crossline

« 渋谷爆発のつづき | トップページ | キャンプ中 »

研究の研究

 連日、研究者インタビューで頭が飽和しているSalsaです。

 どの研究もとてもおもしろいのですが、理想に近づくのは容易ではないようです。お話を聞きながら先生たちの置かれている状況の共通点として「成果を出さないと思うようには続けられない」というのがあります。

 限られた時間、人、お金、環境で、、、、、、教育もしなくちゃ、申請書も書かなきゃ、やること多そうです。それが先生にしかできないことならばある程度はいたし方ないとしても、もし、効率的に研究者が研究に没頭できる状況を組織的に増やせるのであれば、それは大学の特色となると思うのですが、どうなのでしょう。

 で、思ったのですが、研究効率や研究手法の研究ってあるのでしょうか?

« 渋谷爆発のつづき | トップページ | キャンプ中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/15505331

この記事へのトラックバック一覧です: 研究の研究:

« 渋谷爆発のつづき | トップページ | キャンプ中 »