crossline

« RSSリーダーを替えたら気分も一新 | トップページ | 問題なのは「急変」なのね »

「NHK職員 株取引問題~第三者委員会調査報告を受けて~」を見て

 昨晩「NHK職員 株取引問題~第三者委員会調査報告を受けて~」という番組をちらちらと見ていました。

 ずるいことをしていたという意識があったかどうか。意識があったが私利私欲が勝っていたのか。どっちにしろ、個人のモラルが無いことには(育たないことには)、どんな組織対策も無駄になるでしょうね。
 個人のモラルが無いことは別にNHKのせいではないだろうに。放置していたことには責任があると思いますけどね。立花隆氏は採用の際に見抜けというがそれもあまり現実的な感じがしなかった。

 中身はさておき、「結局はポーズ」と言われかねない番組をあえてつくって放映したことは私にとってとても興味深かったです。批判を受けることを恐がってもいないし、別に褒めてもらおうとも思っていない。見たからといって信頼回復になってないcoldsweats01あたり、テレビにしては誘導の薄い番組だったという印象でした。それが逆に興味深かったです。なんというかテレビっぽくなかった。

 もしかして、あの番組をつくった人たちって、一番見てほしかったのはNHKの職員だったんだじゃないかとふと思ったわけです。番組づくりの裏側を知り尽くしている職員に、今さら仕込んだ番組をつくってもシラケるだけです。(あれでも十分シラケた人はいるでしょうけど)でも、ひとりひとりの浄化作用に訴えかけようとしたのではないかと同情的に見たわけです。

 これは、なかなか他の企業が真似できないことをやったんじゃないかという点で、私はけっこうすごいと思ったわけです。見たあとに、森永だって、雪印だって変われたんだから、NHKもがんばれ!みたいな気持ちが正直湧きました。

 コンプライアンスが言われて久しいけれど、社会や、消費者に対するポーズが一時的に上手になってるようじゃ再発は免れないでしょ。自浄化作用を個人としても、組織としても働かせ始めることが根本的な解決だと思うわけです。そのきっかけとして、己を曝すというのはよかったんじゃないかと。視聴者を満足させる番組でなくてもよくて、とにかく曝すことから何かを始めたかったんじゃないかと詮索したわけです。

 見せられた側としては、自分(自社)だったらこれができるのか?もし、こうじゃないだろうと思うのであれば、どんな方法があるのか、考えるきっかけにいいと思いました。


 捏造、談合、インサイダー、隠滅、詐称・・・(特に捏造と談合は北海道の特産品になりつつありますな。ほんと恥ずかしい!)

 モラルがない人って大抵傍から見るとほんとわかりやすく、「ずるい人間です」ってさらけ出しているのだけど、本人は隠しているつもりなんだろうか。それとも、ずるく生きてるのがかっこいいと思ってわざと見せているのか。「おれ、うまくごまかしているんたぜ!」というのが勲章なのか?ときどきそういうオジサンがいるんだけど、廃れてほしい。

  

« RSSリーダーを替えたら気分も一新 | トップページ | 問題なのは「急変」なのね »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/41561009

この記事へのトラックバック一覧です: 「NHK職員 株取引問題~第三者委員会調査報告を受けて~」を見て:

« RSSリーダーを替えたら気分も一新 | トップページ | 問題なのは「急変」なのね »