crossline

« 遭難中 | トップページ | Hokkaido Cafe »

青年は大志を抱きやってきました

 私は自分の息子たちにべたべたの人でして、彼らが巣立って行く日を想像しただけで涙が出てくる人です。そういう家庭に限ってとっとと出ていくのでしょうね。あーあ

 さて、初めて実家を巣立った22歳の若者が愛知県から本日北海道にやってきました。初めて飛行機に乗り、初めて北海道に来て、初めて一人暮らしをしようという、初めてだらけの彼は、なんと植松電機さんにインターンシップしに来たのです。送り出したお母様の気持ちを思うと胸がキュンとなり、お世話せずにはいられませんでした。

 彼と私が知り合ったきっかけは、サイエンスアゴラの企画のボランティアスタッフに名乗りを上げてくれたことです。当日も「まあ、若いのにほんとによく働く人」という印象があり、「ただ者ではないでしょう!」と彼に生い立ちを根掘り葉掘り聞いた覚えがあります。
 彼はそのひと月ほど前に聞いた愛知県西尾市での植松さんの講演会に感銘を受け、もう一度植松さんに会えるチャンスを探していたところ、東京(サイエンスアゴラ)で植松さんが話す、その上スタッフも募集しているというので来てくれたのだそうです。で、その時の打ち上げの時にはすでに、植松さんに「インターンシップで赤平に行っていいですか?」ってプロポーズしていたんですよね。その時、私が「もし札幌に寄るんだったら来てね」と言っておいたら、本当に実現しちゃったというわけです。

 夕方、札幌駅で、M姫とお出迎え。他にもいろんな方々を誘ったのですが急なことだったので都合が合わず、たまたまデートの予定の無かった(?)M姫様が来てくださり、三人でお食事いたしました。彼にとって神聖なる北海道での初めてのお食事をご一緒するのが私たちでいいのかちょっと不安でしたが、、、、まあ、お姉さまとオバサマでやさしーーくご接待(こわーー)しました。

 彼のこれまでのさまざまな社会貢献活動を聞いて、「植松電機さんもいいけど、赤平市長になったら」とか、ゆくゆくは「知事どう?」とか、真剣に薦めちゃいました(笑) 年齢的に立候補できないそうなので、「じゃー赤平市役所職員からでも」と言ったら、どうも同じことを薦めた人がいたそうです。(笑) 
 まあ、こんなはちゃめちゃ話は序の口で、抑え気味にも関わらずM姫のハイテンション話(だいたい彼にはなんの関係もない話)には途中から気を失いかけておりました。頭の上に「?」がいっぱいって感じで、帰りに彼に不安そうに「あれ、冗談で言っているんですよね」と確認されました(笑えた) もっと高尚な北海道の話をお教えしなくちゃですよね。反省、反省。でも、けっこうまじめな話もしてたつもりなんですけど、飛んでっちゃったんでしょうね。

 植松電機さんに着く前に彼の大志を汚さないように(危ない)気をつけてお世話して、赤平にお送りする所存です。

 

« 遭難中 | トップページ | Hokkaido Cafe »

コメント

よろしく面倒見てやってください。お願いします。

ふなはしさんの話もいっぱい聞きました。くしゃみしてた?(笑)

私、知らない間にまた何か言っていたのですねえ。あれは私じゃないんです!何かが降りてきていたのです!

えーー!!対話の崩壊、一方的な話題展開、あれは神憑りだったのですかー??恐れ入りました。(笑)
まあ、相手に関係なく「しゃべりたいことをしゃべる」っていうのはストレスがない生き方ですよね。納得。

くしゃみはしてませんが、何か背後に視線を感じてました(笑)
最近随所で酒のネタにされているようなので、この不思議な感覚がSalsaさんのせいかどうかは分からないのですけど(^^;
#当日偶然3箇所からそういう「くしゃみしなかった?」メールをいただいたので....。

ひど~い。・゜・(ノД`)・゜・。
まるで人に気を使ってないかのような書きっぷり。M姫傷つきましたあ。
いつも飲めないのに飲み会に出て、少しでも楽しめるように努力して、ドッと疲れているのに~。

M姫ごめん、ごめん。ウケたのは一部、一部ですよ。あの菩薩と宗教団体の話ですから。(笑) いつもお付き合いいただき、ありがとうございます。M姫さんがいるとほんと盛り上がりますよ。それにしても飲んでないのが不思議。

主に、ふなはしさんから聞いたという北海道の歴史話かな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/17771027

この記事へのトラックバック一覧です: 青年は大志を抱きやってきました:

« 遭難中 | トップページ | Hokkaido Cafe »