crossline

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

川をたずねて三千海里

 環境サスペンスという名のサイエンスカフェの第2回目!

 前回のサケの木彫りの不評happy01を払拭するべく・・というのは半分冗談でして、実は札幌では有名な「カムバックサーモン運動」というのがありました。(過去形でいいはず)市民が関わった環境活動の中ではかなり古く、そして愛された活動です。

 今回、サケの話題を取り上げたきっかけはもともとは母川回帰の不思議と、日常食する魚の割りには良く知らなかったというのがありましたが、調べていくとこのカムバックサーモン運動にも興味をそそられたわけです。

 どっちということなく、自然環境をどう考えるかという根っこが同じなわけで、環境活動の話も母川回帰の話も両方展開してみるというお得な(?)カフェになりそうです。

チラシが完成!
A4に印刷できるPDF版は「こちら」からダウンロードできます。

03_02 

ビル・ドレイトン

 どよ~んとした天気にも似た気分を払拭しようかと、アホなテレビ番組を見ようとしたもののつまらなくて、あちこちチャンネルシフトしていると、む、む、む。。。見ちゃいました。というか見とれてしまいました。

 NHK BS1 未来への提言
 社会起業家 ビル・ドレイトン

 社会起業家の父 Bill Drayton ASHOKAの創立者

 紹介されたAHOKA fellow一人ひとりの活動はほんとにすごいなーと感心して見つつ、、、我が身を振り返って虚しくなるのでした。Changemakerの素質を4つ「創造性、起業家精神、社会的影響、道徳性」だったか挙げていたけど、うーーーん、ひるむぞな。(←すでにこの時点でアウトだな)coldsweats01

 でもって、今晩はチョムスキー博士ですって。やっぱり、見ちゃうわね。

 おとといのジョン・アルバートも見たかった・・・・。

土砂崩れ

 神戸の動物園のパンダの赤ちゃん、死んじゃったんですね。飼育員さん、がっくりでしょうね。

 それにしても、豪雨ひどいみたいですね。他人事みたいにしか書けないのは、ニュースで見る風景とうちの周りとのギャップのせいです。
 土砂崩れで潰れた家の様子をテレビで見る度に、何十年も土砂崩れが無かった土地だろうになぜこの雨で??といつも不思議です。もし、要因がわかっていて、いくつかの要因が重なって崩れるのだとしたら、予測やハザードマップなどは活かされないのかしらと考えてみたり。。。

 実は、今日の私はいくつもの要因が重なり、土砂崩れを起こして打ちのめされてcryingおります。今日って大凶か?shock

 ねむーー。

 でも、チラシデザインの仕上げと、請求書の作成をやらなくては・・・crying

 昼間、ぶらついていた罰だああ

めんどくさい心理(1)

 レンタルビデオ屋で、10本ほど揃えている新作が全部借りられていると残念に思うのに、2ヶ月ほどして2、3本残っているのを見てもあんまり借りたいと思わないのはなぜなんだろう。

  

宇宙基本法

 宇宙基本法が27日施行されました。これによって、宇宙産業全体がどう変わっていくのか興味深いところです。
 宇宙という舞台で鍛えられた技術が、地上の私たちの手元に降りてきて役に立ってくれたり、平和利用が促進されたらいいと思います。

 今度の国際航空宇宙展のセミナーなども宇宙基本法がテーマなのでしょうか。

環境と観光

 今日から土曜までしばらく雨模様が続くみたいですね。(札幌は)

 ここひと月ほど気になっているのが「観光」です。8月初旬に横浜、軽井沢、ディズニー、丸の内に行って札幌に帰って来て、なにげに観光って見過ごしてた行動心理だったと思った次第です。旅行会社とガイドブックに操られてること多くないかなぁとか、旅行会社に観光のイニシャチブを取られていていいのかなぁとか、人気が出たところが観光地化されるという後追いでいいのかなぁ(旭山動物園・・)とか。

 そんなことをふつらふつらと思っていたら、H大のTシャツイベントで、観光学科の人と知り合いになりました。1,2年ほど前にH大に観光学科が出来たとは聞いていましたが、その院生さんに出会ったのは初めて。(J○北海道から出向されているんだとか) 聞けば、非常に人数が少ないそうで、それで出会う確率も低かったのですね。その方は、地域おこしについて研究しているとのこと。さっそくサイエンスカフェしろくまのゲスト候補になっていただきました。(他にもビール製造(発酵)の話ができますという方もチェック!!)

 自然保護ってお金がかかるもの。それを観光収入で賄い、利益も上げられるような工夫や仕組みってもっとうまくできないのかしら。そして、ツーリストにとって変化と満足をもたらす経験にできないものかと。少なくとも、マナーを自ずと守りたくなる観光であってほしいわけです。

 検索してみると、エコツーリズムに加えちょっと視点の違う「環境観光」についての本ってあるようです。海外事例も気になりますし、ちょっと知りたいですわん。うーーん、こんなことを書いていたら、はやく、次のサイエンスカフェしろくまがやりたくなってきました。

  

SUMMER2008

コンビニで♪GIFTを聞くとけっこう楽しんだオリンピックを彷彿とし、

♪希望の轍を聞きながら、サザンオールスターズを惜しみ、

朝の「いってきまーす」の声に長男君の夏休みが終わったことを実感し、

ブログでCAMUI君も全部無事飛んだ音沙汰を知り、

ヘリコプターの音を聞くと洞爺湖サミットを思い出し、

ひさびさに横浜で友人と歌いに行ったらすっかりお子らにマイク取られっぱなしで、


音や曲に今年も夏が刷り込まれ、終わろうとしています。


最後のひとあがきで行った神威岬で日焼けした腕にもう長袖を着ています。

例年に比べれば羽を伸ばした方かな。

家の中の片付けがずいぶん進んだのはなかなかの快挙。

超難所の書斎が残ってますけどねcrying


20cm以下の男の靴やサンダルが大量にありますけど、誰か要りませんか?今週金曜日にはリサイクルかゴミに出します。

心と思考の軌跡を伝える

 環境サスペンスの準備で、サケの話を聞く度に、「サケだけでもこんなにワールドがあるなんて・・・生き物ってほんと面白い!!」と感動します。sun

 仕事においても、初めて知ることには無知をはばからずかなり本気で驚きます。happy02

 そんな“初めて知った時、体験した時の驚きや感動”と“わかっていく思考のプロセス”を、私はとても愛おしく大切にします。それを“ものがたり”にすることで、人を動かす連鎖に成りうると信じているからです。

 私は自分の役割のひとつを“Projection”(投影)と思っています。“Produce”されたScienceを、焦点をあわせスクリーン(媒体)に表現することだと。新しいことを見つけたり、生み出すわけではなくて、届けられていないたくさんのGiftをひとつひとつ届ける年中無休のサンタクロースみたいなものかなと解釈しているわけです。この役割、かなり本気で面白いと思っています。

 ただし、続けるためにはトナカイとソリが欠かせません
coldsweats01

  

石器時代の抱擁

ナショナル ジオグラフィックニュース
サハラ砂漠で古代の墓地を発見
よみがえる緑豊かな時代

 最近とても印象に残った写真です。

 一枚の写真からさまざまなストーリーが憶測できます。

 墓地から見つかったということは、残された父親が埋葬時にこのポーズにしたのでしょうか。花を添えたのも父親なのでしょうか。

 そして、なぜ母子三人が一度に亡くなってしまったのでしょうか。

 小説か映画がつくれそう。

CAMUIロケット、能代の空に!横浜の港に!

 8月25日(月)、秋田県能代でCAMUIロケットが9機も打ち上げられるそうです。

 「缶サット甲子園」という全国の高校生チームが自作した350ml飲料缶サイズの超小型模擬衛星を小型ロケットに載せて上空で放出し、定められた技術課題を競う大会があるそうです。くわしくは、こちら

 この打上げをCAMUIでやるのですね。

 やーー見てみたいなー。しかし、今回は我慢かな。



 出向が確定しているのは、こちら↓

 2008年国際航空宇宙展 
 10月1日(水)~5日(日) パシフィコ横浜

 モーターショーの航空宇宙版って感じですかね。4年に一度ということもあって、すごい規模なんですねぇ。10月1日にはブルーインパルスも飛ぶそうな。
 この中で特別展示というのがあるのですが、それがCAMUI君なんですよ!とんでもなくスゴイことです!そこで、かっこいいCAMUI君をもっと引き立たせてあげようと展示デザインを今考えてます。それも超低予算という縛りの中で。coldsweats01
 さらに売り込み隊長(?)におもろい助っ人(M姫)も一緒に行きます。自称「ミスCAMUI」となって完全無敵のパンフ配りをご披露してくれるそうです。(ほんまかいな?)

 展示準備が今回のミッションなので、30日の展示準備日と会期中の一日(10月1日)しかいませーーん。10月2日に環境サスペンスもありますから帰ってこないとね。
 みなさーーん、1500円のトレードチケット買って遊びに来てください。conyさま、sueさま、ちぃさま、(ぐ)さま、佐治さま、kumaさん、みなさまぁ~、お待ちしてまーーす。

  

一気読み確定本

 どこかで誰かがやってくれそうにないので、自分でプロジェクト立ち上げるしかないかしらと思い始めている今日この頃です。やりたいことは自分でやるのがいい!wineルネッサァーンスゥ

 それはさておき。

 楽しい本のご紹介。

Yamadagan『やまだ眼』

山田一成、佐藤雅彦 著

 8月アタマに丸の内の丸善で1ページ読んで「こりゃ、買いだね」と思い、即購入。ただし、新品で買っちゃった私としては、この本画像を持ってくる際に見たamazonサイトで、中古59円で出ていたのにはがっくりしましたけど。まあ、タイミングっていうのがありますからね。出会いのタイミング。

 日常何気なく思っていることを言葉にされるとドキッとする、あれです。山田一成氏の見て感じたことは、「実は私もそう思っていました」と本に向ってカミングアウトしたくなるものばかり。
 さらに、佐藤雅彦氏の添え書き(コメント)が絶品。元は新聞コラムですから決められた少ない字数なのですが、そこにコンパクトながらも奥深いワールドをつくれる佐藤雅彦氏。こんな気の利いた文章が書けるようになりたい!!

 もう一冊。こちらも佐藤雅彦氏。
 えっ!またもamazonで198円ですとぉーー!!crying えーーい、ピタゴラスイッチを信仰している私としては、教祖さまのご本は新品で買って本望じゃわい!happy02
 Maitukishinbun
『毎月新聞』

佐藤雅彦 著

これも、やられた感、たっぷり。

【追記あり】水球見せて!

【追記】21日深夜というか22日早朝4時~6時の間にBS1で水球女子決勝を放送するようです。結果見ないで、録画を見ようっと。(21日23:00)


 お願いです、どこの局でもいいです。

 水球を放送してください。

 何度も何度も同じ場面を放送するのもわからなくもないですが、日本人が活躍していない競技も面白いんですからお願いしますよ。

 水球に初めて魅入ったのは今から16年前のバルセロナ。友人宅でワイワイと飲んでいたのですが、思いがけずその場にいた全員が男子決勝に釘付けになりました。水中の格闘技!アナウンサーと解説も面白かったんですよ。たぶん、スペイン対どこかだったはず。

 後半、エキサイトしているまさにその時にテレビ画面が急に変わり、女子のマラソンのウォーミングアップの様子になったのです。まだ走るまでに30分くらいあるのに、なんで水球の決勝の続きを見せてくれないのかとN○Kに電話しようかと、、とりあえずテレビの前で猛抗議してました。(N○Kのすぐ側だったから抗議に行こうかとも・・happy02

 で、マラソンがはじまるころに結果だけちらっと画面隅っこに出て・・・もう、がっくり。

 たぶん、知らない競技でもアナウンサーと解説の腕次第で面白く見れるはずです。いろんな競技を流してくださーーーい。よろしく!(って誰に言ってんだ??)

 海外でオリンピックを見ると別物ですよね。同じ大会を見ているとは思えないほど放送される競技が違います。1976年のモントリオールをアメリカのど田舎で、1988年のカルガリー冬季を中国なのに中国語の字幕が入る国営放送で見たのです。カーリングを見て、「こんな競技があるのか?」と思いましたもん。きっと、世界配信されていても、世界中の人たちの多くが「まだ見たことない競技」があるんだろうなと想像します。

 いろんな国のテレビがネットで見れたらいいのになーー。

  

  

プレゼンスライド請負人

 最近の興味深いご依頼は「プレゼンテーションのスライドデザイン」です。

 最初の案件の時には「やったことがないですけど、がんばってみます」でがんばりました。しばらくして、口コミで2回目のご依頼。「ご希望に副えるかわかりませんが、がんばります」でがんばりまして、なんだか「コツ」を見つけてきたので、裏メニューから昇進して看板メニューに入れちゃいました。

 ストーリー構成を整え、伝えたいことを端的にまとめ、印象に残るようなデザインを施し、コミュニケーションのきっかけになるよう“念”を入れるとできあがります。もちろんプレゼンターとやり取りをしながらです。

 場所や設定をわきまえて懲り過ぎは禁物。会場の大きさ(スクリーンの大きさ)や人数や、どんなシチュエーションなのかできるだけ詳しく聞いておきます。できればポインターを使わないで話してもらえるようなスライドにします。
 各プレゼンターの方の話しやすさを重視するという点から言うと、自分のプレゼンをつくるのとはわけが違います。一番重要なのは短い時間で想定されている聞き手の思考に浸み込めるか否かでしょう。できることならば「いい質問」を引き出せたらgoodですよね。

 いろいろ想定を考えてデザインをしている時はけっこう面白いのですが、やっぱり最初の原稿は専門用語いっぱいですし、その中でオリジナルな提案はどれなのか、重み付けはどこなのか、いろいろ調べないとわからないという点では、やっぱりライティングにも似た地味な作業が長かったりします。
 
 残念なのは手塩にかけて育てたプレゼンの本番を見ることができないことです。(会場が遠いとか、関係者だけとか)
 というわけで、プレゼンがんばってきてくださーーーい!!吉報をお待ちしてまーーす。

 

2学期

 オリンピックは続いていますが、北海道の短い夏が終わりますぅ。weep

 小学生は明日から2学期です。

 中学生は中間テストに向けて臨戦態勢に。と言いながらバスケとテニスに余念がないんですけど、大丈夫なんだろうか???

小樽ビール

小樽ビール
さあ、帰ります。

また明日

また明日
岬の湯しゃこたんからの眺め
眺めは最高。でも湯質が塩素風呂なのがなー、惜しい。漂白剤に手を入れた時の感じ。

来た、キター!!

来た、キター!!

キター!!!!!

キター!!!!!

思いついたら即行動

 さぬきうどんの映画を見たら、やっぱり食べたくなりまして、、、

 札幌にあるかしらと探しましたら、なにやら「半セルフ」の文字が。

 お昼ごはんにとちょいと車を走らせて行ってみました。

 讃岐うどん おか田

 大通西18丁目 朝7時~昼過ぎ14時に閉店
 日曜祭日はお休み ちなみに明日から21日まではお盆休みのようです。

Dscf2443p










 

 三方ビルに囲まれた小屋です。入るとお盆をもって冷か温の並か大を頼みます。
 天ぷらや卵などはセルフで取ります。お勘定して、天かす、葱、ぶっかけなら出汁醤油をかけてテーブルへ。
 テーブルは内と外。雨もあがったので私は外へ。ビルの谷間にぽっかりと田舎の空間ができていて、なんともSFアニメぽい不思議空間です。

Dscf2440_6




















 懐かしい讃岐の味でした。うどんの歯ごたえ、温のお出汁、手作りきつね、おいしかったです。ただ、あの香川県価格ではないのが残念。あの「並100円」で食べれるお気楽さはないです。

 ひっきりなしにお客さんが来てまして、常連さんが多そうです。土曜日とあって近所の家族連れも普段着&サンダル履きで来ていて、雰囲気に一味出していました。

 他にも札幌においしい讃岐うどんがないものか探してみたいですね。


 Soul Foodづいていて、夜は隣人(←関西人)のSoul Foodのお好み焼きをいたしました。

 明日はとうとう私の「うに丼」と、最近気になっていた絶景露天風呂の岬の湯しゃこたんに行ってみようかと。

 お天気もよさそうですし、夏休みの最後の〆としては最高かと。
  

Soul food

 私にとってのSoul foodって?

 映画『UDON』をレンタルで見ました。四国の丸亀に友人がいたので、20代の頃何度か行った「あの葱を裏の畑から持ってくるなかむらのうどん」や「こしょうの効いた若鶏の半身を出す一鶴」の場面など、とても懐かしくって、さぬきうどんが無性に恋しくなりました。

 そういえば、渋谷のやしまってまだやっているのかなとネットで探すと、富ヶ谷に移転してました。ここの「ホットひやし」をよく食べましたっけ。


 さて、私のSoul foodは二つありました。過去形なのはひとつは無くなってしまったからです。もうひとつは健在らしいです。この夏、食べに行っておこうかな。

うしお(神威岬)

 今や北海道にうに丼を食べさせる店は数あれど、ここがルーツだと思っておりますし、ここでないと私はダメです。神威岬まで歩いて、海に突き出た岬からの絶景を見て、帰って来て食べるここのうに丼が私のうに丼です。いろんな思い出も一緒に詰まっています。

 先日、義弟さん(←関西人)に偶然、「これまで食べたものの中で一番おいしいと思ったのは神威岬のうに丼です」と話されたので、うれしかったです。私も初めて食べた時の衝撃を忘れられませんもの。

 行きたくなってきた~!

  

サケの母川回帰

 今日は午前中は祖父&祖母&母の墓参(ボサン)、午後は母川(ボセン)回帰のお話を聞きに。coldsweats01

 10月2日に予定している環境サスペンス第2回はサケの母川回帰と河川の環境についてのサイエンスカフェとなります。そのゲストとして白羽の矢を当てた方のお一人を大学にお訪ねいたしました。(ピエール隊長以下3名で)

 サケは自分の生まれた川をどうやって識別しているのか?

 めちゃめちゃ不思議。King of 不思議です。そして、

 なぜ、淡水の川から塩水の海へ、そしてまた淡水の川へもどれるんでしょう?さらに、

 海は海でもベーリング海まで行ってまた戻ってくるんですよ。それも、

 生殖の時期に合わせて川に戻ってくるんですよ。

 不思議です!本当に不思議です。

 これを研究されているU田先生にそのまんま質問しちゃいました。(もちろん、事前リサーチは大まかにはしておりますよ)

 驚いたのは、生まれた川(母川)の認識方法が最近詳しくわかってきたということ。まさに今U田先生が論文にされようとしている最中とのこと。そんなホットなお話が聞ける環境サスペンスにぜひ、みなさま来てください。
 (おい!釣りか?出し惜しみ?)

 サケ類の中でもカラフトマス、シロサケ、ベニサケ、サクラマスでは、繁殖のストラテジーが少しずつ違うんだとか。生き物の話って面白くってついつい吸い込まれちゃいます。

 ネタばらしはやはり当日ということで。うーーん、おもしろくなりそう。(おもしろくするんです、ハイ)

ストリートビュー

 Googleのストリートビューで、なつかしツアーしているSalsaです。

 昔、住んでいた所をことごとく見に行きました。

 勤めていたところも、通った場所も、

 うーーん、変わっていたり、変わっていなかったり、、、、

 それぞれにそれぞれの時間が流れているのねぇ。

 現在の家や車まで写っているのにはちょっとドキッとしましたけど。

 どうやって撮ってんだろう?

 けっこう上を見上げれるし、なにげに行った感ありますね。

 

ついつい

 ついつい見てしまうオリンピック。とういうかずっとテレビがついたままなんですよ。それも同じ場面を何度も見てしまうってなんでしょうね。勝つとわかっているのに見ちゃう。happy01

 

鬼門の匂い

 えーーん、午後8時から打ち合わせってメールに書いてあるから、海から急いで帰ってきて、必死で自転車sweat01漕いで大学に行ったら、


誰もいない・・・coldsweats02


 場所間違えたのかと思って、最寄の部屋の方に聞いてメールの差出人の方のお部屋に行くと、

「あれ、終わったよ。今日は18時からでしたけど」

 18時を8時に間違えたんでしょう的言われ方だったので、「やーー、私が見間違えたんでしょうかねぇ・・・」と謝って帰って来てメールを確かめると確かに「午後8時」って書いてあるではありませんか。pout pout

 不思議なのは同じメールを受け取った他の方はなぜ18時に行けたのでしょう????

 私だけ?  なんで???

 今日この打ち合わせが入っていなかったら家族ともっと羽伸ばしていたのに!!!!プンプン。


 ぐち、ぐち、ぐち・・・・・

 

ちょっとひなたぼっこ

ちょっとひなたぼっこ

ペルセウス座流星群

 昨晩、雲ひとつ無かったこともあり、モエレ沼公園までひとっ走り行って星空を眺めてみました。まだ月が明るかったので満点の星空とはなりませんでしたが、シューーンというりっぱな流れ星が見れました。

 今日12日深夜から13日明け方がピークとのこと。お天気の良い地域の方は見上げてみてはいかがでしょうか。

ペルセウス座流星群をみよう

  

文化に消化されたら残る

  「終わんなーーい」と叫びつつ、パソコンの前で、後ろからオリンピック中継の声に挟まれて、急ぎのご依頼をせっせとやっております。(それにしても明日締切ってヒドイざます)

 さて、昨日(日付ではおととい)は、旭川で行われたサイエンスカフェに行ってきました。旭川のサイエンスカフェってどんな風にやっておられるのか興味があったのと、岡田弘先生のお話が聞ける回というのもあって、札幌から約一時間半特急に乗って行って参りました。

 行ってほんとよかった。岡田先生が「文化にまで消化されたら残る」とおっしゃったこの一言を聞きに私はここ旭川に来たんだと思えたからです。この一言が、最近の紋々とバラバラとしていたイメージを瞬間的につなぎとめてくれました。閃光が走るお言葉でした。


 十勝岳の大正泥流は三浦綾子さんが、有珠山だと三松さんが文化に消化したそのひとなんだと語る岡田先生。なるほどー。でも、私にとってどちらにも出会わせてくれたストリーテラーは岡田先生なんですよ。happy01


 うちに帰ってから隣人に教えてもらった話によると、大きな災害が人々の価値観や思想に大きく影響し、時代すら変えてしまった例が古くは1755年のリスボン大地震に見られるそうです。(ヴォルテールも登場する話で、運命を感じますわ)
 リスボン大地震が起きたのが11月1日でカトリックの祭日だったり、多くの聖堂が壊れたことも、神学では説明がつかない事から、「神は本当にいるのか?」という疑念が湧き、宗教との関係性が変わるきっかけになるほどの影響があったとか。また、楽観主義的だった啓蒙思想にも変化をもたらしたそうです。ヴォルテールもその一人で、彼は『カンディート』や『リスボンの災害についての詩』を残していて、内容はキリスト教徒として信仰深かった三浦綾子さんとは違う感性で表現しているかなと想像してみています。(青文字は修正した部分)

 また、地震学が始まったのもこの大地震がきっかけだとか。

 この災害は、政治、思想、学問にまで消化されたのかもしれないですね。

  

三浦綾子記念文学館

三浦綾子記念文学館
旭川サイエンスカフェ

応援してまっす!

 北京オリンピックは時差が少ないからうれしいな。

 無事に、無事に、楽しい祭典でありますように。

遊び半分、リサーチ半分

 そもそも、何を好き好んで猛暑の関東圏に行くことになったかというと、大阪人の北上に合わせたからです。大阪人(両親)にとっては軽井沢は避暑なのです。そこに、アメリカのアイオワ(長男一家)と、札幌(次男一家)と、仙台(三男一家)一族みんな集まるという数年に一度のイベントがあったわけです。

 で、せっかく行くしと思って前後におまけをつけてみたわけです。

 頭の中のネタ帳には、アイデアがびっしりと。

 今後、使う機会があればいいんですけどね。coldsweats01


ちぃさま、(ぐ)さま、sueさま、M姫さま、ogagaさま、コメント、ありがとうございました。携帯へメール転送を設定していたので、くださったコメントは読めていたのですが、なんせPCから遠ざかっていたので、直返信しなくてごめんなさい。

札幌に避暑

ただいまー。airplane

最後は丸の内に行って、怒涛の関東6日間が終了。
子ども達は科学技術館ででんじろうさんに会えたそうな。
その頃、私はオイスターとワインを堪能してました。bleah

http://www.oysterbartokyo.com/index.html
グランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン丸の内

Kさま
スペシャルランチrestaurant、ご馳走様でしたーー!!!間に合いました?
私は、あの後、丸善book堪能しました。札幌にも売っているだろうに、アマゾンで買えるだろうにと思いつつ、荷物になるのに2冊買ってしまい、電車と飛行機で活字不足を解消いたしました。



夏に南下はきつかったー!!
とはいえ、家族全員、元気にけがもなく、楽しく過ごせたのでよかったです。

それにしても、あんな暑い所に20年以上住んでいたなんてウソみたい。一瞬、懐かしいと思いましたが、2日目からは軽井沢でさえ、暑さで夜寝れませんでした。おかげで『泥流地帯』読破!←ただし、内容が重すぎて、気分がどよーーん。(旭川のカフェってまだ申し込めるんだっけ?あれっ?)


やー、札幌、サイコー!!安眠できそう。

留守のじーさま曰く

「札幌も暑くなった」そうな。

東京のおぞましいほどの暑さに比べりゃ天国ですよ。窓を開けて通る風の気持ちいいこと。冷房の部屋でのどがやられてしまいましたもん。

難なのは、汗が浸み込んだ洗濯物の臭いこと・・・

もうひとつ、電話やメールが溜まっていること・・・

あーーー、多すぎて読めない。

ほぼ制覇

途中大雨にミシカがぶつかり電子機器以外ぬれねずみになりましたが、それいがいはスムーズに。13時間開園から閉園までいました。海の方は初めて来ました。ライドよりショーがどれも素晴らしい。
それにしても『泥流地帯』読んで、ディズニーシー行くとギャップ激しい。自然や宿命に太刀打ちできない話と火や水をコントロールしている遊び場。
コメントを下さっている皆さま
コメントが携帯に転送るので読めているのですが、返信できません。ごめんなさい。

びしょぬれ

びしょぬれ
シャワー並。
それにしてもエンターテイメントテクノロジーもここまで来たかとオドロキ。
マニュアルとかプロトコルとか安全管理とか、広報とか、唸りますな。

本日は海の方

本日は海の方

本物姫

本物姫

先頭

先頭

待ち時間

待ち時間
60分。
ましなほう。
カミナリすごいので雨来るかも。
ここは、千葉県なのに東京ディズニーランドとはこれいかに。

軽井沢絵本の森美術館のお庭

軽井沢絵本の森美術館のお庭
札幌人には避暑ではなく飛んで火に入る夏の蒸し風呂

神出鬼没

神出鬼没
さあ、ここはどこでしょう。関東人には避暑地。

よしもとおもしろ水族館

よしもとおもしろ水族館
横浜中華街にきてます。さかな君プロデュース。凝ってますよ。

エドはるみ水槽

エドはるみ水槽

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »