crossline

« 壁紙のムコウは宇宙 | トップページ | アイテムを持って次の目標へ »

6歳の人生哲学入門

 日曜日の夕方、なかなか家に帰ってこない次男君を探しに近くの公園へ。公園の中には見当たらず、きょろきょろしていると、道路を渡ったところでベソをかいているではありませんか。名前を呼ぶと、さらに大泣き。

chick「1年2組のS君に石投げられたーーcrying

 S君がゲームをやっているのを後ろから覗きこんでいるうちに煙たがられたらしい。怪我もないし、まあ、ここは穏便といくことに。(でも、もう一回やったらお話しに行くからね!S君!pout

 買い物に行く途中だったので乗りつけた車に乗せました。

think「一緒に買い物行く?ソフトクリームでも食べる?」

chick「うん」

 エンジンをかけると入っていたCDが流れ始めました。最近、車で兄弟と私がシャウトしていたザ・ブルーハーツのベスト版です。もともとは隣人のセレクトだけど。その時流れて来た曲が「♪TRAIN-TRAIN」。歌詞はこちら。 独特のベタっぷりが好き!




♪栄光に向って走る あの列車に乗って行こう
 はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう

・・・・・・

♪ここは天国じゃないんだ かと言って地獄でもない
 いい奴ばかりじゃないけど 悪い奴ばかりでもない



 全部歌うわけです。助手席で鼻水を垂らしながら。6歳が!
 なんか映画かドラマを見ているみたいでした。


♪世界中にさだめられた どんな記念日なんかより
 あなたが生きている今日は どんなにすばらしいだろう



 一曲まるっとシャウトしたころ、スーパーに到着。8割ほど立ち直っていました。

 歌って喝入ることあるよねぇ。それにしても単純だ。

 残る2割の内、1割はソフトクリーム、もう1割は大好きなジグソーパズルお買い上げで復活。

think「いやなことの後にはいいことがあるんだよ。で、いいことの後にはいやなこともあるんだよ。そのくり返しなのよ人生は」←6歳に人生を語る?

chick「じゃ、この後はいやなことが起きるの?」
(ソフトクリームとパズルですっかりいいことが起きたことになっている)

think「すぐには起きないかもしれないけど、またいやなことは起きる。その時にどうして起きたのか考えることと、次はいいことが起きるって信じらることで元気は戻ってくるよ」

 6歳にどれだけ通じたか不明だったのですが、夜、隣人と風呂に入った次男は、隣人にこの通り語っていたそうです。(というか、隣人は6歳に諭されていた模様・・coldsweats01


 まあ、ほとんどブルーハーツに助けられたようなもんなんですけどね。note

  

« 壁紙のムコウは宇宙 | トップページ | アイテムを持って次の目標へ »

コメント

ブルーハーツですか、をを。

> 歌って喝入ることあるよねぇ。
いや全く。中々思いっきり歌う場所がないですけどね。
(カラオケBOXでも行けば別ですが)

5歳の時転んで膝をざっくり切って、泣きそうになるのを
「いざ征け~強者~日っ本男児~!」と
唄って鼓舞して帰ってきたことがあります。
(某Blogで書いたかな?)
端から見たら膝から血流した珍妙なガキだったでしょうねえ・・・(^_^)

それはともかく、嫌なことや辛いことは今でも歌がいやしてくれますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/41497792

この記事へのトラックバック一覧です: 6歳の人生哲学入門:

« 壁紙のムコウは宇宙 | トップページ | アイテムを持って次の目標へ »