ!


と、すっごくうれしそうに持って来ました。


 ほんまや!!!!
 すごーーーい!!!





 ただ、ちょっと情報が古かった・・・・のが、ザンネン。

昨日の「言いまつがい」

あれ? あれ!


なんだっけ???


昔さ、映画でさ、声が入った映画のこと・・えーーと・・


あっ、ターキー! ターキー!




と言ってみたものの、すっきりせず・・chick



トーキーの「言いまがい」でした。


インターネット サイエンスショウ

たまたま見つけたんですけど・・・

じわっとしたクサさがいい味だしてますなぁ。

sarasaraさん、まだ宿題できてなくてごめんなさい。

これでも見て、待っててね。(*´v゚*)ゞ

ちなみに遠方のあの方からは音沙汰なしです。(笑)



愛媛県総合科学博物館 の
フジモトさん、シンさんの

インターネット サイエンスショウ(音が出ます)

北海道雪崩講習会

 学生時代の同級生から宣伝指令が来ましたので載せます。
 雪山がお好きな方、ぜひ!
 例年、雪崩事故に会うのは年配の方が多いと今日の新聞に載ってましたが、定年後の趣味として雪山登山に行かれる方が増えたからでしょうね。気をつけて。

NPO法人北海道雪崩研究会の講習会があります。

くわしくはこちら

開催概要とお申し込み書

喜怒哀楽スタンプ

 これ、いい!
 ひとつで、喜怒哀楽押せる。

0810212037

シャチハタ フェイシーズスタンプ ひやあせブルー 525円

00079412

M姫、登城されますぞ

M姫さま、東京でお話します。karaoke


「セキララ30年+?」について


   ・・・・ではなく!


「M姫流!賢い研究室の選び方」


   ・・・・でもなく!


「大学に根付いた“科学技術コミュニケーター”」について。(^-^;


11月29日(土)13:00~17:00
東大駒場Ⅰキャンパス13号館1313号室

科学技術振興調整費新興分野人材育成
東京大学科学技術インタープリター養成プログラム

第3回東京大学科学技術インタープリター養成プログラム主催シンポジウム
   科学技術インタープリターによる社会への発信
  ~修了生からのメッセージとプログラム間の交流~


公式HP (要お申し込み)

 この中で、同時期に科学技術コミュニケーター養成のための振興調整費をいただいた東大、早稲田、北大の各プログラムから一人ずつ、修了生が受講後の活動について報告されます。その中でCoSTEP修了生としてM姫さまが話すというわけです。

 話をM姫から聞いたとき、「がんばって!いってらっしゃーい」と言ったら、

「応援に来てくれないんですか?!!!(`ε´)

と怒られました。

 そういえば、私が東北大学に行くときも、広島大学に行くときも、M姫さまは(余っていたとは言え)有給休暇を取って、交通費自腹で一緒に行ってくださったのでした。あっぱれじゃ!

 というわけで、お供することに。お荷物、持ちますわ。
 その5日前までサイエンスアゴラで東京に行っているのですが、一端帰って来てからまた行くわけですな。sweat01



 それにしても、M姫さま・・・

 相変わらず色気の無いアフターファイブや週末をお過ごしですなぁ・・・(私にもちょびっと責任あるね coldsweats01 )

 今週末もだよね。ご苦労さんです。


 さっさと合コン企画やらないと。でも、まずは休養かな?

ピチピチ造り

 ここの干物は超オススメ!!!!

 そして、社長がイケメン!!!!(←関係ない?)

フジユニオン
北海道産のこだわり干物
無添加・手作りの一夜干し


 最初に食べたのが「ほっけ」。

 スーパーでパックで売っているのよりちょっと高めですけど、それでもこれは「買い!」でした。食べた家族全員、ひれ伏しました。

 「うまい!!! キタ━━━(゚∀゚)━━━!!」

 お魚の旨みが凝縮されていて、まさに一夜干し効果を実感できます。こんなにおいしい干物は初めて!なるほど、製法が違うわけですな。ピチピチ造りの製法


 そして、うなっちゃうのが「さば」。

 「おいしすぎる!!!ヽ(´▽`)/」

 まとめ買いしてお安くしてもらいます。


 なんとか言う賞(←忘れた)も取っているとか。だろうねと納得のお味!

 ここの干しえびのパックも重宝しています。


 催事出展予定で、お近くのところに行くときはぜひ!!

 うちは、毎週木曜日、金曜日に出展しているジャスコ桑園店(魚売り場前の一画)で買っています。
 社長自ら売っているときもあるし・・・happy02 
 夕方18時ごろには売り切れちゃいます。

 物産展で全国、関東もちょこちょこ行ってるみたいです。本店は札幌の伏古

 

今週末のサイエンスカフェ

連日、今週末のサイエンスカフェ(ジュニア・ファミリー向け)の準備中でーす。
eyeが回る~typhoon


サイエンスカフェで学ぼう

北海道地質調査業協会50周年記念行事

ーなぜ?なに?ふれてみよう地質の不思議ー
     社会を支え続ける地質調査



HPはこちら
このイベントの一貫として、ジュニア・ファミリー向けのサイエンスカフェを4回行います。
参加費無料、お申し込み不要
サッポロファクトリー アトリウムステージにて

広いドーム状のアトリウム内の一画で行っておりますので、特に定員はありません。ステージ前の席は60席ほどですが、周りの飲食店の席からの観覧もできます。


one10月25日(土)
14:00~14:40 「なるほど!地層のふしぎ」
ゲスト: happy01 福間博史さん(日本データーサービス(株) 北大CoSTEP2期修了生) 
ファシリテーター:中村景子(スペースタイム 北大CoSTEP1期修了生)

two10月26日(日)
10:20~10:50 「津波の忘れ物」
産業総合研究所

three12:00~12:40 「なるほど!川のふしぎ」
ゲスト: confident 山崎学さん(野外科学(株) 北大CoSTEP3期修了生) 
ファシリテーター:中村景子

four14:00~14:40 「なるほど!月のふしぎ」
ゲスト: smile 佐藤祐介さん (北大CoSTEP教員)
ファシリテーター:中村景子


身近なところで、10月25日は他にも、

あさひかわサイエンスカフェ

サイエンス・カフェ札幌

もあります。

ギリギリの法則

あーー、どうして原稿って・・

締め切り前日にならないと書けないのでしょう。

  

中だるみ、もしくは脱落?

 飽きた

 高圧ガスの勉強・・・飽きた


 飽きたほどやってないだろ!という自分ツッコミ


 法令をひとまず終えて、学識に入った


 あーーー、なんかこんな公式・・・
 中学だか、高校だかであったような・・・・( ̄▽ ̄)

 気がつくと寝ている・・・


 だめだ!だめだ!こんなことでどうする!

 星一徹とか、

 丹下段平とか、

 宗方仁とか、

 鬼コーチをアタマの中で総動員してみても、



 た、た、立てません。_| ̄|○




 で、気分転換に映画でも見よっと。

チーム・バチスタの栄光

僕の彼女はサイボーグ


 ちなみに11月1日に札幌組は模擬試験大会をすることにしました。開始時間も本番とまったく同じにして。

【掲載URLあり】でかっ!初音ミクNightの新聞記事

みっく みく にしてあげる~♪

アタマに粘着して離れませ~ん。



本日10月16日の道新(朝刊)の札幌圏「現代かわら版」に

初音ミクNightのことが

でっか でか に載ってるよ~♪
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/kawaraban/40090.html?_nva=10

ちなみに写真の私が目をつぶっているのはたまたま瞬きした瞬間だったんですってば(^-^;

急にパワポ操作を振られて、寝れるわけないっす。


現在、先週の「イグノーベルの中垣先生」の記事が道新サイトに載っているということは、明日ぐらいには初音ミクの記事もアップされるでしょうね。

【追記】というわけで、一日遅れで道新サイトに載りました。
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/kawaraban/40090.html?_nva=10

  

まーだ、信じている教育者がいるの??

この番組、見てみたかった。

『水からの伝言』問題がテレビに登場 (ココログニュース)

その番組HP (情報ライブ ミヤネ屋 読売テレビ)

再現している個人ブログ (痛いテレビ)


前々から不思議なのは、なぜ詐欺罪にならないのか。
宗教の扱いなの?

他に気になったのは、

「子宮筋腫、もんだら治る」
元整体治療院名誉院長ら逮捕

アタマ痛いっ!

ブランド

 ブランド総合研究所というところが毎年国内1000の市区町村を対象に、認知度や魅力度、イメージなど63項目からなる「地域ブランド調査」を行っており、2008年の総合トップに札幌市が3年連続でなったそうです。

1位 札幌市
2位 函館市
3位 京都市
4位 横浜市
5位 小樽市

と、5位までのうち3市区町村が北海道内ですねぇ。「ブランド」というイメージで測ればということなので、実態を測っているものではないことは承知の上、参考にしたいと思います。

 もし、オラが町はこの項目で頑張っているのに上位に入っていないとすれば、広報宣伝、活用などを疑ってみるきっかけになるかもしれません。

 札幌は私の生まれ育った町ですし、20年以上関東圏で暮らして、「やっぱり帰りたい!どうしても帰りたい!」と思って帰ってきたくらいですから、I love Sapporoheart01の私としても素直にうれしかったりします。


 さて、ブランドをつくろうとしている旭川市のお話。
 「Webデザインの街・旭川」という地域産業の活性化をしようとしているわけですね。このプレスリリースを読む限りはちょっと心配かな(笑)。

 人材を育成しても流出してしまえば元も子もなく、地元の経済的な活性と効果がなければ成功とは言い難く、、、、途中までは予算が来て、それにあやかって一時的な活性化となっても、「次につながらない」とねぇ、、もったいないですからねぇ。

 「仕事待ちの姿勢」にならないように気をつけて、できることなら「Webの営業マン(コーディネーション業務をやる人)」も育てるぐらいやってもいいんじゃないかしらねぇ。

 地方都市でITというのは思いつきやすいけど、結局高くても発注先が都市に集中しているのはなぜか原因を考えてみてはどうかなと。

  

【追記あり】SOS!ゲスト捜索

 こまったにゃ~cat・・・

 うーーーん・・・

 こまった・・・

 どーー・・しよー・・

 10日前だというのに、サイエンスカフェのゲストが一人見つからない。(三人のうち二人は確保済み!・・・coldsweats01 お二人さま、すみませんねぇ)

 あてにしていた方がダメになり、
 その次にあてにしていた方もダメで、
 さらに次にあてにしていた方もダメなのだ~・・・。
 ・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。



WANTED

求む!サイエンスカフェのゲスト
↑↑↑↑

こんなこと初めて・・。゜゜(´□`。)°゜。


【追記】
困ったときの駆け込み寺にお電話。

たにとぞ よろしく お頼い 申し上げます 候(連ねりゃいいってもんじゃない)

再生

 午前中、企画の打ち合わせで2時間しゃべったら、のどが痛くなってしまいました。shock
 熱弁もほどほどに。

 終了後、ワークルームのお掃除でもしようかと窓全開で掃除機をかけようとすると、携帯に小学校から電話。


「担任の○○です。△△くんが休み時間にお友達と遊んでいて木の棒が目eyeに入って・・・・お迎えに来て頂き、一応眼科に連れて行かれた方がよろしいかと・・・・」


 先生の声の感じだと大したことはなさそうだし、本人は早引けしたくないと言っているのならそれでもいいかなと思ったりもしましたが、そうも行かないだろうと小学校schoolへ。


 結果。

 角膜上皮に傷がついているが、8時間で再生するでしょう。ただ、再生してもしばらく弱いので、細菌が入らないように殺菌効果のある目薬をして、しばらくプールやおふろで水がバシャバシャと顔にかかるのは避けてください。

 と眼科コメント。


「角膜上皮は8時間で再生する」

 このフレーズが新鮮だった。早っ!

 前に口の中の歯肉の粘膜の再生が早いと聞いたことを思い出しました。

 同じ体でも再生の早い、遅い、また再生する、しないというのはどういうコントロールなのか、改めて興味をそそられました。やっぱ、不思議じゃのぉ~。


 先日、自分の額にブツブツと吹き出物が出来たので、ゴシゴシと洗ったら流血crying。その後、きれいshineに再生するのに時間がかかりました。場所的にそういうものなのか、年齢のせいなのか。どちらにせよ、女を磨くのもほどほどに。

   

バター作り

 快晴の体育の日。

 サッポロさとらんどに行ってきました。こんなに広くて、こんなにのんびりした公園だったとは知りませんでした。札幌に越してきて4年半経つというのに、初めて行ったのでした。(雪まつりを除く)

Dscf2816p

 札幌市農業体験交流施設というだけあって、農作物の収穫体験やさまざまな手作り体験、羊や牛とのふれあいもできます。本日は前からやってみたかった「バターづくり」に挑戦してみました。(こどももおとなも可!)

♪ビンの中には生クリーム100ccと水50cc。これを5分以上振ります。最初はバシャバシャと音がしていたビンですが、ある瞬間!!!音がしなくなります。ビン全体が塊のようになります。(噂に聞いていたほど時間がかからなかったのはビンごとよく冷やされた生クリームからつくるからだと思います)

Dscf2837p

♪さらに振るとビンの外側にべたっとしていたものがはがれてきます。さらに振るとまた!!!バシャバシャと音がします。こうなってからは10回ぐらい振ればいいらしく、黄色い粒が米粒ぐらいになったら終了。それ以上振ると良くないそうで、この見極めは先生がしてくださいました。

 乳の中の脂だけを取り出すとそれがバターというわけです。水を入れて振るのは、脂を覆っていたタンパク質を剥がす作業というわけです。タンパク質が剥がれると脂どうしがくっつきだし、かたまりとして見えてくるのです。

♪小さなザルで水分(バターミルク)を棄てます。ビンの中にバター粒がかぶるくらいに氷水を入れて10回振って、水を棄てます。これを2回繰り返します。
で、できたのがこれです。

Dscf2842p

♪水洗いしたバター粒をボールにあけて、木べらで押しつぶし、余分な水を押し出し、棄てます。

Dscf2843p

♪お好みで塩を入れて(この分量でコーヒーのプラスチックのマドラーに一杯で十分)、今度は木べらで練って完成です。

※注意 手作りなので、冷蔵で3日、冷凍で7~10日以内で食べてくださいとのこと。

Dscf2844p


 これですが、普通の牛乳では脂肪分が細かくなっているので、できません。生乳か生クリームからできます。さとらんどのサイトに動画も見つけました→こちら

 今度はソーセージ作りとか、アイスクリームづくりとかやってみたいにゃー。cat
 来年は市民農園で野菜づくりもいいかも~
 近所のH大、畑、貸してくれないかしら~(こらぁー!!punch

 最後に牛さんに感謝。ちなみに牛乳を出しているのは牛君♂ではなく、牛さん♀です。

Dscf2856p

Dscf2830p

コスモスもきれいに咲いてます。お天気のいい日にどうぞ!

Dscf2864

初音ミクNight

 明らかにいつもと違う層というか、お初の方々がたーーーくさん来場された初音ミクNightでした。


 初現象としては、開始一時間以上前からぜったいこれに参加するためにいらした方々だなと思われる人たちが十数人。そこで、並んでいただいた。するとあっという間に列が外に出て、ぐるりとビルを囲むように列ができはじめ、30分前には120人はいらしていたらしい。ポテンシャルありましたねぇ。


 お話聞いてみて、
 初音ミクって、最初からアキバ系狙いなのかと思ったら違ったのですね。クリエーターをクリエイトする役割という言葉は残りました。好きな音楽をつくって、それをかわいい声で歌ってもらえる。それもちょっと工夫(調教)が必要となれば、やりがいもあり、さらに作品をネットで公開でき、共有できる。誰もがクリエーターになれ、誰もが発信者になれる、そしてお手軽である音楽制作ソフトなのですね。(何をいまさら・・・coldsweats01
 個人的には、技術的なところはもっと聞きたかったな~。


 東京からわざわざいらした女性の方に終わってから声をかけさせていただきました。ほんとにこのNightのためだけにいらしたそうで、「せっかくですから明日ちょっと観光して帰ります」とのこと。大手出版社のごくごく普通の方でしたよ。初音ミクで音楽つくることはしないけど、見るのが好きで、現象が面白いと思っていらしたそうです。

 

毎日のとびら

 ブログをはじめて丸3年が経ちました。
 2005年10月10日にスタートしています。
 今日までにアップした記事数は1258件、ほぼにちで来ました。

 きっかけはCoSTEPの受講開始ですから、「科学技術コミュニケーション」という言葉に出会って3年経ったということにもなります。

 当時、文章表現というものからかなりの年月、遠ざかっていたのため、ちょっとしたレポートも書けなくて、ジタバタしていました。「文章を書く」以前に、自分の考えを「ことば」にしてみることも、あ・うんで通じる友人や仲間の中では段々と衰えていたということもありました。(今でも大した変わりませんが・・・)
 ですから、素直に「表現することに慣れるため」と思って始めました。

 コミュニケーションツールとしては、始めて半年間ほどは面白かったり、めんどくさかったり、いろいろでしたが、「毎日何がしかアップする」と決めてからは逆にラクになりました。ほんとにしょうも無いことも上げれるようになったからです。coldsweats01

 毎日、毎日、自分を嗜め、足跡を見ながら、、、、
 そして、いいことも、いやなことも、ぜーんぶひっくるめて今日を含めて再構築するかのように、記事の「保存(アップ)」をクリックすることでブログ全体が再構築されていきます。


 ブルーハーツの「1000のバイオリン」という曲の中の、

 ♪夜の扉を開けていこう

というフレーズのように、毎日何かの扉を開けるが如し。
そして、熱いトタン屋根でアイスクリームみたいに溶けていくのだー。

 



  

ブログパーツのテスト

別サイトに搭載しようか思案中のブログパーツのテスト中です。
よかったらぽちっとなとご協力を。

国家試験、初挑戦

 信じられない程、毎晩、毎晩、まじめに国家試験勉強しているSalsaです。
 取ろうとしているのはこれ!

高圧ガス製造保安責任者 丙種化学(特別)・・・経済産業省

 一緒に受験するCAMUIロケット開発責任者であられるN田先生の言っていみれば「伴走者」ですかねぇ。なってないか。coldsweats01 
 ご本人がゴール(取得)されてしまえば、自分の資格が役に立つ日は来ないかもしれません。内容はけっこう手強く、その上まったく面白味のないものです。

 先日、美容院で高圧ガスのテキストを読んでいたら、美容師さんに、「なんか堅そうな本ですね。仕事ですか?」と言われて、「趣味です」ときっぱり。「あーー資格を取るのが趣味なんですね」と言われて、「資格コレクターではありません。ロケットの打ち上げを応援するのが趣味なんです」・・・・もう、言ってる自分でも、こりゃわからん話だよなぁ~と。案の定、美容師さんも怪訝そうでしたcoldsweats01。(でも、CAMUIロケットのことは知っていた!すごー)


 それでも!!!!

 高圧ガスの製造と貯蔵に関する法令など読んでいると、技術と安全について、現場は法的にどれくらい詳しく、どれくらい厳しく守らなくてはならないかを知ることができ、よい体験です。私としては、「ルールって何だ」を考えるいいきっかけとなっています。

 ルールって国民生活を守るものですが、もし、脅かすことがあるとすれば、ルールの想定が甘いか、ルールを守らない人がいるためということになります。

 さて、食の安全に関しての国家資格のようなものってないみたいなんですけど。これ、必要なんじゃないかしら。モラルに任せておくのは限界の印象を受けますが。


ここでSalsaの勉強法を。

 文章で覚えられない法令は図式(イラスト)化。視覚で覚えています。(参考書つくれるようになるかも。でも需要が少ないだろうな・・・)

    

サッポロの10月、初音ミク vs ポリマナミ

金融クライシスをものともせず(?)10月もイベントが目白押しです。

サイエンス・カフェ 初音ミクNight ~科学を超えた歌姫~

10月12日(日)18:00~19:30(開場17:30)
紀伊國屋書店札幌本店前インナーガーデン
チラシはこちら(PDF)をダウンロード
(Salsaは力しごと役)


未来高分子教室
初音ミクに対抗して新キャラ・ポリマナミ登場!?
高分子で展開するバイオ・光・ナノテクが織りなす実体験ゾーン

10月18日(土)10:00~16:00
北海道大学 大学院工学研究科 材料・化学実験棟
チラシはこちら(PDF)をダウンロード

※お申し込み締切が10月10日で、すでにたくさんの中学生のお申し込みにうれしい悲鳴なんだとか。チラシのおかげと言われ有頂天happy02 新キャラ・ポリマナミの存在大と見ているのですが。やっぱ、こういうのは楽しげでないとね。
(Salsaはチラシ、封筒、修了証書のデザイン役。当日は小学校行事とぶつかり行けましぇんweep


―なぜ?なに?ふれてみよう地質の不思議―
社会を支え続ける地質調査

今年は上記のイベントにジオ・フェスティバルSapporoが組み込まれている形式
10月25日(土)、26日(日)終日
サッポロファクトリー

まだ、広報が遅れているようなので、どこにもリンクしようがないので告知だけ。
このイベントは地学系の先生や研究者、学生、企業の人たち大勢の手弁当で小学生の中高学年や中学生向けに毎年行われております。
(Salsaは、土曜日に1本、日曜日に2本のサイエンスカフェを仕切ります。CoSTEP3期生のYさまには初!!!ゲスト体験をしていただく予定。むはははは・・・楽しみ。M姫はクイズコーナー。)
恒例のスタッフ(ボランティア)も募集中!

【追記あり】天体観測合コン、やった方がいいかもよ

 いつの間にか設置されていたブログパーツに「検察フレーズランキング」というのが、このページの右下にあるのですが、ずっと、ずっと、「天体観測 合コン」が一位なんですよ。これって、探している人が多いってことじゃないでしょうか?ニーズがあるってことかなと。ちゃっちゃとやった方がいいんじゃないかしら。ねぇ、YS-11kさま。

【追記】と、思っていたら、あっという間に圏外になりましたね。あはははは・・・

 6位の「国際航空宇宙展 コンパニオン」はここにはいません。探している方、ごめんなさい。

1位:天体観測 合コン
2位:イグノーベル 2008
3位:科学技術コミュニケーター
4位:イグノーベル 中垣
5位:科学技術コミュニケーションのコミュニケーション
6位:国際航空宇宙展 コンパニオン
7位:CoSTEP
8位:真性粘菌 迷路
9位:DTM 歌声
10位:世界最悪の旅 小久保英一郎

致し方ないので買いました

致し方ないので買いました
HDDからDVDに録画できなくなり、こりゃだめだと言うわけで。かなり安くなったとはいえ、イタイぞ。

今日はカレーだよーん

今日はカレーだよーん
何入れようかしら

南部さん、おめでとう!!

 南部陽一郎さんがノーベル賞を受賞shine。おめでとうございます。ほんと長生きしてくださってよかった。

 13年程前、『量子力学の冒険』 (←僭越ながら私、著者のひとりです)という本の英訳版『What Is Quantam Mechanics? : A Phisics Adventure』を世に出すとき(アメリカで売っている)にお世話になり、南部さんの息子さんに翻訳していただきました。もち、南部さんが日本にいらした時に講義も聞きましたよ。たぶん「ひも理論」のお話だったかと。
 当時からノーベル賞はいつかと思われていたのですよ。ほんとうに待たされました。(笑)

 ノーベル賞取るには健康で長生きであることが条件ですな。

初音ミクでサイエンスカフェ

 札幌にはサッポロバレーなるITベンチャーの集積地があります。その歴史は30年以上前に始まり、現在もアプリケーション開発でがんばっているようです。

 最近のヒットと言えば、これです!私のようなオバサンでさえ知っている!!

 初音ミク
Mikua4


 VOCALOID2という、自分が作詞作曲した歌をコンピューターにかなり自然な歌声で歌わせることができるというもの。くわしいことは、Wikipediaに任せて

 この初音ミクの生みの親であるクリプトン・フューチャー・メディア社代表の伊藤博之さんをゲストにしたサイエンスカフェが今週末10月12日夜に札幌であります。

 今までいろんなサイエンスをリサーチしてからプロジェクトに臨んできた私ですが、これはお手上げ┐(´д`)┌とさせていただき、暖かく見守りつつ、力仕事とか、パシリとかでご協力したいと思います。
 どんな方が来場され、どんな質問が出て、どんなワールドになるのか、すごく楽しみです。お誘いあわせの上、ぜひどうぞ!

サイエンス・カフェ
「初音ミクNight~科学を超えた歌姫~」


ご案内PDFはこちら

 札幌で生まれた音楽制作ソフト、そして同名のキャラクターが「初音ミク」です。印象に残るツインテールの髪型とキュートな笑顔、透き通るような歌声で、多くのファンを虜にしています。そして、初音ミクの魅力は、それにとどまりません。音楽制作やわたしたちを取り巻くメディアのあり方にも影響を与えているのです。初音ミク現象とは何なのか、音楽と科学技術のスパイラルな関係、ユーザーがコンテンツを創り、それが広く流通するUGC(user-generated content)やCGM(Consumer Generated Media)の可能性、地方発ベンチャーの誇り-。初音ミクの生みの親、伊藤博之さんをゲストに、会場の皆様の質問を交えて進めていきます。

 また、「初音ミクのここが好き!」「伊藤社長に質問!」といったメッセージを受け付けます。アドレスは、cafe.miku@gmail.com

日時:10月12日(日)
    午後6時~7時30分(開場:午後5時30分)
場所:sapporo55ビル1階インナーガーデン
(紀伊國屋書店札幌本店正面入口前)※札幌市中央区北5条西5丁目
定員:100人(座席は約70席です)
参加費:無料(申し込み不要。当日、直接開場へお越しください)
主催:「初音ミクNight実行委員会」
協力:北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)

ゲスト 伊藤博之さん(クリプトン・フューチャー・メディア代表、北海道情報大学客員教授)

 北海道大学に勤務の後、1995年7月札幌市内にてクリプトン・フューチャー・メディア株式会社を設立、代表取締役に就任、現在に至る。アメリカ、ヨーロッパなど世界各国に50数社の提携先を持ち、100万件以上のサウンドコンテンツを日本市場でライセンス販売している。会社のスローガンは、『音で発想するチーム』。DTMソフトウエア、携帯コンテンツ(着メロ/着うた)、ボイスメールサービス、サウンド配信サービス、コンテンツ検索など、音を発想源としたサービス構築・技術開発を、フラットな社内体制のもと日々進めている。

 「初音ミク」の開発会社としても知られている。1965年生まれ。北海学園大学経済卒。北海道情報大学客員教授も兼任。

※北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニットは、科学技術の専門家と市民との橋渡しをする人材を育てる教育組織です。大学院修士課程レベルの1年間のコースで、社会人や大学院生など約80人の受講生が学んでいます。

旭山動物園小菅園長の講演会(11月22日サイエンスアゴラ2008)

 私たちは考えた。
 動物たちの素晴らしさがお客さんに伝わる動物園とは、どんな施設だろうか。何度も足を運びたくなる動物園にするにはどうしたらいいのか。子どもだけではなく、大人になっても行きたいと思うような動物園とはどんなところだろうか、と。



 旭山動物園園長 小菅正夫さんの著書『<旭山動物園>革命 -夢を実現した復活プロジェクト』のはじめにの一節です。

 伝え聞くところによる旭山動物園の改革は知っていたつもりですが、革命の張本人の言葉で読むとその“苦悩の連続、心意気、そして企画力”に感動します。強い本です。あとがきではつい涙weepしてしまいました。ミッションを持ちそれを貫かんとする人たちにとっての応援書だと思います。超オススメです。

 さて、小菅園長のご講演の司会をすることになりました。(*^.^*)プレスリリース
 サイエンスアゴラ2008という、サイエンスコミュニケーションを主軸にした総合イベントです。詳しくはこちら。実行委員会企画のひとつ「動物園が開く窓」という講演会です。

「動物園が開く窓」講演会
日時 : 11月22日(土) 13:00-14:30

登壇者 : 小菅 正夫(旭川市旭山動物園 園長)、牧 慎一郎(TVチャンピオン 動物園王選手権 チャンピオン)、中村 景子(科学技術コミュニケーション工房 スペースタイム 代表)/司会
内容 : 果敢なチャレンジを続ける動物園の最前線と可能性、楽しみ方を話し合います。

 小菅さんともうひとかた牧慎一郎さんというTVチャンピオンというテレビ東京系列の番組の動物園王選手権のチャンピオンの方もご出演されます。動物園水族館マニアで有名な牧さんがTVチャンピオンになられた時のビデオを見せていただきましたが、いかに自分は動物園をぼけーっと見ていたかを思い知りました。

 そんな私ですから、今回の司会のご依頼をいただいた時は、“私でよろしいんでございましょうか\(;゚∇゚)/”とちょっと不安でした。(←毎度思うことですが) しかし、思えば、

サイエンスアゴラ1回目に科学の鉄人2005年、2006年の優勝者である境智洋先生(当時北海道理科教育センター)のサイエンスショー、

2回目(この時は自主企画で参加)にCAMUIロケットの永田晴紀先生(北大)と、植松努さん(植松電機専務・赤平)の講演&ワークショップ&サイエンスカフェ、

そして3回目に旭山動物園園長の小菅正夫さんの講演と続き、

毎年北海道の至宝の方々のプレゼンターになれるのって、たいへん光栄なお引き合わせです。この出会いを活かしてしっかり勉強させていただこうと思いました。そして次期動物園チャンピオンに!(ちがう!ちがう!coldsweats01

 というわけで、3年連続でサイエンスアゴラに北海道から行くことになりました。みなさま、ぜひ遊びにいらしてください。(来年は、イグノーベル賞の中垣先生だったりして・・笑)

 なにげに11月23日の福岡伸一さん、24日の香山リカさんが出演される「理系作家トーク」というトークショーも面白そう・・・

  

がんばってるんだね!

 偶然、CoSTEPの本科同期生の斎藤有香さん(現在毎日新聞記者)の記事を見つけました。なんか嬉しい。

 毎日新聞 雑記帳 タオルが母親代わり・・・・ナマケモノの赤ちゃん

 もちろん、他にも記事書いてます。
 http://search.mainichi.jp/result?p=%E6%96%8E%E8%97%A4%E6%9C%89%E9%A6%99&page=1

うっそーw(゚o゚)w 中垣先生がイグノーベル受賞!

 真性粘菌研究の中垣先生(←ちなみにこのサイトはspace-timeでつくったんだぞーとプチ自慢してみる)がイグノーベル賞を取ったそうです。

 ノーベル賞者は出ないけど、イグノーベル賞は出せる北大です!(笑)

 読売新聞

 時事通信

2008国際航空宇宙展に行って

 国際航空宇宙展(JA2008)のお手伝いに行ってきました。ブースの設営に一日、開会日の店番(ブースの呼び込み&説明)を体験して、またも勉強になりました。

勉強になったこと、その1
 CAMUI君のことを説明できるようになり、質問にも相当答えられるようになりました。
パネルやパンフレットのデザインをしている段階で、「なるほど~、こういうことだったのか~」と今さらのようにCAMUI君の長所に気がついたわけですが、ひとさまに説明してみたり、質問に答えたりしているうちに、「ツボ」がわかってくるのが、実に面白かったです。くり返しって大切だわ。

勉強になったこと、その2
 もしかして余計なお世話だったのかもしれませんが、M姫も私もどちらかというと、ブースに来た人に説明するという「待ち」の姿勢ではなく、ブース前を通る時にちらっとでもこちらを見た人に「向って行く」タイプです。英語で難しい質問をされてその場にいた全員答えられなくて、「開発者が戻ったら答えます」にしておいた来客者に至っては、「開発者がブースに戻って来たのでもう一度来て!」とM姫が走って呼びに行ったぐらいです。(ほんとに来てくれた。ドイツ大使館の人でした。)

 さらに、来てくださったり、説明を聞いてくださったりした人に、好印象を持っていただくようがんばったわけです。HASTICのI先生の熱弁には適いませんが。

 超巨大企業や有名&派手なところ、きれいなコンパニオンさんがいるところは、自ずと人が集まるのですが、小さなブース群のところは「ひと」ががんばらないと、せっかくお店を出しているのにもったいない状態になります。「店番頼まれちゃったから座っているけど、人が来なければいいなオーラ」を出しているお姉さんが座っているところには、やはり誰も寄り付きませんもん。
 かと言って、ニコニコと無駄に微笑みかけているあくの強いちっちゃいお姉さんと太ったオバサンがトラップはっているところを避ける人もいるかもしれませんけどね。(^-^;

 で、何が勉強になったかというと、ひととコミュニケーションすることで、逆にたくさんのことを教えてもらえるんです。こちらの説明の一方通行で終わらない。活用法についてのご意見が多かったですし、北海道という地の利と地の負でどう産業にしていくのかというご心配も参考になりました。ロケットに限らず、新しい技術が発展するときにクリアすべき問題も考える機会になりました。

勉強になったこと、その3
 出展している企業さんの展示を見て周り、きれいだけど印象に残らない展示デザインもあれば、すごくお金がかかっているわけでもないのに「おや何だろう?」と興味をそそられる展示がありました。実際、パネルの解説(文字)に任せてはいけなくて、実物(ロケットそのものや燃料そのもの)と実人(開発者本人)に勝るものはなかったわけです。
 惜しかったのがなぁ~HASTICのブースデザインなぁ~・・・(墓穴掘るからやめとこcoldsweats01 ) 次回はぜひ、開発者の行動展示を!?盛り込みましょう。(なんのこっちゃ)


 それにしても、CAMUI君はいろんな人に愛されているんだな~と思いました。わざわざ立ち寄ってくださる方々の中には、テレビで見たり、植松さんの話を聞いた方だったり、むしろ詳しい方だったりで、「がんばっているのかを確認」するために来てくださるという印象でした。
 さらに、開発者のT中学の同期生4人の方(同い年、同じ国籍に見えないのだか)がわざわざ平日だというのに会社を休んで集まるなんて、開発者が誉れに思われているうらやましい風景でした。JA2008で同窓会しているのはここだけなんじゃないの?smile

 いろいろと勉強させていただき、またひとのつながりも増えました。このような機会をいただきましたこと、HASTICの伊藤先生、開発者の永田先生に感謝しております。

 JA2008は、10月5日までパシフィコ横浜の国際展示場で開催中です。
  
  

環境サスペンス

環境サスペンス

ハシル

ハシル
BGMはブルーハーツ。まず豊平川さけ科学館へ。今日もハシルよ。

人気物と人気者

人気物と人気者
テレビで見ましたよとか、応援してますよとか、カムイ君は人気ものです。

なのに組み立て中

なのに組み立て中
届きました。今。

はじまります

はじまります

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »