crossline

« ビリー部発足! | トップページ | 車検の月はきつい! »

ブログの足跡公開は私を寂しくさせる

 SNSで「足跡を残して起きながらコメントを残さないのは失礼だ」と思う方がそれなりにいらっしゃるというニュース(?)を読んで、理解できなかったSalsaです。
 まあ、イヤならしょうがないので、SNSはほとんど行かなくなりました。もともと「足跡が残る、気にされている」が苦手だったことと、特にSNSならではのコミュニケーションが必要ないからということもありますが。

 このブログも踏んだ方の足跡がデータとして残りますが、特に気にしたことがありません。ココログの解析は多種類の解析が見れますので、気にしたければかなりのことが筆者には分かるようになっています。ですが、私がせいぜいこのブログについて気にしているのは一日の総アクセス数ぐらいです。それもエントリーをあげる時に見るくらいです。

 ところが、最近ブログの足跡傾向が筆者だけにわかるものから、読み手にもレスポンスされるブログオプションが出てきています。

 実は私、あれ、苦手です。

 まず、自分のところに装着する気は起きません。

 「ここにはこんな人が来ているんだよ」と写し出され、筆者以外にわかるようにされるようになってから、それらのブログを読む時の私の気持ちが変わりました。
 どうかわったかと言うと、それまでは、そのエントリーを読んでいるときは、その筆者と自分の二人だけのコミュニケーションに浸っていたのだと思います。もちろん仮想ですけどね。読書しているときの浸り方に似ていました。

 ところが、その読んでいるページの横に「こんなにたくさんの人が見ている」とか、「どんな人がここに来ている」とかいうことを意識せざるおえないオプションが目に入るようになってからは、めちゃくちゃ混んでいる美術館で絵を見ている気分なのです。

 来ている人の傾向を告げられても(だいたい私は「そとのひと」なので透明人間みたいだし)、勝手に筆者と近いと思っていた気持ちが遠くなる寂しさを感じています。

 SNS同様、私がついていけてないだけなんですけどね。 

« ビリー部発足! | トップページ | 車検の月はきつい! »

コメント

うーん、そうだったんですね。

私もどんな人が見に来てるんだろうと
知りたくなって貼ってるんですが....(自分の勤務先だったら^^;とか思ってしまって)

でも、気にせず遊びに来てくださいね!

 sango_souさん、コメントありがとうございます。
 これまで、筆者が知りたいことをどう解析されようとそれは読者には意識されない形で行われていたのに対して、ブログオプションは読者にも見える形になっているところが違って来ています。
 私にとっては、何人来るブログとか、どこの人が来るブログとか、どんな傾向の人が来るブログとかは、意識しなかった分、番組の途中で入るコマーシャルのようでもあり、周りに人の気配を感じさせるようななんというか、、、、それにおしゃれじゃないし。。。

 いや、自由なんですよ!ほんと筆者の自由なんです!いち読者のたわいもない印象ですので、お気になさらずに。いつも読んでますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/15431444

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの足跡公開は私を寂しくさせる:

« ビリー部発足! | トップページ | 車検の月はきつい! »