crossline

« シャワーの水 | トップページ | 見送ります »

アルベール・カーンの映像

 世界観が変わる力がやはり映像にはあると実感。

 BS1の世界のドキュメンタリーで19日~21日まで一挙放送されたアルベール・カーンの<奇跡の映像 よみがえる100年前の世界>はタイムマシーンに乗って行って見てきたかのように、20世紀初頭の世界中の庶民生活をカラーで見せてくれる。
 その美しさ、ありのままの面白さと惨さ、そして、とんでもない量、これはスゴイ!第1回を見ただけでも衝撃でうるうるしてしまいました。

 とても一度に見れるものではないので、録画をこれから楽しみたいです。

 それにしても、大富豪になったアルベール・カーン氏が変わりゆく世界を映像にし、人々の世界観を広げようと独断でこの素晴らしい事業に財力を使ったことにまず尊敬してしまう。

 万が一、金持ちになってしまった人には、こういうセンスでお金を使ってほしいわ。

 シリーズ“核”も、まだ録画全部は見てませんが、よくここまで突き止めたもんだと感心しきりです。面白いというか、コワいというか。今週も続きます。

  

« シャワーの水 | トップページ | 見送ります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/41930866

この記事へのトラックバック一覧です: アルベール・カーンの映像:

« シャワーの水 | トップページ | 見送ります »