crossline

« ふたりぼっち | トップページ | 人材不足を感じるなぁ »

おすすめの日曜日の過ごし方

みなさま、今度の日曜日の予定はお決まりですか?

7月30日(日)のおすすめの過ごし方をご紹介いたします。

午前10時~12時は、北大理学部のオープンユニバーシティがございます。
今年初めて、科学技術コミュニケーターが企画に関わりました。
会場は理学部大講堂です。ポプラ並木に近い5号館2階です。

お寝坊様には、午後13時半~15時半に同じ内容で行いますので、こちらにどうぞ。

さて、お天気がよければお散歩などされ、他のオープンユニバーシティに参加されてみるのもいいですね。

北大のすべての学部がオープンでございます。

午後15時半になりましたら、ぜひ北大のメイン通りの最北にあります高等教育機能開発総合センター大講堂にお越しください。
「進化するコアカリキュラムフォーラム」という名前からだけでは「なんのこっちゃ?」(あっ、失礼いたしました)、イメージが湧き難いですが、中身は濃厚というイベントがございます。

ここでは、北大の1年生が受けることの出来る「北大ならではの授業」をご紹介いたします。
北大所有の船でイカ釣り体験ができたり、牧場で牛の世話をしたり、フィールド探検したり、そうかと思うと札幌交響楽団の演奏を聴いて音楽のことを深く知る授業があったりと、学部によらず受けることができるそうです。そして、最先端の科学にも触れる機会があるのです。

これらの内容を2時間に濃縮してご紹介するという企画だそうで、5号館のつぶやきさまも「20分でわかる生物学」(あっ題名違いました「ゼロからわかる生物学」です)をお話くださるそうです。20分ですよ、20分!!

このフォーラムの最後には、贅沢にも札幌交響楽団の主席チェロ奏者の方がお越しくださり、だれもが聞けば「あーこれね」という「無伴奏チェロ組曲」を奏でてくださいます。

デートの締めとしてもよろしいのではないかと。

ちなみにこのフォーラムのチラシは科学技術コミュニケーターの作です。

さて、さて、上記のイベントに関わるにあたり、「どこが科学技術コミュニケーターでなくてはならなかったの?科学技術無しの“コミュニケーター”でいいんじゃないの?」と思われる方もいるかと思いますが、「科学技術」が着くのと着かないとの差はなんなのか、ぜひ当日お確かめください。

では、みなさま今度の日曜日は北大でお会いいたしましょう。

« ふたりぼっち | トップページ | 人材不足を感じるなぁ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/11134698

この記事へのトラックバック一覧です: おすすめの日曜日の過ごし方 :

« ふたりぼっち | トップページ | 人材不足を感じるなぁ »