crossline

« 元気を貯めておけたらねぇ | トップページ | サイエンスカフェの候補地 »

次男君の逆噴射

 まったくもってサイエンスとは縁遠いお話。それにきれいな話じゃないです。

 携帯電話の機種をとうとう変えることにしたので、札幌駅まで行きました。
 変更手続きで1時間ぐらいかかるということなので、次男君と隣人と三人で札幌駅のデパートの上に夕食を食べに。長男君とおじいちゃんは旅行で留守だし。

 ぱくぱくと食べていた次男君ですが、食べ終わったと思ったそのとき、ゴボっとのどが波打ち、いやーーな予感が私の頭をよぎったその瞬間!!!食べたものすべてが逆噴射され、空になったお皿やお盆にすべてもどっておりました。すごかった!ビデオの高速逆まわしを見たかのよう。前世はウシか?

 次男君のこの行為は3,4ヶ月に一度はあり、原因はかぜとかではなく、キライなモノを食べた時の気分と、単なる消化キャパを超えた場合に起きます。最近無かったんだけどなー。
 親は慣れたもので、「またか」と落ち着いてますが、まわりのお客さんはビックリですよね。本人はケロッとしている。これを小学校に行ってまでやったら即嫌われ者でしょうね。

 幸い誰にもかからなかったのですが、すぐに胃液の匂いがし始め、隣のお客さんに謝りつつ、自らさっさと厨房に下げにいきました。すぐに退散したいとも思ったのですが、そのまま、デザートまで食べてきちゃいました。だって注文済みだったんですもん。(悲)

 せっかくの外食、次男君にとっては身になることもなく、もったいなかったですよー。
 その後、デパ地下に用事があって行くと、気がつくと珍味の試食をもらいまくっている次男君でした。おまえなーー!!

« 元気を貯めておけたらねぇ | トップページ | サイエンスカフェの候補地 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/14419337

この記事へのトラックバック一覧です: 次男君の逆噴射:

« 元気を貯めておけたらねぇ | トップページ | サイエンスカフェの候補地 »