crossline

« できるだけ家にいるのがよさそうね | トップページ | 局所的 »

サイエンスアゴラ2007がサイエンスチャンネルで見れるようになりました

 サイエンスアゴラ2007が番組になり、サイエンスチャンネルで昨日から見れます。30分ほどお時間がある方はどうぞ。

サイエンスアゴラ2007「あつまれ!科学の“広場”へ」


 ちょっと話変わりますが、先日GCOEの中間審査のプレゼンをお手伝いした話を書きましたが、そのグループの先生に先日会いに行く機会があって、ドアを開けて挨拶するなり、先生に、

「いやーー、落ちちゃったよ、おばちゃん」と言われた(爆笑)coldsweats01

 心の中で、「先生よりは若いんですけど!おばちゃんはないだろ!pout」とツッコミを入れたものの、あまりのフランクさにちょっとニンマリしてしまった。続けておっしゃるには、

「ごめんねぇー、あんなにがんばってもらったのに。落ちなかったら、ホームページやら、いろいろ面倒みてほしかったんだけど。だって、誰よりも趣旨を理解してもらっていたからね。やー、一緒にやって勉強させてもらったし、おもしろかったよ。またよろしくね」

と、意外なほど労いの言葉をもらってしまって、ちょっと驚き、うれしかった。GCOEの申請準備の先生のたいへんさを思うと、最後の最後に関わっただけの私にはもったいないお言葉だった。それに、最初会った時はそういうことを言う感じの先生じゃなかっただけに、この変化はなんだろうと思ったのです。


 同じグループの別の先生のところにも立ち寄ると、ほぼ同様のことを言われ(おばちゃんとは言われなかったが)、「コーヒー入れるから飲んでって」とも言われ、どうして落ちちゃったのかお話を聞かせてもらい、今後の参考になりました。プレゼンのせいではなかったらしい。(ひとまず安堵)

 その先生にも「内容と趣旨をよく理解して、そして聞き手に理解できるようにデザインすることは大切だよね。僕たちだけでは限界があるんだよ。こういう役割は日本ではまだ認知が薄いかもしれないけど、これからニーズが出てくるよ」と。

 と、ここまで話を聞いて、はたと思ったのです。

 まず、この先生がプレゼンのブラッシュアップ(最後の追い込み状態)に科学技術コミュニケーターを呼んでみようと思いついたことってすごいんではないかと思ったわけです。
 ちなみに、なぜ私だったのかを聞くと、大学の○○本部の○○部長に推薦されたとのこと。(実は私はその方を知らない・・・その部署のお仕事はちょこっとやったことありましたけど・・・)

 とにかく、私じゃなくても、科学技術コミュニケーターを交えてプレゼン準備をしようという発想はちょっとした「変化」だと思ったのです。世間知らずの私ではありますが、よくある話とは思えないのです。
 そして、結果的に二人の先生にコミュニケーターの一側面を認知してもらえたわけです。

 まあ、逆にどこかでコミュニケーターにやってもらっても仕様もないと思う人もいるかもしれないけど、三歩進んで二歩下がるぐらい(そんなに歩留まり悪くないはずcoldsweats01)は想定内でしょ。千里の道も一歩から。そして一歩で終わらせないこと。

 と、まあ、ひとつひとつ丁寧にやり、質を向上させていくことの大切さを実感したわけです。


 少しずつですが、私の知っているだけでも科学技術コミュニケーションを学んだり、その役割を意識した学生さんが仕事に就いて、その役割を発揮できそうなところまで来ていると感じています。中期的に見守ってこそ見えてくる変化が起きつつあると感じています。

 先人の工夫と努力も、サイエンスアゴラのようなプロモーションや交流の場も、CoSTEPのような教育プログラムも、そして、ひとり一人が現場で実践していくことも、その他諸々、まるっとすべて少しずつでも「前進し続ける」ことが大きなうねりにつながっていくんじゃないかしらんと思っていたりなんかして・・・。happy01

 続けましょう!
(私なんぞに言われたかないよとツッコミ入るかしら。。。おほほ)

« できるだけ家にいるのがよさそうね | トップページ | 局所的 »

コメント

ご無沙汰しております(読み逃げはして老いますが)。
科学技術コミュニケーターとは名乗っておりませんが、おなじような気持ちで日々継続重視でおたおたやっております。息長く、をめざして、お互いの仕事を覗き見しながらできればよいかとおもっています。

そうですねぇ、現場の体験談はとても参考になります。それが聞ける環境に居れるというのはありがたいかも。

 それにしても、びわさんとこ、GCOEたくさん取りましたねぇ。今度秘訣(?)教えてください。happy01

たしかに、周囲はGCOEの話は確率的に多いところにおりますが、なんせ、申請には関係ないからなぁ。その能力があれば、別の道を歩いていたかも!?

>「前進し続ける」ことが大きなうねりにつながっていくんじゃないかしらんと思っていたりなんかして・・・。

Salsaさんのお言葉、非常に重みがあります。
私は一つのことにこだわって、いろいろと考えてしまうところがあります。燃焼するまでに時間がかかってしまいます。推進力は結構あると思うんですがcoldsweats01

落ち込んだり考え込んだりしている時に、Salsaさんのブログ読むと、私もやらなきゃって奮い立たせようと思うもう一人の私が立ち上がります。

み~ま~し~た~
確かに知った顔がいっぱい。
Salsaさん草むらをバックにお話していてスゴイっす。
フェアリーさんもインタビュー受けたのに、一瞬しか映ってなかった・・・。
つまんないの~gawk

ちぃさま
私も着火には時間が掛かりますよ。昨夏の花火のように湿気てるんです。いざやるからにはちゃんとやりたいっていう気持ちが強い事ほど、すごく慎重になるんです。それでもやり始めれば、身を焦がしてまでやっちゃうという極端で不器用な私なのでございますよ。

M姫さま
正面から映っていたでしょ!今回のはちょこっとでも、きっとそのうち特別番組の企画が来ますよ。(未確認情報happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/41774398

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスアゴラ2007がサイエンスチャンネルで見れるようになりました:

« できるだけ家にいるのがよさそうね | トップページ | 局所的 »