crossline

« うちの食堂 | トップページ | サイエンスショップ »

トイレで手を振る女

 お店のトイレでたまに「人が入ると自動で灯りが点く」ところがあります。電気代節約のためでしょうね。
 ところがちょっとでも中でジッと長居しているとトイレ全体の灯りが消えます。パチッと。
 そこで、天井のセンサーに向けて手を振るとまた点灯するのですが、またちょっとすると消えます。その度にトイレの中で一人手を振っているわけです。なんかへん、なんかへんですよね。
 ひとりでトイレで笑っちゃいます。

 さて、こんなトイレはマシなのです。
 とある大学のとある研究施設の奥にあるさみしいトイレ。そこも入ると自動で点灯します。で、またちょっとトイレの中で座っていると灯りが消えるわけです。
 「しゃーーないなー」と天井に向けて手を振るのですが点灯しないのです。なんと、センサーの死角に自分がいるのです。
 「えーーーー!!」

 座ったままドアを開けて、その途端に人が入ってきたら恥ずかしいです。しかたがないので真っ暗の中、立ち上がり、ドアの上に手を出し振ってみると、なんとか点きました。が、まもなくまたも真っ暗に。めんどくさいなーと暗闇を我慢していると、誰もトイレに入って来ないのに点灯したときのビビリ、あなたは想像できますか?

 なので、自動点灯のトイレ、嫌いなのです。
 (そのトイレには二度と行ってません)

« うちの食堂 | トップページ | サイエンスショップ »

コメント

ああ、手を振ればよかったのか。僕は何回もペコペコと頭をさげて(体ごと振って)明かりをつけていました。

「トイレで体を振る男」

…。


うひゃー。

深夜の会社、僕以外誰もいないはずのフロアのトイレから、センサー式の水洗の流れる音が聞こえてくる恐怖といったらもう……。

きゃーーきゃーーーー
会社のトイレ、行けないじゃないですかあーー

あっ、でも同様のことをこの夏、富山のいかにも出そうな青少年自然の家で体験しました。大自然の中で周りは真っ暗。一日目はM姫と私しか泊まっていなくて、フロア(100人収容フロア)の中央にあるトイレが夜な夜な流れるのです。
もう、M姫とビビるビビる。

センサーは何に反応しているのでしょうねぇ。。こわーーー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/16923769

この記事へのトラックバック一覧です: トイレで手を振る女:

« うちの食堂 | トップページ | サイエンスショップ »