crossline

« 消費者舐められてますねぇ | トップページ | イノベーション25 »

財政大臣になって予算を作ろう!

 何気に興味深いサイトを見つけました。
 「日本の財政を考える
 この中に「財務大臣になって予算を作ろう!」というシュミレーションゲーム(ゲームと言っていいのか)があります。私は「Salsa大臣」になってやってみて、見事に財政難から日本を救えましたが、実際に私の案でやろうとしたらやる前に袋叩きでしょうね(笑)。
 みなさまも大臣になってやってみてはいかがでしょう。クイズも、あとめずらしくおもしろい(?)ドラマ「大臣になった男」もありますよ。
 

 日本のお財布は借金まみれです。
 3月末の国の債務残高834兆3786億円、過去最高

 一年間の税収が約50兆円、それより多い80兆円を使うので30兆円の借金(公債)をして、たまりにたまってそれが540兆円になっちゃったということです。

 これ、ケタの大きさが実感を麻痺させているので、一般家庭的ケタにおき直してみると、

 年収500万円の人が、それより多い800万円を使うので300万円の借金をします。借金の利息も払いますが、支出が増えるので借金は一向に減りません。雪だるまとなって5400万円も借金が膨らんじゃった。大雑把にはこんな感じでしょうか。

 このような歳入歳出の差が大きく開くようになったのはバブル崩壊後からです。今や歳出の60%しか歳入がありません。一般家庭ならば、「ない物はない!」と言ってお財布の紐を引き締めて、支出を抑えようとします。
 ですが、国はそういうところではありません。循環させることがオシゴトです。最大の投資のプロであってほしいところです。中期的に税収が増えるような循環なり投資(税金投入)を計画していただきたいわけです。私だって儲かれば払いますよ(あひぃ?)
 税収はほとんど平成二年(1990年)をピークに下がっています。(グラフ)というか、その前の税収自体がバブルですからねぇ。宝くじで当たったお金で歳出計画考えちゃだめですよね。

 いつまでもバブルのせいにしている場合ではないですね、もう16年経ったんですから。無駄な投資や、ないものねだりや、予算の争奪戦している場合ではなくて、細部に渡って上手な循環の仕方を考えていかないとと思うわけです。

 さて、選挙ですね。マニフェストを読むためのお役立ちサイトに加えてみてはいかがでしょうか。

« 消費者舐められてますねぇ | トップページ | イノベーション25 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/15559641

この記事へのトラックバック一覧です: 財政大臣になって予算を作ろう!:

« 消費者舐められてますねぇ | トップページ | イノベーション25 »