crossline

« 便利なもの | トップページ | いちょう並木 »

サイエンスカフェ12月の準備開始

10月はホント忙しかった!CoSTEPはもちろんのこと、他にもイベント2本抱え(やっと昨日終わった)、頭もパソコンの周りも(いや、家中だわ)ごっじゃごじゃでした。家族はよく耐えてるよなと感心します。おい!

10月中旬に届いていた新しいデスクトップとモニターもまだダンボールの中。明日から机もパソコンも本棚もCoSTEP万全体制に衣替えしようっと。
あと、10月まったく行けなかったWEB&DTPのスクールも再開しなくちゃです。
それより、友人との親睦会も再開せねば。あれれ、、この分では、家族へのしわ寄せが解消されそうにないですねぇ。困ったなぁ、、

今日も、月曜日定例となったチーム・サイエンスカフェのミーティングがありました。
今日は12月9日に予定されている「サンタのふるさと(フィンランド)の科学教育」の初打ち合わせでした。

せっかくと思い、フィンランドについてとフィンランド語を一夜漬けして行きました。
で、打ち合わせにフィンランドの方が二人いらしたので、「Hei! Olen ***** kiitos」と自己紹介してみましたが、、、無反応でしたぁ~!!タラ~、、、

でもめげずに、ミーティングの最後に「Kiitos!(ありがとう)」って言ったら、顔も見ずにでしたが「Eipa kesta(どういたしまして)」と返してくれました。お別れは「Hei Hei(バイバイ)」と。また無反応。 とってもシャイなお二人でした。 私が暑苦しいだけかもしれませが とは言え、せっかくですから仲良くなりたいので、話しかけつづけようと思ってます。

フィンランドと言えば、、サンタさん、ムーミン、LINUXの生みの親リーナス、モバイルのNOKIA社、キシリトールが思いつきますが、教育レベルの高さは知りませんでした。

今日はムーミン柄のネクタイを締めた池田文人先生(北大高等教育機能開発総合センター)が、フィンランドの教育、特に小学校の先生、教科書、教室の様子、授業の受け方などについてお話してくださいました。

まず教科書。理科の教科書の最初のページには、道路標識と自転車のギアのことが載っています。なぜだかわかりますか?
理科は校外へ自転車に乗って調べに行くことが多いので、まずは道路標識と自転車のことからなんだそうです。「極めて合理的」な教育はこんなところからも見て取れます。

算数にしても3桁の足し算のページには、フィンランドの道路地図が載っていて、ヘルシンキからタンペルまで行って、トゥルクまで行くと何キロでしょうという実践的な問題を解くことで自ずと3桁の足し算をやるのだそうです。そして、この授業の前には前もって社会でフィンランドの町のことを勉強しておくというクロスカリキュラムができているとか。すごいですねぇ。

こんな風に算数や理科をすぐに役立つものとして教わるなんて、目的がわかっていて学習するのが楽しそうですよね。うちの子の教科書とは大違いです。

あと、自然を通して学ぶというのが極当たり前で、週末は家族と山小屋か舟を楽しみ、そこで自然の観察をするのが一般的だそうです。ですので、小学1年生の教科書には木の種類や葉っぱの形などがびっしり紹介されていて、子供たちは学校に入る前にはそのほとんどを知っているのだとか。

あと、先生は学習が遅れている子を差別化することは絶対にしないのだそうです。そして、テストもない、成績もないとのこと。

そんなフィンランドは、PISA (世界各国の 15 歳の子供を対象に OECD(経済協力開発機構)が実施する試験。生活上の知識や技能を,どの程度身につけているかを調査・比較する。出題分野は読解力・数学的思考力・科学的思考力。)の総合でトップなんだそうです。ちなみに日本は読解力では14位、数学では6位。
また、学力上位層と下位層との差が少ないのも特徴。日本は差が拡大しているそうです。

フィンランドの教育から学べることがたくさんありそうです。
さて、どんなサイエンスカフェにするのか、ここが受講生に課せられたお題です。企画案を次回ミーティングで出し合ってみます。

« 便利なもの | トップページ | いちょう並木 »

コメント

始めまして、某ML管理人です。
今回が始めての書き込みになります。
一受講生さんのブログは、時々見ていて、いつも分かりやすく読みやすい文章には感心しています。私もブログは持っていますが、どうでもいいことばかり書いているので、今度は一受講生さんを見習い、コミュニケータを題材に、別にブログを立ち上げようかなと思ってしまいます。
あと、フィンランドは40年ぐらい前に、日本の高度成長を見て、自国のカリキュラムに日本の制度を取り入れたという話も聞いています。ただ、フィンランドの賢いところは、その後、中央集権的な教育行政を改め、現場の先生方にも意見を聞き、常に改善をしてきたというところが、ポイントかもしれません。日本はというと、その逆の道を進んでいるような気がなりません。。。。

まあ、時々遊びにきますので、よろしくお願いします。

(あと、上のアドレスには送らないでくださいね)

それではまた。

某ML管理人さん、
昨日の飲み会行けなくて残念でした。
別の飲み会行ってたんですけどね。
ブログを見っけました。
今度ゆっくり読みに行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144315/6798136

この記事へのトラックバック一覧です: サイエンスカフェ12月の準備開始:

« 便利なもの | トップページ | いちょう並木 »