crossline

« ひと手間の価値 | トップページ | ぬかみそ~ん(フランス語風に) »

スーパーマーケットで考えた

 スーパーに行くと何気に関係のない餃子までもが安売りしてました。冷凍食品全般にも手を出しにくくなっている自分もいたりして。まあ、冷凍食品は「いざ」って時の貯蔵食品なので、なきゃないで困るわけではないです。

 メタミドボス。。。わけわからない事件ですねぇ。「誰かが人為的に」というのは確かっぽいですね。こうも簡単に国民を不安に陥れるようなことを「誰か」ができてしまうってのが怖いです。考えると自給率40%の日本は、輸入食品に毒をもられたら終わりってことですよね。兵糧攻めに弱いってことは内緒にしておきましょう。(何をいまさら!)

 ところで、先日の「サイエンスカフェしろくま」の前準備から「牛乳と酪農」のお話を聞いてたわけですが、これを聞いてから読んだ「乳価の値上げ」の新聞記事がよーーーくわかったんですよね。そして、消費者の視点で読むと「値上げ=家計的に×」というありがちな印象をもちそうな記事も、農業経済のお話を聞いた後だったため、「値上げしたほうが誰にとっても結果的にいいんじゃないか」とまで思えたのですから不思議です。

 酪農や、農家に最終的なつけやしわ寄せが行っているままでは、人材がいなくなり、安心できる食品の国内での自給が減っていくのだと思います。そうなったらやっぱり困るのは消費者ですから、ガソリンの値上げと同様に愚痴っていてはいけないように思います。

 乳についての法律や流通のしくみ、管理などのお話を聞いて、乳は「守られている食品」との印象を受けました。まあ、それまでは自分自身「守っている」という印象はなかったのですが、お話を聞いてからは「みんなで守っていく食品」として牛乳を愛おしめるようになりました。

 消費者という立場からだけで価格に一喜一憂して「なにがなんでも安けりゃいい」ではめぐりめぐって自分の首を絞めていることになっているかもしれません。
 というわけで、食品の生産者、流通をも俯瞰して日本の食糧事情を考えつつスーパーでお買い物しているSalsaでしたー。 

« ひと手間の価値 | トップページ | ぬかみそ~ん(フランス語風に) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/17958008

この記事へのトラックバック一覧です: スーパーマーケットで考えた:

« ひと手間の価値 | トップページ | ぬかみそ~ん(フランス語風に) »