crossline

« 【追記あり】みっちゃん | トップページ | 無事飛びますように »

西からただいまー!東へいってきまーす!

 お昼の便で広島から帰ってきたSalsaです。2時間も上空にいるので本でも読もうと空港で2冊も買ったのに、4ページ読んだところで爆睡。瞬間移動したような気分で千歳空港に着いてしまいました。(情けない。。。)

 広島のサイエンスカフェでは、広大の院生さんで、3期選科生のYKさんと一緒にファシリテーターをしました。彼女としてもご自身の大学で研究分野も近いテーマのサイエンスカフェを実習したようなものですから、とてもいい経験になられたのではないでしょうか?春から福岡に移られてもぜひトライしていただきたいです。YKさんとは2日間、打ち合わせも含めてサイエンスコミュニケーションについていろいろ話せたのもよかったです。

 それにしても日本全国津々浦々にサイエンスコミュニケーションが広がり、根付くにはまだまだ弊害が多いなーと感じます。その弊害が何かはけっこうわかって来たかな。。。(うふっ)

 俯瞰してみると、年々、大学、特に理学系の環境は厳しさが増していて、そのスピードにサイエンスコミュニケーションの波及効果が追いつけない虚しさが感じられ、さらにあんまり期待もされてないんだなーということも感じられ、悲しいなー・・・同時に自分の無力さも知るんですよね。(あーー・・泣)

 あちこち行くと、北大にCoSTEPがあるのって画期的なことなんだなーと感じます。2年後、これを北大が手放したらせっかくの全国に先駆けた5年分の進化を棄てることになるので、パイオニアとしてもなんとか持続していただきたいと思いますわん。

 さて、さて、帰ってきて2日分のたまったメールの返信を書いていると、急に「次の司令」が来ました。(笑) というわけで、明日朝から「東へ」いってきまーーす。

 西へ、東へ、飛んでけー!

« 【追記あり】みっちゃん | トップページ | 無事飛びますように »

コメント

「サイエンスコミュニケーションは大学の知名度を上げ,市民に大学の存在意義を知らしめる重要な活動」という意味を理解している大学関係者が,現実にはきわめて少数なのではないかと思います.
私が関わっているサイエンスカフェのゲストスピーカーのおひとりが,「科学離れ」が一番進んでいるのは大学研究者自身ではないだろうか?と言うことを,指摘してくださいました.
当事者意識が乏しいところは,いずれ淘汰されていくのでは?という厳しい見方もできます.

TB&コメント、どうもー。
当事者意識というマクロな問題もあるのかもしれませんが、私が日々出会う問題は個別性が高くひとくくりでは表現しにくいものだったりします。特に今回は当事者意識のある研究者の方を周りがサポートできずにいるのではないかという問題です。そこに私が札幌から行っても一時的なお手伝いしかできないんです。根底から支えて差し上げることができないことがなんとも虚しいのです。まあ、そこまで求められてもいないんですけどね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/40331546

この記事へのトラックバック一覧です: 西からただいまー!東へいってきまーす!:

» 【閑話休題】サイエンスコミュニケーションの「当事者意識」 [Science and Communication]
Salsaさんのブログに,私がコメントしたことを再掲します. ====== 「サイエンスコミュニケーションは大学の知名度を上げ, 市民に大学の存在意義を知らしめる重要な活動」という意 味を理解している大学関係者が,現実にはきわめて少数な のではないかと思います. 私が関わっているサイエンスカフェのゲストスピーカーの おひとりが,「科学離れ」が一番進んでいるのは大学研究 者自身ではないだろうか?と言うことを,指摘してくださ いました. 当事者意識が乏しいところは,いずれ淘汰されていくので は?と... [続きを読む]

« 【追記あり】みっちゃん | トップページ | 無事飛びますように »