crossline

« 眠くて朦朧(←こんな漢字なんだ) | トップページ | “全入時代”で考えたこと »

大仏修復

 すごいシゴトでしょ。
 実は、息子の冬休みの自由研究のお手伝い。(あっ、ばらしちゃった)

 お正月、長男君は父親と一緒に大阪の父親の実家に行っていたのですが、その間に奈良の東大寺に行ったそうです。

 彼としては、初めて見た巨大大仏がいたく気に入ったらしく、「自由研究で大仏をつくろう」とその場で決めたらしいです。で、大仏関連のガイドブックなどを買って来て、熱心に読んでおりました。

 鋳造で作ることは早々にあきらめ(笑)、粘土でつくり、乾かし、色を塗るという方法にしていました。ほとんど一人でやっていましたが、乾くと台座の蓮の花びらが落ちてきたので、「お母さん、助けてー」となりました。

 というわけで、平成の大仏修復に借り出されたわけです。(台座だけですけど)

 色は当初の大仏を再現してみようということで、金色にしました。灰色の粘土のままだったときは、単なる「像」でしかなかったのに、なぜか金色になったとたん「ご利益がありそう」と家族の誰もが思い、つい手を合わせたくなりました。(笑) 不思議な色なんですね、金色って。

 私も大仏の歴史を息子の買ってきた本で読み、公共土木工事の良し悪しは昔も今もほとんど変わってないなーと面白かったです。

Dscf0348











前にあるのは爪楊枝で作った賽銭箱と縮尺を合わせた人の背丈です。

昨日、学校に持っていってしまったのですが、早く戻ってきて金運を招いてくれないかしらと。。。(笑)

« 眠くて朦朧(←こんな漢字なんだ) | トップページ | “全入時代”で考えたこと »

コメント

その大仏さまには『恋愛運』の御利益はあるのですか?

>その大仏さまには『恋愛運』の御利益はあるのですか?

え?!ホントに?!
私も大仏つくろうなかあ。
ピンクで羽根付がいいなあ。

精進あるのみ


*SHIMIZUさま、M姫さま、恋愛は待つものではありません。(Salsa)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/13629300

この記事へのトラックバック一覧です: 大仏修復:

« 眠くて朦朧(←こんな漢字なんだ) | トップページ | “全入時代”で考えたこと »