crossline

« 確定申告のご準備はお済ですか? | トップページ | 「持続可能」ぬかみそ編 »

「持続可能」寝言編

 夕べ10時半ごろにどうも寝てしまったらしく、夜中の3時に目が覚めてメールチェックなど始めたら寝れなくなり、ブログを書いています。なのでいささかぼわっとした頭で(BGMはボサノバだし)のらりくらりと書くことなので、焦点の合わない話になるかもしれませんがお許しを。

 今、北大精鋭部隊&CoSTEPの何人かの方々がAAASに行っていて、「持続可能」をテーマにブースを出しているそうです。
 この「持続可能」という言葉は、私が二年半ほど前から大学をうろつくようになって急に耳にするようになった言葉でした。聞く度になんとなく落ち着きのない言葉で、私にとって茫洋としていてつかみどころがないものです。せっかくの機会なので、「なんでしっくり来てないのか?」考えてみて、できればこの際しっくりするきっかけにしてみたいなと思い、30分ほど前から考え始めてみました。

 私にとって、えらく根源的な疑問として、「持続しない人間は持続を前提に考える能力があるのか?」があります。(何いってんだ?と思われるかな・・笑) イキモノとしての人間は自分の生きている間だけの記憶や思考の持続はするようにできているけど、一個体でとどまるようになっている。そんなひとりひとりの「私」は、自分が生きている間のことはまずまずほっといても最低限考えるだろう。次にその意識の期間や範囲が広がるきっかけとして、「次世代を意識する」というのがある。「子供たちのために」と思うと少し「未来」の意識が伸びる。

 ところが自分が生きている間のこどもの成長ぐらいまでは想像できるのだか、50年後ともなるとだいぶあやしくなってくる。孫の時代ともなると、自分たちでどうにかしてもらおうという気持ちももたげてくる。言語では人類や地球の未来を願うことができる人間だけど、イキモノの本能としては無理をかけているようにも思うのです。声高にCO2削減と言っても、日々の生活での切迫感がいまいちなのはそんなところにあるのかなと思ったり。。。

 頭で理解できても体が動かない。そんなイキモノである人間(そうじゃない人もいるけど)が自分が生きている間に真剣にさせる出来事があったらどうなんだろうとふと思ったのです。「未来の崩壊から地球(人類)を守る」を「今の崩壊から守る」にスローガンを転換したら、事は進むのではないかと単純に思いついたのであります。そうやって毎世代が真剣になれたら、結果として「持続可能」になってないかなと。「100年を三世代ぐらいで考える」のではなくて、「自分の世代35年を守りきる×三世代」に重きを置いた方が現実的じゃないかしらと。

 では、今起きる崩壊とは何か?誰にとっても切迫した崩壊の危機を感じるにはどんな事態があればいいかなと。(このあたりからSFちっくです・・)
 この一時間ほどの間に思いついたのは、

 「地球外生物の存在が明らかになり、それが驚異となる」

でした。これけっこう名案(案なのか?)だと思っているんですけどどうでしょうかねぇ。えっ?まだ寝ぼけているんじゃないか?って。そうかもしれません。。。

 ある先輩の話があって、「ひとつの組織の中でいがみ合っている者同士が、外に共通の敵が出現した途端、共同して戦うんだよね」と言っていたのを思い出したのです。これ本能に基づいているんじゃないかと思いつつ、ひとつの組織の同志になれるきっかけは共通の敵を作ることで、その組織は地球という単位だったらどうかしらと考えたわけです。
 今のように外に敵がおらず、国や地域単位で戦っているうちは、何から守っているのかピンとこない、どこか底が抜けたような「地球の持続可能」という呼びかけなんじゃないかと。
 これが地球外生物との戦いとなれば、地球存亡の危機の視点は一気に宇宙に向けられ「今起きうる崩壊」となる。どの国の軍隊も全部「地球防衛軍」にならざるお得ない。(うーーん、どっかにあったなそんな話・・) だがそれだけじゃない。「CO2の排出や内紛や環境汚染などで自滅している場合ではないわよ!」とならないだろうか。国単位から地球単位の向上に意識が一気にスライドする。むしろ今を生きる一人一人が真剣に生き抜くための本能を目覚めさせた時こそ、共同体としての地球人の意識が生まれたりしないものかしらと。
 そのために「張りぼて」でいいので「何かいるぞ」と思わせる物をどこかの星に誰かそっと置いてきてくれないかしら。

 「持続可能」は「ひとりひとりの意識改革かー」と思ったら気が遠くなったので、こんなうわごとになってしまいました。電気もったいないからとっとと寝たほうが持続可能につながりますね。はい、失礼いたしました。m(。_。)m

 こんなエントリーじゃ、Opinion Podにトラバできないですわね(笑)
     

« 確定申告のご準備はお済ですか? | トップページ | 「持続可能」ぬかみそ編 »

コメント

このような意見を待っていました。ぜひトラパを。
Opinion Pod、一日目にして予想以上にたくさんの方が意見を書いてくれています。日本語訳はこれからですが、オリジナル(英語)版をぜひチェックしてみて下さい。
北大のブースはいい雰囲気で、明日、明後日も楽しみです。

ishimuraさん、遠いボストンでもお読みいただいているとは驚きです。お言葉に甘えてトラバしてみました。ですが、どこに反映されているのかTOPページからは見当たらなくて、、、(トラバのカテゴリーがなくて)・・・どこにトラバされたのか不安・・・

Opinion Podって面白そうなんですけど、会場でしか参加できないんですね。(気がつくのが遅い!)coldsweats01
これって3日間でどうなっていって、終わったらどうなるのかしら??洞爺湖にもつながっていくのかしら?

確かにトラバのカテゴリ無いですね。杉山さんに相談してみます。

>Opinion Podって面白そうなんですけど、会場でしか参加できないんですね。

そうなんですよ。ネット上からフリーに書き込みできるようにすると、少なくとも今回は内容の管理に手が回らないということと、かえって単なるネット上の掲示板とあまり区別がなくなって会場ならではの「場所性」が薄れてしまうのではないかということから、今回はこのような仕様にしました。
ただ、外からは単に見るだけというのではあまりにそっけないので、別ブログのエントリにトラバを打ってもらうという形をとりました。
今回寄せていただいた意見は当面ネット上で公開しつづけます。また、単に意見を聞きました、で終わるのではなく、北大側から何らかのレスポンスがあったほうがかっこいいと思うんですよね。我々の一存でコントロールできることではないのですが、そういう方向に持って行ければと思います。洞爺湖にもぜひつなげていきたいですね。
また、このOpinion Pod自体は汎用性のあるシステムなので、上記問題点なども考慮しながら、よりよい形に育てていきつつ、博物館や科学技術コミュニケーションのイベントなど、様々なシーンで活用していければと思っています。何かいいアイディアがあれば、ぜひお寄せ下さい。

トラバしているのですが、ダメみたいですね。(悲)weep

なぜでしょうね。とりあえずリンクをはりました。

日本から、ブログサーバーを調査してみます。

やってみてできないっていうのはなかなか残念なものですぅ。(私だけ跳ねられてたりして・・・ドキ!)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/40139184

この記事へのトラックバック一覧です: 「持続可能」寝言編:

» オピニオン・ポッド [北海道大学、AAASへ]
AAAS(アメリカ科学振興協会)の会場と世界の人々をつなぐツール、Opinion... [続きを読む]

« 確定申告のご準備はお済ですか? | トップページ | 「持続可能」ぬかみそ編 »